スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『Bigeast☆☆☆☆☆』退会のススメ (一部追記あり)

2011年8月1日,Bigeast☆☆☆☆☆は、その5つ星を外されて新たにメンバー募集を始めます。

この新しく始まるBigeastは、ホミンの為、東方神起二幕の為のBigeastです。

情報が錯綜していますが、そのまま維持されるという『Bigeast☆☆☆☆☆』も5人の東方神起を待つ場所ではありません。



日本活動が休止になった時から、今までのJYJメンバーの声を聞いてください。

日本活動休止宣告の時(2010.9.17)

『エイベックスが私たち3人をアーティストとして扱うというよりも、自社の利益の道具として利用したという考えを振り切ることができない』

『これにより、日本のファンとの出会いも約束することができなくなって息苦しい気持ちだけだ。これを解決するためには、ファンの皆さんの積極的な支持と関心が必要だ。日本国内での活動再開を通じて一日も早くファンに会えることを望む』


こちらから引用



オリコン除外の時のJYJメンバーの声(2011.3.9)

『エイベックス側がJYJの日本活動を防ぎながらレコード販売に対する権利は主張して利益を取るのは話にならない』

『国内(韓国』と同じように日本でもJYJを待つファンたちに傷になることらが繰り返され残念だ』

『JYJと関連したレコードが発売されたことに対してアーティスト側と全く協議もなかった。』


こちらから引用



チャリティーイベントが妨害された時のCjes代表の声(2011.4.28)

『JYJはこのような圧力に屈することなく、日本のファンの皆様にJYJの音楽をお聞かせできる所であれば、どこへでも参ります。』

『私もまた、日本のファンの皆様の信頼に応えるために、再びJYJの音楽が聴け、彼らの物語が聴けるように私の全てをかけて戦います。 』

『 日本のファンの皆様。これまでのように、今後ともJYJの頼もしい支援軍となり、力になってください。 』

こちらから引用


『ボスを守れ』インタビューの時のジェジュンの声

『この前日本大地震に対する寄付スタイルの公演をした。 久し振り日本に行くことになりメンバーらにも意味があった。日本前所属会社の圧力のために大問題があったがあまり気にしてない。』

こちらから引用

そして、現在、Cjesによるavexへの『マネージメント業務妨害禁止を求める訴訟』が行われています。



JYJファンのみなさんで、Bigeastが5人を待つ場所だと思っているみなさん
JYJはavexへ戻ることはありません。avexでの5人東方神起も、もちろんSMでの5人東方神起もありません。
(↑ JYJの言葉ではありません。上記のJYJの声から感じた私どもの考えです。誤解を生む可能性があるとのご指摘がありましたので付け加えさせていただきます。)


JYJの日本活動に圧力をかけ妨害を続けるavexのBigeastからは退会することをお勧めします。

また、avexからの情報も錯綜していますが、新Bigeast会員番号が、5人のBigeastからの続き番号である可能性もあります。


私どもJYJファンカフェでは、JYJファンのみなさんが5人のBigeast退会者の人数、5人のBigeastのLast番号を知っておくべきであると考えています。

そこで、5人のBigeast退会されたみなさん、退会者名簿作成にご協力ください。
退会者名簿は、すぐに公開する予定はございませんが、JYJの力になれると判断した時には使用することをご了承ください。

こちらからご署名のご協力をお願いします。

http://my.formman.com/form/pc/YF5RBTozXy883vFF/

なお、avexへの退会手続きはみなさん各自でお願いします。こちらのご署名は退会手続きにはなりません。



【続きを読む】に ↓ 한글 ↓
スポンサーサイト

続きを読む

公正委、SMに是正命令…契約期間10年→7年

2010年12月23日

グループ少女時代、SUPER JUNIOR、シャイニーなど所属する芸能企画社SMエンターテイメント(以下SM)が所属芸能人らと不公正な契約をしているとし、公正取引委員会(以下、公正委)から警告と是正措置を受けた。


