スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽評論家 ノ・ジュンヨン氏の『In Heaven』レビュー

現実に'アイドル'という修飾語は、諸刃の剣だ。
誰かには"偶像"の場合もあるが、他の誰かにとっては偏見の対象に成り得るからだ。

全世界を吹き荒らしたアイドルブームの始まりは80年代にさかのぼる。
1981年8月1日、ミュージックビデオを24時間放映するMTVが開局し、ビジュアルの時代が幕をあげ、その後には、秀麗な容貌のアイドルが多く登場し、ポップ音楽界の勢力図が変わり始めた。もちろん、彼らはそれぞれのスタイルと歌唱力を備えた実力派だったが、とにかく外見でまず注目される傾向が強いのが事実だった。そのような誤解や偏見は現在にもいたる。アイドルといえば音楽的な能力が低いだろうという先入観から始まる場合は多いからだ。

しかし、誰が見ても感心するほどの実力を持つアイドルが多くなり、偏見を持って彼らをみるのは消えつつあり、このような状況に最も大きな貢献をしたアーティストの一人がまさに"東方神起"だ。
彼らメンバー全員はみな洗練された才能で完成度の高い音楽を聞かせくれた。結局、すべてのアジア市場を掌握して、アイドルグループが進むべき正しい方向性を提示してくれた。他の言い方で、より大きなカテゴリで言うならば、歌謡界で活動する歌手がベンチマーキングすべき新たな方法論を作り出した。


このため、彼らの周囲で起こった一連の事の過程について、より一層ファンをがっかりさせたのであるだろうけど、新たなスタートをきったJYJは、いままで現存しているアイドルグループの中で最も優れた音楽的才能を備えている。

歌唱力とパフォーマンス、そしてエンターテイナーとしての才能をあまねく持っているジェジュン、ジュンス、ユチョンのしっかりしたコラボレーションが支えられているからだ。
最初のアルバム【The Beginning】のワールドワイド市場を狙って制作したのは、この3人のメンバーの能力に確信がもたれたからこそ可能だった。
最高のヒップホッププロデューサーであるカニエ・ウェスト(Kanye West)が、ためらうことなく力を貸してくれたのは、米国市場でも通用する可能性を認めたのではないだろうか。





このように空間的制約まで徐々に崩しつつある状況で発売された[In Heaven]の観戦ポイントは、大きく三つになる。

ワールドワイド市場を攻略した英語のアルバムではなく、韓国語アルバムで、どれほどヒットキーワードになり、アピールできるか否か、地上波出演が足らない現在の状況で、音楽のみで勝負するのが可能か否か、そして三人のメンバーが持つ歌唱力を十分にカバーできる音楽を作り出せたのか否かという、3つの事柄の是非がそれだ。


[In Heaven]に入っている全曲を聞くと、3つの観戦ポイントへの答えは、思ったよりはるかに簡単にだせそうだ。

まず、我々は注目すべき事実は、アルバムの全曲をメンバーが参加してミュージシャンになるという目標に向かって一歩進んだということだ。

アルバムに直接参加してリーダーシップを発揮するということは、そのことだけでも高い評価を受けるべき部分である。
自らがアーティストとして認められるために努力しているという良い証拠になるからだ。

さらに、メンバーがツアーを通して感じたトレンド感を自ら発揮しきったので、その可能性について別のコメントをする必要もないほどだ。



ジェジュンとユチョンが一緒に作り上げた"Get Out"は、トレンディなポップダンスナンバーだ。躍動感あふれる構成とサウンドの質感がメンバーたちの魅力を一層引き立ててくれているが、ここでは破格的なシャウトボーカルがひとつになることで強烈な印象まで伝えている良いトラックとして作り上げられたのである。"In Heaven"と"落葉"、"少年の手紙"は、JYJが持つアジア的な感性をより一層感じさせる曲だ。

