スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【意見募集】オリコンランキング除外について

2011年3月2日発売のJYJのDVD『Memories2010』とアルバム『THANKSGIVING LIVE IN DOME LIVE CD』についてみなさんの意見を募集します。

上記商品は『ランキング公開を行わないという条件の元で発売された商品』であることが
発売後3月7日にオリコンの告知でわかりました。オリコン告知文はこちら


この件についてのJYJ側のコメントが韓国記事になっています。こちら


過去、オリコンに反映されなかった商品には、
【本作品は、オリコンをはじめとした各ランキングには反映されませんのでご了承下さい。】と表記されていましたが、
JYJの商品には販売前にオリコンに反映されないと決まっていたにも関わらずその表記はありませんでした。参考資料こちら


当カフェ掲示板でもこれについてのみなさんにご意見をいただきましたが、改めて意見を募集したいと思います。

【この商品が『ランキングに反映されない』と表記があったら購入していたかどうか】を含めて、コメント欄にて意見を募集します。
多くのJYJファンのご協力をお願いします。


コメントは承認制になっています。非公開を希望の方はその旨ご記入ください。


5月13日追記
販売店の★評価について
ネット販売店の予約開始から販売までの期間の★評価に、
『活動は休止させておいて販売だけはするのか』といったコメントが多数寄せられていたようですが、
販売開始前にすべて低評価のみ削除されたという声を聞きました。
みなさんの中でそういったコメントをしたのに削除されたという方、またその批判コメントをコピーして保存しているという方がいましたらお知らせください。




【続きを読む】にJYJ側のコメント記事を。

スポンサーサイト

続きを読む

JYJ商品、オリコン除外

JYJ側の"日本オリコンチャート除外、不当な仕打ち"
2011-03-09 10:42

グループJYJのアルバムが日本オリコンチャートの集計から除外され、ファンの不満が高まっているなかで所属会社側が"不当な仕打ち"との立場を明らかにした。

JYJ側関係者は9日午前スターニュースに"エイベックス側がJYJの日本での活動を防ぎながら音楽販売の権利は主張して利益を得るのはばかげている"と伝えた。引き続き"国内と同様に、日本でもJYJを待つファンの傷になることが繰り返されて残念だ"と言いながら"JYJに関連するアルバムが発売されたことについて、アーティスト側と全く協議もなかった。一日も早く是正されることを希望する"と悔しがった。

最近、日本の権威あるアルバム販売集計サイトのオリコンチャート側は"JYJのDVD"Memories in 2010"とアルバム"THANKSGIVING LIVE IN DOME LIVE CD"をチャートランキング対象から除外することにした"という内容の知らせをあげた。オリコン側によると、JYJの両方のアルバムは、権利者であり、発売元のエイベックスからアーティスト活動に対する契約が解約されたので、このような決定を下ろすことになった。JYJの日本活動中断に応じて、アルバムのすべての宣伝、販促活動をしないという前提の下での発売を検討してきたが、市場の活性化のために発売された。しかし、この商品をランキング集計対象からは除外することにしたというのが、オリコン側の説明だ。

一方、エイベックスは、昨年9月、ジェジュン、ユチョン、ジュンスの3人が結成したJYJの日本での活動を中断すると電撃的に宣言した。当時、エイベックス側は"韓国で東方神起の3人がSMエンターテイメントと専属契約問題で葛藤をもたらしている中で、彼らと当社との専属契約自体が無効とされる。この3人の日本での活動支援を電撃的に中断する"と明らかにした。

http://news.nate.com/view/20110309n08176
翻訳機使用


JYJ"オリコン除外、収益創出に活用だけ当該、残念だ"公式立場
2011-03-09 12:41

JYJ(キムジェジュン、キムジュンス、パクユチョン)のDVDとアルバムが最近、日本のオリコンチャートから除外された。オリコン側は7日、セキュリティ情報で"2日に発売されたJYJのDVD"メモリースの2010年"とアルバム"テンスギビンライブインドームライブCD"はランキングの対象から除外することにした"と公示した。