公正委は23日“SMが芸能人及び練習生と締結した不公正な専属契約に対しては自ら是正した事を考慮し警告措置とし、自ら是正する過程で、練習生と一律に3年延長契約した行為に対しては是正命令を下した”と明らかにした。


今回の公正委の決定は昨年東方神起のファンクラブが公正委にSMエンターテイメントが取引上の地位を乱用し、東方神起に不利益を与えたとして奴隷契約可否を求めたことによるものだ。


SMが公正委に摘発された違反行為は不公正な専属契約を締結した行為(長期専属契約期間、過度な違約金条項、一方的なスケジュール条項)と、芸能人の具体的な事情を考慮しないまま海外活動のため追加延長契約を行った行為だ。


公正委によれば、SM所属の芸能人らの専属契約期間は‘契約締結日から13年’または‘デビュー日から10年以上’だった。SMはこれを‘デビュー日から7年’に修正した。


また、これまでSM所属芸能人らは契約解除時、総投資額の3倍、残余契約期間の推定利益の2倍を賠償しなければいけなかったが、今後は、契約解除当時を基準に直前2年間の月平均売上に契約残余期間の月数をかけた金額だけを違約金として払うことになった。


併せて‘自社制作放送物に最優先に出演すること’の条項に対しても‘マネジメント活動について、いつでも本人の意見が提示できる、そしてSMが不当の要求をする場合拒否できる’とし、芸能人らの自律性を尊重した。


今回の公正委の措置によりSMに所属している芸能人らは不公正契約の被害から免れることになり、SMを離れた東方神起3人(現、JYJメンバー、ジェジュン、ジュンス、ユチョン)との専属契約関連法的紛争にも相当な影響を及ぼすものとみられる。


これにSMは23日午後報道資料を通じ“不公正な専属契約に対しては既に自ら是正しており、練習生との一律的追加延長契約に対する是正措置については受容する’と述べた。
引き続き“公正委の標準約款を大幅に反映させた新しい専属契約書を作成した”といい、所属芸能人らも新しい契約内容に積極的に共感し、今年初めに新たに専属契約を締結しており、東方神起、少女時代など所属芸能人と新しく締結した現契約書が認定された。これからも公正委と協力し、さらに発展された契約を導き出す”との立場を表明した。


翻訳:Japan FanCafe JYJ Their Rooms Staff mai

http://news.naver.com/main/hotissue/read.nhn?mid=hot&sid1=106&gid=330818&cid=307105&iid=10434889&oid=018&aid=0002360234&ptype=011



ファンの声が不公正な契約を是正したということです。
間違っていることには声を上げることが重要だと思います。

週刊現代の記事について、28日更新

30日追記
28日、相撲協会に手書きのお礼状を発送しました。
29日に週刊現代に訂正文掲載要望書を提出しました。
全文はこちらでご覧ください。

すでにみなさんもされていることをしただけで、これが効果があるのかないのかと言うと、
韓国KBSの件でも海外からも多くの抗議があってもあの程度の説明しかないのですから、期待できないのかもしれません。
ですが、それで諦めて声を上げなくなることは良くないと思っています。

週刊現代に送った要望書は同じ内容でもう一か所に送ってみようと思っています。


みなさんからたくさんの提案を頂きましたが、今日本では震災の被害に遭われて普通の生活すらできない方が多くいらっしゃいます。
そんな中でお金をかけた抗議や応援は、今はカフェではできないと考えています。
ですが、JYJの正しい情報をできるだけ多くの方に知ってもらいたい。
その方法を今後も考えていきたいと思っています。
まずは、JYJが好きだけどJYJが悪いと思っているファンの方に多く知ってもらいたいと思って、要望書に関連のリンクをつけました。
ここへ来られている方は、すでに読まれて理解されていることとは思いますが、今一度読み返してみて下さい。





28日追記
みなさん、たくさんのコメント、拍手コメントありがとうございます。
みなさんの意見を参考に、まずはカフェですぐ出来ることに取り掛かっています。
明日(?)にでも、またご報告できるようにいたします。






みなさん、本日発売の週刊現代は読まれましたか?