特に"In Heaven"で感じられる、最高潮の訴えかけるその力と"落葉"のアナログ的感受性、そして、"少年の手紙"で見られる風変わりな構成は、非常に引き立つのだが、過去に対する郷愁と、現在目指すところが何かを一緒に感じられる曲なので、懐かしさと嬉しさが共存する魅力に出会うことができる。

"Mission"と"IDS"は、前述の曲と違って、未来志向的な姿を表に出している。
"Mission"は、パワフルなビートで、"IDS"は、オートtune技法により、アメリカ発のトレンディーなサウンドが盛られている。

特に、"IDS"の持つ中毒性あふれるラインは、どこに出しても恥ずかしくない完成度を誇っており、米国市場に出されても良い反応をもたらすだろう。
"You're"と"Pierrot"は、パフォーマンスと一緒に鑑賞すればより一層良さそうなミディアムテンポのポップダンス曲だが、特に、"Pierrot"は、明るいメロディーで拘束から自由になりたいという多少は破格的な歌詞をいれ、皮肉な構成をつくることで、リスナーのロジックを少しは変わりものにさせてくれる。
 復古的な感受性を見せてくれる"Nine"も、ぜひ聴いてみるべきトラックだ。一言で定義するのは難しいが、"Nine"はブリットポップシーンで起こった過去志向的なサウンドを見せてくれるようだが、世代を超えて多くのリスナーからの共感が得られるウェルメイドトラックだ。




前作【The Beginning】は、アメリカ発のトレンドを基本としたビットを強調するサウンドを表現したのだとすれば、[In Heaven]は、メロディラインを強調し、韓国の情緒とアジアの情緒を合わせ、ひとつに融和させるキャラクターを持った。 アルバム一枚を作り上げる過程をへて、彼らの志向性がかわったが、完成度は相変わらずだ。
ターゲットが変わっただけであり、彼らが生まれ持つ才能と楽器は相変わらずだということだ。

筆者は、JYJの今回のアルバムを'生物"と表現したい。
3人の最も率直な話しが盛り込まれていて、3人が聞かせてくれる最も素直なサウンドがアルバムとして作り上げられているからだ。さらに、さまざまなジャンルへの理解をもとに作り上げた自作曲は完成度の面で大きい欠点を見出すことはできない。もちろん、全体的なアルバム構成に物足りなさは少し残るが、音楽自体の完成度の問題ではないから別に言及する必要はなさそうだ。

彼らの音楽におけるその能力は、すでに*万ラップを超えた。アイドルよりもアーティストが似合うJYJ、この男たちが見せてくれる音楽的可能性の饗宴はいま始まったばかりに過ぎない。



http://blog.naver.com/nohy/130118669561

訳:Japan Fan Cafe JYJ Their Rooms Staff Ei


*万ラップとは、オンラインゲーム上の最高得点で滅多に出ない。



筆者は、JYJの今回のアルバムを'生物"と表現したい。

ライブでIn Heavenを聴いたとき、鳥肌が立ち、歌詞の意味もわからないのに涙があふれた。
JYJの歌には魂が込められている、まさに生き物だから、聴く人に感動を与えるんですね。
アルバムが届くのが楽しみです。
スポンサーサイト

カフェスタッフ募集

2月14日に立ち上げた当カフェもみなさんのご協力を頂きながら、7か月が過ぎました。
現在5名のスタッフで運営していますが、仕事の分担をして長くカフェを続けていきたいと考えています。

そこで、
カフェの運営を手伝っていただけるスタッフを募集します。


★韓国語スタッフ、1~2名 
 お二人にご協力いただくことになりました。
 聞き取りができる方を一名引き続き募集します。
 
 ほぼ毎日翻訳してほしいことがあります。現在少し溜まっています。
 毎日いくつもの記事を翻訳するのは大変なので、
 現韓国語担当スタッフ2名と3~4名体制で分担していきたいと思っています。
 