理由はJYJのアルバムとDVDの所有者および発売元のエイベックスがJYJとの契約を解約したからだ。これに対し、JYJ側関係者は3月9日のニュースエンと通話で遺憾の意を表した。この関係者は"エイベックスがJYJに解約を通知してからも、これらを活用して収益を上げている。このようなビジネス構造は、修正されて当然だ"と公式立場を明らかにした。続いて、"今回の事件で傷ついてがっかりしたファンにも申しわけない"と述べ、"円満に解決できるよう努力する"と語った。

一方、エイベックスは、昨年10月ごろにJYJを事実上、撤退させ、ユノ、チャンミンに対しては全面的支援を約束した。

http://news.nate.com/view/20110309n12293
翻訳機使用

'東方神起3人 `、日本撤退関連の公式の立場"暴力団ではない...私達が被害者 "




2010/09/17 11:37



東方神起3人ユチョン、ジュンス、ジェジュンは日本国内のマネジメント業務を担当しているエイベックスの日本での活動停止報道文に次のような立場を公式発表した。


<公式立場全文>

シージェス代表は暴力団と関係がありません。

過去の前科は事実だが、暴力団との関係で判決を受けたのではありません。エイベックスは東方神起3人との契約に先立ちこれに対する事実を認知しており、この内容は専属契約の不履行ではないので、契約の解約や活動停止の理由になることはできません。

数ヶ月前、エイベックスは、このような理由を挙げてシージェスを除外する契約を要求し、東方神起3人は日本国内での円滑な活動のためにこれを受け入れて再契約議論に誠実に参加しました。

しかしエイベックスは既存契約内容とは異なり、3人に一方的に不利な条件を出してきて、これを拒否するとシージェス代表の暴力団連携理由を挙げて契約解除の立場を明らかにし、その後最終活動中止通知をすることに至りました。

このような内容が議論されている中にも東方神起の3人はファンとの約束を守るためにエイベックスが主催したすべてのスケジュールを誠実に遂行し、円満な合意を達成するために努力してきました。


2)東方神起の3人は被害者です。エイベックスは契約変更を強要している途中、東方神起3人がこれに応じなかったため、東方神起3人の意とは無関係に一方的に活動中断を宣言しました。

エイベックスは東方神起3人との契約以後、最近までエイベックスが主催した各種コンサート出演、シア·ジュンスのソロアルバム発売、エイベックス所属歌手のミュージックビデオ出演をはじめ、最近の3人のアルバム"The ..." 発表に至るまで自社収益創出のためのいくつかの活動に東方神起3人を参加させました。

しかし、数ヶ月前からエイベックスはシージェス代表の過去経歴を口実に、東方神起3人に既存とは異なる不利な条件を出してきて、これを断ると契約解除を論じては、彼らの足首をつかむために一方的に活動停止を通告しました。

これは、エイベックスが東方神起3人から取れる収益は取って、その後、日本の他のエージェントと契約を出来なくさせ、日本の活動の通路を阻んだ仕打ちだと言えます。東方神起3人は日本国内活動を中断する意思は全くなく、今回のエイベックスの発表はひたすらエイベックスだけの一方的な措置でした。


3)エイベックスは、ユチョン、ジュンス、ジェジュンの3人に対して契約を休止するという報道文を発表したが、SMエンターテイメント所属の東方神起5人については契約が有効であると明示して、論理に反する立場を固守しています。

これに対してユチョン、ジュンス、ジェジュンは"このようなニュースを伝えることになって、ファンに申し訳ない気持ちである。エイベックスとの円満な合意のために誠実に対話に臨んだにもかかわらず、このような活動中止通知を受けることになって非常に残念な心情である。今回のことをきっかけに、エイベックスが私達の3人をアーティストとして扱うというよりも、自社利益の道具として利用した考えを振り切ることができない"とし、"これにより、日本のファンとの出会いも約束できなくなって苦しい気持ちだけだ。これを解決するためには、ファンの皆さんの積極的な支持と関心が必要である。日本国内活動再開を通じて一日も早くファンに会えることを願っている"との立場を明らかにしています。