『エイベックスが相撲協会を訴えた』という記事タイトルがついているのに、
その内容はまるでJYJのイメージを悪くするためのものに感じました。


6月7日に開催されたチャリティーイベントは、私達日本ファンにとってはとても意味のあるものでした。
エイベックスからの圧力にも負けず、会場を提供してくれた国技館には大変感謝しています。
その相撲協会が、JYJの件でエイベックスに訴えられている。

私どもカフェでは、この『週刊現代の記事内容』 『相撲協会への訴訟』についての対応を検討しています。


先日のKBSに対する意見書は、私どもカフェスタッフの意見だけで作成しましたが、
今後、カフェで活動するときは、広く皆様の意見を頂いて対応策を考えていきたいと思っています。


今回の、週刊現代の記事について、
日本ファンは何ができるのか、または記事を読まれた感想など、みなさまのご意見をお聞かせください。

JYJ出演取り消しによる被害者『集団調停の申し立て』

日本語で公開されましたのでお知らせします。http://jyjfan.egloos.com/


済州道のJYJ公演取り消しにともなう<集団紛争調整>申請案内 by jyjjejuconsumer 2011/07/23 12:09 jyjfan.egloos.com/30983 덧글수 : 0
済州道のJYJ公演取り消しにともなう<集団紛争調整>申請案内


こんにちは、JYJファンのみなさま.
私どもは済州道庁とKBS済州の虚偽広告と公演取り消しによって物質的損害を被り、これに対抗してJYJとは別に文化消費者として済州道庁とKBSに物質的損害に対する責任を問おうと思います。


1.消費者院の集団紛争調整制度を選択した理由


今回の事件の被害金額は小額であり被害者が多数なため費用と時間が長くかかる訴訟ではなく
期間が短くて効率的な集団紛争制度を選択しました。
今回の済州道事態で直接的被害を(違約金、航空料、宿泊料、その他関連費用)被った消費者は紛争調整受付代表者を選定して調整を申請できます。


集団紛争なので少なくとも直接的な被害を被った消費者50人の同意と委任が必要です。ただしこの制度で精神的身体的被害など間接費用は補償を受けるのは難しいです。
調整が成立すれば裁判と同じ効力がありますが不成立であれば集団訴訟を提起することもできます。
(集団紛争の場合、不成立可能性が高いといいます)


2.申請方法


今回の済州道事態によって直接的被害を被った人ならば誰でも申請することができ、外国人も可能です。
まず申請を希望される方は名前、連絡先、被害内容、被害金額などの情況を説明したEメールを
jyjjejuconsumer@gmail.com
に送ってください。


そして被害を証明できる証拠書類等を確保して下さい。
ひとまず被害者数字確保と被害金額把握された後には私どもが委任状、証拠資料などを送る方法を連絡します。まだ個人情報流出可能性がある資料は送らないで下さい。 詳しい申請方法はブログ
http://jyjfan.egloos.com/


に上げる予定なので参照して作成して下さるように願います。


日本語、中国語その他外国語可能な方々の助けが必要です。その他問い合わせ事項があった方々もいつでもjyjjejuconsumer@gmail.comでもブログに連絡くれれば良いです。


この案内文はJYJファンがある所ならばどこでももって行くことができます








今回の済州島の件で、JYJに会いに済州島へ行こうと思っていた方で被害に合われた方へ
下記内容で呼びかけがありましたのでお知らせします。

こういった事が二度と繰り返されないようにするためにも、被害に合われた方は参加をご検討ください。




先日、済州島でJYJ公演の取り消しによる被害を受けた方々が、"集団調停の申し立て"の是非に関しての提案文を載せました。韓国消費者院に問い合わせすると、この事案で"集団紛争調整申請"が可能だそうです。 (ここアメリカでは"暗黙の契約不履行"で明確に訴えられるが、韓国の法律については、顧問をまだしていないので、そのことについてはまだ分かりません。)

では、私たちができる"集団調整申請"について、知っていることをいくつか申し上げます。
1.消費者院の集団紛争調停は、2006年の消費者基本法改正後において、集団の救済は2007年3月から可能になり、同じ被害を受けた消費者が集団被害救済の請求をすることが可能です。今回の済州島事態で直接的な被害を(違約金、航空運賃、宿泊料、その他の関連費用)をうけた消費者が紛争調停届けをする代表者を選定し、調停申請が可能です。
ただ、精神的・身体的面においての被害など間接的な費用についての補償は難しく、直接的な被害の総額を算出する必要があります(証明書類の提出が必要)。もちろん、調整に成功するという保証はありません。
2.集団紛争の申請はKBSと済州道当局の虚偽広告と公演取り消しで(暗黙の契約不履行)の被害を被った消費者が直接的な被害について要求し補償を求めることなので、JYJとは何ら関係が無く、現在JYJが公正取引委員会に競争制限、またはその他の不法行為妨害行為に対して提起した事案とはまったく関係がありません。 (それは事業者間の問題)


3。集団調停が失敗した場合に(集団調停申請は個人申請よりも不成立の率が高い)集団訴訟になることがあります。双方が同意した場合に、調停案は法律的な面においての効力が発生するが、そうでない場合に調停が失敗することがあります。その場合には、集団訴訟に切り替えることが可能です。
済州道の公演取り消しで、ここアメリカでも多くのファンの間で騒がしくなっていて、これ以上、沈黙をしていてはいけないのではないかという意見が起きています。いくつかのサイトで動きがあるようですが、もしかして今回の済州島の事態に対応して集団訴訟を準備しておられる方々がいますか?テルジョンですでに進行中の場合は、集団紛争調停の申請は必要がないこともあります。
集団紛争調停の場合、訴訟に比べて、消費者の立場では、費用負担がなく、代表当事者が選定される場合、個人消費者があまり時間をかけなくてもよいというメリットがある反面、間接的な被害に対する補償は難しいです。しかし、現実的に今の状況に精神的な被害の補償は容易ではないと思います。
ここで代表者は、直接被害を受けた方の中から一人が出ていただく必要があります。私は、物心両面で資源することが出来ますが、現在海外に居住していて、直接被害を受けた人ではないので、被害者の代表にはなれません。 (精神的な被害はかなり受けていますが、、、)
すでに、何らかのことを進めておられる方がいる場合は、重複する必要はありません。私にご連絡いただければ、こちらも安心して自分の仕事に戻れます。まだ、実行前であれば、被害者の方々や助言などをしてくださる方、そして、このことについて率先してくださる方たち、同じ意志を持って対応したい方々は、私のメール(今回の済州の事件で、新しく作ったメールアドレス)にご連絡ください。
jyjjejuconsumer@gmail.com   ありがとうございます。



そして、この機会に、もしかして以前、起きたQTVの取り消し時間で金銭的損害を被った方がいらっしゃれば、これも別途に進めてみるのも良さそうです。
(QTVをJYJのために加入して、損害を被った方が50分以上なる場合)
私たちはお金の問題だけを言っているのではないと思います。JYJと善良な消費者まで愚弄する放送局に一石を加えて、今後、このようなことが二度と起きないようにしましょう。一二度でもなく、今は公営放送までかかわってしまったこのようなゲームをもう沈黙をするには、事柄があまりにも大きくなったと思います。
心が先立ってしまし、とりとめのない文章になってしまったが、最後まで読んでいただきありがとうございます。

JYJの一ファン
2011年7月21日


上記はこちら→http://gall.dcinside.com/list.php?id=dongbang&no=1942186 を訳しましたが、専用サイトができたようです。こちら→http://jyjfan.egloos.com/
翻訳:Japan FanCafe JYJ Their Rooms Staff Ei