また、今回の契約の件と関連して法律的業務を担当する法務法人世宗のイム·サンヒョク弁護士は"自社の欲を満たすことができないといって代表的な韓流スター東方神起3人の足を強制的に縛るということは非道徳的な仕打ちだ"とし、"これを必ず解決して東方神起3人が日本国内の活動を円滑にできるよう努力を傾けるだろう"と言った。

ハンギョンドットコム、キムミョンシン記者sin@hankyung.com

http://www.hankyung.com/news/app/newsview.php?aid=2010091773297

翻訳機使用



AVEX千葉氏の確認書に関連して その1

AVEX千葉氏の確認書に関連し、3人のAVEX活動を時系列にまとめてみます。



2009年10月27日 SM外の活動を認められる。

2009年11月4日 「3人と直接契約を締結してほしい」AVEXに通知書(小野氏ブログより)

2009年11月24日 「自分たちと直接契約を締結しないと、東方神起日本活動には参加しない」AVEXに2度目通知書(小野氏ブログより)

2009年11月27日 ジュンス韓国ミュージカル「モーツアルト」決定
2010年1月26日、28日、30日、31日、2月1日、4日

2009年12月6日 ジュンスモーツアルト日程変更
2010年1月26日、28日、2月2日、4日、7日、7日
ファンミと日程(1月30日、31日横浜)が重なっていたため? 

☆後にファンミが中止になりましたが、ジュンスがモーツアルトの日程を変更してることからも、3人側はファンミ出演の気持ちがあったと思います。

~2009年12月末 AVEXでの東方神起活動 
SM側が提供する航空及び宿舎、マネジメントを拒否
(3人とSMの契約は停止状態なので当然です)

2010年初めまで 3人側がAVEXとの契約を要求

☆3人は、SM外での活動を認められています。AVEXではない別の日本事務所とも契約が可能だったのではないかと思います。AVEXは強迫という言葉を使っていますが、3人が他の事務所ではなくAVEXとどうしても契約したかった理由は、5人での東方神起活動をするにはAVEXと契約する必要があったからではないかと思います。



2010年1月 3hree Voice撮影
(日本国内のレコード会社とDVD製作契約、小野氏ブログ)

2010年2月24日 AVEX、SM株売却、7億8300万円

2010年2月26日 AVEXと契約締結

2010年3月 SMEジャパン、AVEX社屋から移転

2010年3月9日 ジェジュン、ドラマ「素直になれなくて」決定
      
2010年4月3日 東方神起活動休止
「今後もそれぞれ5人の活動に関して全力でサポートする」記事元

2010年4月7日 ユチョン 韓国ドラマ「成均館スキャンダル」

2010年4月13日 AVEX松浦氏のツイート参考記事
(東方神起の誰とよく喋りますか? 1人挙げるとしたら)あの三人。」 「(あとの二人は、どこで何してるの?)まったくわからない・・・ 」「(いつから話せなかったんですか?)あの時から・・・」「(来日したら話せますよね?韓国にいるから話せないんですよね??)無理です。」「(一番の悩みってなんですか?)一番の悩みは二人と話させてもらえないこと。」「一番悲しかったのは去年のレコード大賞の楽屋で偶然チャンミンに会って握手を求めたらしかとされたこと・・・・・」 「チャンミンに全く無視されたところをジェジュンが見ていて切れてました」「これは噂ですが、ユノとチャンミンはユニバーサルという噂です。 もし、そうなったら、再結成は・・・・・・そして少女時代はユニバ・・・・・