専用サイトの方は後程確認しますが、取り急ぎお知らせいたします。

『JYJ出演取り消し』に対するKBSへの意見書

私どもカフェでは、今回の『JYJ出演取り消し』について、二度とこのような事が繰り返されないように、
カフェスタッフの意見をまとめたものを下記内容でKBS宛てに送りました。



KBS意見書


【続きを読む】 ↓ 한글 ↓

続きを読む

『忘れないで』中国歌手の声明文の誤った翻訳

『忘れないで』についての中国人歌手の声明文和訳で、間違った訳が流れています。
この文書を作った方、または持ち出している方は、訂正してください。


間違っている部分に赤線を引きました。

wasurenaide-yc1-jp.png


wasurenaide-yc-eg_20110720182711.png


↓ これは当カフェで中国語から日本語にしたものです。
wasurenaide-jyjtr.png


↓ これが元の中国文です。
wasurenaide-jyj-c1.jpg

JYJ、済州特別自治道広報大使委嘱-報道資料2011.05.03

↓ いつも見づらくてすみません。クリックしてご覧下さい

jyj-jeju.png



o0600084811358163967.jpg

349263089.jpg

【済州島、広報大使】 JJ:僕一人でも広報する 。Fan:私たちも参加します!

済州7大景観広報大使の特別番組出演キャンセルを受けて、
私たちファンの気持ちを静めるかのように呟いたジェジュン


ジェジュンのツイ
우리나라 자연경관을 홍보하는데도 장애물이있다면 이번 경우는 나라도 혼자 홍보하겠어 .
我が国の自然景観を広報することにも障害物があるとしたら、今回の場合は僕一人でも広報する


ジェジュンはこう言って、アイコンを済州島の写真に変えました。
image_reasonably_small.jpg



@gentlechan Choi him chanさん
“@mjjeje: 우리나라 자연경관을 홍보하는데도 장애물이있다면 이번 경우는 나라도 혼자 홍보하겠어 .” 동참하겠어!
”@mjjeje:我が国の自然景観を広報することにも障害物があるとしたら、今回の場合は僕一人でも広報する " 参加するつもりだ!

@gentlechan Choi him chanさんも、済州島の写真に変えました。
image_bigger.jpg



ジェジュンから@gentlechanさんへ
10만명만 제주도 사진을 한장씩 트윗해도 최소 이천만명 이상 접하지않을까?
10万人の人がツイッターで済州島の写真を一枚ずつ公開すれば最小限2千万人以上のユーザーが閲覧できるかも?


gentlechanさん
약 1분 전 말나온김에시작해봅시다! Guys, plz change your dp! This is jeju island! Jeju is really awesome landscapes! http://t.co/lwMJB7F
善は急げだ、さっそく始めてみましょう!


gentlechanさんが準備してくれた写真です。↓クリックで拡大
m9gy.jpg   96dlx.jpg



JYJTheirRooms
”@mjjeje:我が国の自然景観を広報することにも障害物があるとしたら、今回の場合は僕一人でも広報する " 私たちも参加します!

私どもカフェもジェジュンと一緒に済州島広報活動に参加します。
o0237023511354640932.jpg




↓クリックで拡大、写真をここに増やしていく予定です
20080218160928.jpg o0237023511354640932.jpg o0246024011354646684.jpg o0165014411354651419.jpg201107_17_93_e0195493_0171721.jpg  201107_17_93_e0195493_0162925.jpg  201107_17_93_e0195493_0165298.jpg
wnlx.jpg  t41z.jpg  ykbf.jpg  friwp.jpg

これはジェジュンがUPしてくれた写真です!↓クリックで大きくなります
cn6em.jpg  ycuck.jpg




今回の事をCjesは
“放送不可通知を受けており、理由は誰でも知っているはずの理由だ”
“こんな状況が1、2回でもなく起こるので制作会社を責めることもない”と言っています。

この問題の悪の根源はみなさんも想像されていると思いますが、済州島という土地と住む人には罪はありません。
当カフェでも、広報大使としての役目を果たそうとするジェジュンの活動の応援をしたいです。