☆翌日のユニット結成発表の為のツイートでしょうが、この松浦氏のツイートからも(Cjes+SMでの)再結成を拒否しているのはSMであることがわかります。SMは、3人だけではなく、AVEXの松浦氏との会話も禁止しているのでしょうか。そして、3人と契約したことでユノとチャンミンをユニバーサルに移すと言われて(強迫?)いるようです。
その後、少女時代は2010年8月1日ユニバーサルから日本デビュー


2010年4月14日 JUNSU/JEJUNG/YUCHUN ユニット結成、ドーム公演同時発表
☆ドームキャンセル代を払わないための公演と、ドーム公演の為のユニット結成
グループ名を付けたくないと言った3人、だから JUNSU/JEJUNG/YUCHUN JJYは単なる略称


2010年5月26日 XIAH junsuのソロ「XIAH」

2010年5月27日 AVEX千葉氏、AVEX社SME部阿久津氏とミーティング(小野氏ブログ)

2010年5月28日 千葉氏、(ベク氏関連?)ツイッター発言(小野氏ブログ)

2010年5月29日 サンケイスポーツ「ぺク氏暴力団」報道
☆「SMを悪徳会社と規定して飛び出した3人が新しく関係を結んだ人物が、組織暴力団出身だと知られているBさんという事実は衝撃的だ。2010.05.27スポーツワールドキム·ヨンホ記者」
この報道をしたキムヨンホは、後に真逆の記事を書いています。小野氏がブログで書かれているように、千葉氏は27日または28日の時点でこの記事が出ることを知っていたと推測できます。JYJ活動の記事削除が可能なAVEXが、この記事を出させないようにはできなかったのでしょうか?この時点で、3人の活動休止を既に決めていたのでしょうか?

2010年6月5日6日 ドーム公演京セラ
(2009年初めに5人の東方神起の為に会場を抑えられていた、小野氏ブログ)

2010年6月12日13日 ドーム公演東京 
「ジェジュンが『歌で皆さんの前にずっと立ちたい』と言い号泣し、残りのメンバーたちも歌えずに頻繁に涙を拭いた。熱狂する日本のファンの中で一緒に涙を流す人物があった。まさに現在の東方神起3人とこれらの回復を助けて東奔西走しているマネージャーペク氏だ。マネージャーぺク氏が組職暴力団出身という噂が流れて東方神起3人のイメージにも大きな損傷を与えた。ところがぺク氏は成長期間中、組織暴力とは無関係で、通常の学校生活と軍生活をしており、除隊後エンターテイメント業界に入って真面目に働いてきたことが確認された。彼を知る多くの芸能人や周りの人々は彼を静かで誠実な若者に記憶しており、決して組織暴力団でないことを強調した。2010.06.21スポーツワールドキム·ヨンホ記者」
この時、3人が「みんなの前に立ちたい」と泣いたのは、ドーム公演ができた感激の涙ではなく、日本で活動できないかもしれないという涙だったのかもしれません。

2010年7月5日 ベク氏の経歴を理由に、エイネ出演キャンセル等活動休止のプレスリリース準備(詳細は小野氏サイゾー記事

2010年7月28日 「3HREE VOICES」DVD発売
(2010年1月に日本の他の事務所と製作契約していたDVDです)

2010年8月21日22日 エイネ大阪

2010年8月28日29日 エイネ東京

2010年8月29日 AVEX副社長千葉龍平氏確認書提出(専属契約有無効訴訟へ)(小野氏ブログ)
☆AVEXは、3人の活動休止発表の前に、そして、3人がエイネに出演しているその日に、まるで強迫されて契約をしたかのような確認書を書いています。 

2010年8月30日~31日 千葉氏韓国

2010年9月3日 JUNSU/JEJUNG/YUCHUN リリース記念SPECIAL SITE オープン(1050円)

2010年9月4日~7日 千葉氏、SMTロサンゼルス

2010年9月7日 8月31日付で契約合意解除のプレスリリース準備(詳細は小野氏サイゾー記事へ)

2010年9月8日 「The...」「THANKSGIVING LIVE IN DOME」販売

2010年9月16日 JUNSU/JEJUNG/YUCHUN活動休止発表
AVEXの主張→「韓国で係争中のJUNSU/JEJUNG/YUCHUN の専属契約確認訴訟の進展により、彼らと当社との専属契約自体が無効とされる可能性が高まってまいりました。」
S.M.Entertainment のマネジメントによる、東方神起5 人としての当社との専属契約に変更はございません。」

2010年9月17日 活動休止に対する3人の公式立場
「エイベックスは、シージェスを除外する契約を要求し、東方神起3人は日本国内での円滑な活動のためにこれを受け入れて再契約議論に誠実に参加しました。しかしエイベックスは既存契約内容とは異なり、3人に一方的に不利な条件を出してきて、これを拒否するとシージェス代表の暴力団連携理由を挙げて契約解除の立場を明らかにし、その後最終活動中止通知をすることに至りました。」


3人が、日本の他の事務所ではなくAVEXと契約したかった理由は、5人での東方神起活動をするためだったと思います。
しかし、契約2ヶ月後に東方神起活動休止が決定されました。CjesとSM、別事務所での5人東方神起活動を拒否したのは、3人ではなくSMではないでしょうか。

結果、3人がAVEXで活動した内容は、
ジェジュンのドラマ、ジュンスのソロシングル、ユチョンのBeeTVドラマ、
3人でのユニット活動は、穴埋めドーム公演と、その為に作られたアルバム「The…」、そして活動休止が決定されていたであろうエイネ…




日本活動休止以降→http://xoxojyj.blog.fc2.com/blog-entry-318.html

小野登志郎氏のブログはこちら→http://onotoshiroudesu.net/

AVEX千葉氏の確認書に関連して その2

3人の日本活動休止発表以降
契約から活動休止まではこちら


2010年11月24日 東方神起、ユノとチャンミン2人で活動開始発表
「BoA、東方神起、J-Min、のほか、SUPER JUNIOR、f(x)との専属契約を両社間で新たに締結」
「今後はS.M.ENTERTAINMENT JAPAN Inc.の主体的なマネジメントのもと、avex group はレコードレーベルとして、また、マネジメントのエージェントとして、全面的にアーティスト活動を支援」(記事元)
3人を活動休止にしたことで、ユノとチャンミンのユニバーサル移籍はまぬがれたのでしょうか?


2011年2月 JYJドーム公演中止
ジェジュンとユチョンは、日本で3hree Voiceの撮影中に5月に予定されていたドーム公演が中止になったことを知らされています。

2011年3月2日 DVD『Memories2010』アルバム『THANKSGIVING LIVE IN DOME LIVE CD』発売、オリコン除外

2011年3月23日 JYJ日本公演開催発表、yahoo記事、デイリースポーツ、公開直後に削除される。
以後、国技館公演開催まで、横浜アリーナ、さいたまスーパーアリーナ、相撲協会へJYJチャリティーイベント開催中止のための圧力

2011年4月19日 JYJ活動を妨害する中での、AVEX松浦氏ツイート(深夜)
はぁ~い。必ず、むこうが、悪いってわかるから。ちなみには三人は悪くないよ。悪いのはべー…。
(とにかく、JYJのチャリティイベントの妨害はやめてください!チャリティという善意を踏みにじらないでください!)妨害じゃないの。契約の問題なの。ということは、約束っていうことさ。
(そもそも引き延ばし引き延ばしにしてるSM裁判 そんな所と手を組んでる事自体理解不能。そして3人を応援してるからのような発言?信じられると思う?)ご自由に」「@mjjeje 目を覚ませ

この後、ジェジュンはアイコンを予行向き(横向き)に変え、JYJファンの多くが同じように予行向きにしました。2011年4月19日ジェジュンのツイ
「(アイコン写真が横になってる……) わざわざなんですけどー!(^-^)」「何か、、さぁー写真が予行向きになってると、、もっと集中しちゃうねー!