Cjesとのエージェンシー契約は奴隷からの脱却

前回紹介しました記事 【4-2】 JYJが雇用主、Cjesが被雇用者のエージェント契約
これを書かれた弁護士さんの文をもう一つ紹介します。





2010.12.23
「JYJとアメリカのagency法律」に関する文章があちこちに転写される中、いくつかの誤解を産んでいるようなので、ここで簡単に釈明文を掲載します。

JYJのagency制度の導入は、文字通り、彼らが彼らの芸能活動のために導入したという意味であって、彼らが韓国社会に、この制度を初めて導入したという意味ではありません。韓国芸能界にも米国同様のagency概念で芸能活動する芸能人がいて、対等なパートナーとして認められている芸能人もいます。当然、初めてではありません。


しかし、私が強調したかった点は、彼らがアイドルとして彼らのagency方式の導入は、影響が大きいのです。韓国社会ではアイドルという概念は、私が幼い頃にはなかった新しい概念ですよね。マネジメントや芸能人の間が共に生きる関係ではなく、世間知らず、無力な子供たちが、まるで親に依存し、服従するかのように、企画会社に"所属"され、彼ら自らは何も出来ないという依存的な関係にその姿を変貌したのが、現在のアイドルの概念です。SMの場合を考えても、皆様がご存じのように、その束縛的な関係は13年に終身契約、罰を与えるかのように思える違約金、等々の形であらわれるが、私の判断では、最も恐ろしいのは、企画会社のイデオロギー攻勢です。企画会社は公の場で"何の価値もなかった"子供たちを企画会社の巨大資本とノウハウでスターを作ったと煎っています。まるで芸能事務所がなかったらアイドルスターは、絶対に自ら成長できなかった人材として扱われるのです。そのゆえに、SMは、"アイドルは企画会社を出ても必ず、他の事務所に行く。"と断言しています。


自分たちが発掘しておいてその才能と能力を卑下するのをみると、それには呆れるほどであるが、嘘が上手な人ほど、自分の嘘を信じているんだそうです。彼らが信じているアイドルは、考え方や仕事に対する頑固さところか、立派に準備された(できた)食事をただ食べることしかできない能なしの人やまったく芸術的な資質を持っていない人々に見えます。それゆえに、多くの人々もアイドルならばそれほど才能もないたいしたものではないという、あまり認めたくない雰囲気なのかも知れません。


このように、一方では頭の先からつま先まで完璧に作り上げられ、精製された商品として扱いながら、他の一方では裏切られて傷ついた極めて人間的な先輩や親のふりをして独立したがっているスターたちに"仁義""恩知らず"云々言っているのです。
子犬の時から育ててあげたから、伏の日に食われても、主を噛むことはけしからんという論理です。えさを与える手はイヌを噛まないということを聞こえてきますね。(日本ではこのような事を「飼い犬に噛まれる」といいますね。)

このような状況下で、JYJは誰よりも自由であるべきアーティストどころか、買い主を噛む犬になりさがり、伏の日に出くわしたイヌが殴られるかのように、あちこちから弾圧を受けているのです。さらに、本当に呆れることには、(注)彼らは自分の意志なのかどうか彼らを守ってくれ、責任を負ってくれる主を求めず、ただ自らの活動に対して、補助的な役割を果たしてくれるAgencyを活用し、自立(一人立ち)をしています。
注釈(呆れること、とは、現在日本語では、称賛には一般的には使われないようですが、韓国語の原文では、呆れるほどの驚きと、称賛が含まれているようです)


彼らが別の企画会社に入らず、Agency方式で活動するのは、ただ契約という紙面上での奴隷であることを拒否したのではなく、精神的にも、彼らは奴隷の身分をきちんと抜け出したことを象徴しています。


事実、いくら拘束されることが嫌いでも、他人が立派に準備してくれた食事をずっとたべているとそれに慣れるものです。SMの自信の根拠には、"奴隷根性"という普遍的な人間の生存本能もあるのです。奴隷制度が廃止されても、自由に慣れることができず、自信のない奴隷たちは、むしろ拘束を受けた時の快適さを放棄できないのです。

しかし、JYJは、過去の奴隷だとあればありそうな奴隷根性を捨てて、死に物狂いで困難に乗り越えています。。もしJYJが成功すれば、その影響はまさに企画会社らが言っている"私たちでなければならない'のイデオロギーを壊すのです。既存のアイドルはもちろん、これからスタートしようとする練習生たちも、自らの才能を卑下しながら、自分一人の力では何も出来ないだろうという弱さと奴隷意識に惑わされないでしょう。そして、これ以上不平等な関係を認めないでしょう。そうなれば、このような束縛 - 依存関係を基本にしたアイドル中心のビジネスで繁盛してきた企画会社らの生態系が崩れるという結果を招く事になるとは思いませんか。
私はそうなことを願っております。

http://blog.daum.net/junebug36/3

翻訳:Japan FanCafe JYJ Their Rooms Staff Ei




Made by SM
『最大のスターを作ろうとする試みですね。 中国人アーティストになることもあり、中国の会社になることもありますが、明らかなのはSMの文化技術(CT)で作られるでしょう。 今は'Made in'でなく'Made by'が重要なポイントです。 場所でなくどのようなプロデューサーが作るのかが重要だという話ですよ。』『SMの技術でスターを作る』
これはSMイスマン氏の言葉です。  参考記事こちら

企画会社の巨大資本とノウハウで頭の先からつま先まで作り上げられた子供たち。
自分の考えで仕事をするのではなく、準備された物をこなすだけの人々
これが所属会社が作り上げた【アイドル】のイメージです



『ずっとアイドルと呼ばれるのも悪くない。ただどんなアイドルになるのかが重要だ』
『ただ踊って歌って外見的に立派なアイドルにではなく、全ての年齢層が好むことができるアイドルになりたい。だから、直接作詞作曲し、プロデューサーをしてシンガーソングライターのイメージを取り揃えようと努力している』

これはジェジュンの言葉です。    参考記事こちら

JYJ3人がアイドルの概念を変えてくれると信じています。そして、

【奴隷からの脱却】 これを支えてくれるのが、Cjesではないでしょうか。

JYJが雇用主、Cjesが被雇用者のエージェント契約

JYJとCjesの契約について、ある弁護士の記事を紹介します。


私が最近関心を持って見守っている韓国芸能人中に、先日5人グループの東方神起から分離し、3人構成になった「JYJ」があります。彼らには大変耐え難い現実だが、彼らの今の状況が法律をもってこの世の中を判断する私にとっては、非常に興味深いものであることは言う前もありません。ハンサムな容貌にきらびやかな踊り、歌唱力まで兼ね備えた彼らに私心が全くないないといえば、それは嘘になりますね。

最も私の目を引いたことは、どうしてもまだ幼くて無力な彼らが巨大な韓国のエンターテイメント組織に向かって戦っているということです。"奴隷契約"を提起しながら、彼らを発掘し育てたくれた大手企画会社(S.M. Entertainment)を相手に訴訟を行い、独自的な歩みをするやいなや、それを待っていたかのように彼らの活動にあらゆる方向からブレーキがかかってき始めまし た。 (そのブレーキが具体的にどんなのでどんな法律的な意味があるかはさらに次に述べます。) SMが 「東方神起」という莫大な収益価値を失ったのに腹を立てて、または、恩知らずものを見せしめにするための報復であり、同時に新人アイドルに"同じ事をすればお前らもいずれ同じ目にあう"という警告だというのが一般的な視線です。いわゆる小人輩論とも言えるでしょう。
SM小人輩論をその意味のまま受け止めるには、解決されない疑問があります。SMはかなり成功した大手企画会社で企業イメージがどれほど重要なかは分かるはずだろうに、会社のイメージに泥を塗りながら、すでに港から出てしまった船に執着するとは納得しがたいです。彼らの報復と警告が実質的に得より損が多いはずだからです。