2011年4月19日 AVEX千葉氏ツイート
昨晩の、カラス集めた花見酒、あっちでかぁかァ、こっちもかぁかァ、おいらもかぁかァ、騒がしや。されど、カラスは真剣勝負、見てる観客飽きれ顏。懲りずに、カラスは今日も飲む、かぁかァかぁかァ、キムチツマミに、今日も愉快な変な仲間と、かぁかァかぁ。ともにはらそや浮世のストレス。

(真意を話せないのに、騒がせるだけに出て来ないで下さい。2人とも中途半端な言い訳ばかり… 裁判でも決着がついたのにまだ妨害してるSMと手を組んでる事自体おかしい。)あっ、カラス。おはよう(o^^o)



2011年6月7日 JYJチャリティーイベント開催 国技館

2011年6月20日 AVEXが相撲協会を含めた3社賠償訴訟提起
エイベックスに「見せしめのために訴えられた」と主張する相撲協会。小野氏ブログ

2011年8月2日 C-JeS、AVEXを相手に損害賠償訴訟提起

2011年9月2日 JYJ日本公演決定
発表数日前から開催日まで、AVEXは、ひたちなか海浜公園、JTB、などに圧力


2011年10月15日16日 JYJ日本公演開催、ひたちなか


これらのJYJ活動妨害の際に、AVEXは「C-JeSとの間でJJYの専属契約を締結」「日本においてJJYの興行権を含むすべてのマネジメント業務を独占的に行う権利を保有」「JJYとAVEXの専属契約は現在も有効」としています。

3人の日本活動休止の理由は、「韓国で係争中のJUNSU/JEJUNG/YUCHUN の専属契約確認訴訟の進展により、彼らと当社との専属契約自体が無効とされる可能性が高まってまいりました。」
S.M.Entertainment のマネジメントによる、東方神起5 人としての当社との専属契約に変更はございません。



AVEXは、3人を活動させることなく、契約という名で、ただ3人の妨害をするばかり。
妨害のための契約締結ではなかったのか?

3人は、5人の東方神起活動の可能性にかけてAVEXと契約したはずなのに、その契約がJYJ日本活動の邪魔をする。3人の気持ちを考えると切ないです。
ですが、あのままAVEXで活動していたら…
現在、3人は、韓国で多くの大使活動、企業広告モデル、そして、ジェジュンとユチョンは俳優として評価され、ジュンスはミュージカルスター、そしてJYJは世界各国で単独コンサートを開催しています。
日本活動がなくて寂しいけれど、彼らは大きくなって必ず日本へ帰ってきてくれると信じています。





2012年7月1日、JYJファンミーティング後のジェジュンのツイートです。
泣きたくなる.. 僕たちを..僕を..待っているという人々がこれほど多くいるのに僕自身ができることには限界が..時間が.. 皆に申し訳なくて..今続けている努力が.. 今感じている悲しみが皆に伝えられるのにどれほどの涙を必要とするのかもどかしい.. □

ただ  いくつかの言葉で表現できることではない…ただ 数年数時間で伝えることができることではない...時間は少しずつ流れていく..感情は変わって行くのに、数万回数千回感じるこの繰り返される気持ちを皆と一緒に共有したいのなら僕はとてもわがままだ..






      


《 Wake Me Tonight 》発売日まで
プロフィール

xoxojyj

Author:xoxojyj
このブログは
【FanCafe JYJ THEIR ROOMS】
が運営しています。

彼らの真実と、ルーマ検証
彼らの言葉が聞こえる記事を中心に
まとめていきます

記事持ち出しについて
当ブログの記事はJYJファンブログへの持ち出しはOKです。 記事元URLや翻訳者名が記載されている物は、そこまですべて転載でお願いします。 SM所属芸能人を応援しているブログ等への持ち出しはご遠慮ください。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
フリーエリア
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。