世の中は広くて才能はあふれる人は多いのに、既に自分らから離れてしまったアイドルグループより、さらに幼く新鮮なアイドルを代わりにすれば、それだけのことです。アイドルの寿命は本来短くてJYJメンバーらも20代中半分だという点を考えるとき、その執着ぶりには理解ができません。 単に"奴隷契約"という判例がそこそこ恐ろしいということ、それだけのことでもなさそうです。SM内部ではすでに、既存の契約書を修正しているからです。13年終身契約はすでに奴隷契約という判例があり、エンターテイメント界では最も強大国である米国ですら7年以上は法律で禁じています。この流れは、誰であろうともどうすることが出来ない現実になりつつあります。
私がここで注目した点は、SMだけでなく他の企画会社らとの公共団体である、「文産連」までもがJYJを抹殺させるのに汎社会的な規模で加勢しているという事実です。いったい、なぜでしょうか?
私の考えでは、その理由はまさにJYJが米国式"agency"の導入で大手企画会社中心のエンターテイメント市場の秩序を押し倒しているからです。どうして、なぜ、SMを出たかが観点ではなく、今JYJがどのように既存の枠組みを抜け出して成功するかが観点なのです。JYJの成功はまもなく米国 式"agency"で活動しようとする芸能人らが多くなる結果を産むことになるでしょう。"agency"の特性上、既存の企画会社らが集団で絶滅する危機に直面する大変大きい問題になるでしょう。

"Agency"は、簡単にいえば既存の企画会社と芸能人との関係の正反対の概念でとらえれば良いです。今までは企画会社が雇用主で芸能人が被雇用者だったら、 'agency'の概念では芸能人が雇用主で企画会社が被雇用者になるべきだということです。その理由は、まさに米国で最も古く根深い"Agency"法です。"Agency"というのは当事者(Principal)とそれを代わりにする代理人(agent)との法的関係です。その関係の核心の次の通りです。


1.代理人は当事者の許諾や承認限度で行動ができ、許容外の行動に対して、どのような法的責任も当事者に消すことができません。

2.代理人はその職務にふさわしく忠実に与えられた仕事を遂行しなければならない義務があります。

3.代理人は与えられた仕事の遂行にあって熱心に誠心(with care and due diligence)をつくさなければなりません。

4.代理人は当事者とのいかなる利害関係の衝突(conflict of interest)もあってはなりません。



米国式'agency'がさらに普遍化されると、仕方なく芸能人が職業人としての権利が向上せざるをえないし、才能あふれる芸能人らの活動で暮らす人々はこれ以上彼らを思いのままに揺さぶることができないでしょう。 このために、韓国の演芸企画会社らはJYJが滅びてもらうことを、それで韓国の現実では必要悪として(可愛いくても、憎くても)企画会社なしではやっていけないということを、世の中に知らしめることを祈っているでしょう。これがまさに企業イメージも、表面に見える公正性までもあきらめながらもJYJの成功する機会を剥奪する理由では ないだろうかと思います。


(上の文は法律諮問を意図で書いた文でないことで、この文の一定部分に依存する場合弁護士に法律諮問を受けるようを推奨します)


http://blog.daum.net/junebug36/3

翻訳:Japan FanCafe JYJ Their Rooms Staff Ei


《 Wake Me Tonight 》発売日まで
プロフィール

xoxojyj

Author:xoxojyj
このブログは
【FanCafe JYJ THEIR ROOMS】
が運営しています。

彼らの真実と、ルーマ検証
彼らの言葉が聞こえる記事を中心に
まとめていきます

記事持ち出しについて
当ブログの記事はJYJファンブログへの持ち出しはOKです。 記事元URLや翻訳者名が記載されている物は、そこまですべて転載でお願いします。 SM所属芸能人を応援しているブログ等への持ち出しはご遠慮ください。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
フリーエリア
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。