★サイトトップなどのデザイン、ホームページ作成、1名(募集終了しました) 
 わかり辛い、もう少し格好よくならないかとお声を頂いています。
 私どももそう思っていますが、技術が伴っていません。
 一度作って頂き、その後時々のリニューアルのお手伝いも頂きたいと思います。
 画像加工などもお手伝い頂けたらうれしです。
 



スタッフをしていただける方の条件
☆JYJだけを熱く応援している方
☆JYJメンバー、メンバーのご家族はもちろん、他のタレント、ファンを誹謗中傷をしない方
☆ブログ、またはツイッターアカウントなど、どういった方かわかるツールをお持ちの方
☆現スタッフの数名と携帯メールアドレスを交換いただける方



スタッフとして協力いただける方は、こちらの記事に鍵コメで
☆メールアドレス
☆ブログ、またはツイッターアカウント
☆スタッフ活動ができる曜日、時間帯

などを記入の上
、ご連絡ください。
よろしくお願いします。

スタッフ一同

GQ 10月号について謝罪ツイート

GQ-20110923.png
GQ 10月号に掲載された〈アイドル家父長制〉コラムについて申し上げます。 GQはK-POPブームにより、韓国アイドルの位置づけが高まっている時期にあわせ、外部から原稿を頂きました。外部の原稿に対しては、筆者の見解を尊重し、任意に修正はしないが、正しい世論の形成のため、事実に反したり、公正ではない外部の原稿は掲載しないことを原則としております。このような原則に沿って、掲載する前、より厳しく公正に判断すべきでしたが、編集過程で十分検討されていなかった点がございました。このコラムにより皆さまの心を痛くさせてしまったことを深くお詫びいたします。これからさらに厳正な姿勢でのぞむことを約束します。

翻訳:Japan Fan Cafe JYJ Their Rooms Staff mai



先日のallure10月号についての謝罪ツイートに続き、GQ KOREAからも謝罪ツイートが上げられました。
韓国ファンの間では、『ツイート上だけではなく、次号に謝罪文、訂正文を記載するように』という声が上がっています。

日本でもJYJのデマ記事が載せられています。
都度みなさんも訂正を依頼し、私どももできることをしてきましたが、
今まで一度も対応してもらったことはありません。
ですが、JYJを守る事務所がない日本では、JYJの間違った報道に対して抗議ができるのはファンだけです。
諦めずに、JYJの事を理解してもらう活動を続けていきたいです。



【続きを読む】に先日のallure10月号についての謝罪ツイートを。

続きを読む

サイバー上の名誉毀損に基づくマネジメント方針

こんにちは


まず、JYJ の最初の韓国語スペシャルアルバムの声援と関心に感謝いたします


JYJ は、世界発売されたワールド・ワイド・アルバムで新しい出発をして1年が過ぎました
感激の第一歩を踏み出してこれまで JYJ は、10都市のワールドツアーを盛況に開催するという音楽的成果と
UN 傘下の機関のほか、多くの政府や企業のグローバル広報大使の活動など、世界のスターとしての見事な成果を繋いでいっています。


JYJ のファンも同様だと思います
公演するたびに、質の高い観覧文化と連日美しいファンの寄付に繋がっています
健全なファンサーポートと米の寄付、JYJ がモデルとして活動する広告の製品への関心は、業界関係者を驚かせていて、
JYJ の放送活動を促す新聞、バス、地下鉄の駅の風刺的な広告は、メディアが JYJ のレベルの高いファン文化を認識するきっかけになりました


JYJ と3人のマネージメントを担当している私どもシージェスエンターテイメントは
いつもファンの皆様を尊重し、深く感謝いたします


しかし、最近のファンのコミュニティの間に ' ファン ' と自称し' ファン ' という理由で、メンバーのうわさを作成し、人身攻撃をする者が登場しました
今までは、個々の対策をとったが、本日正式にマネジメント全体の厳格な警告公知をいたします。


私達は JYJ のいずれかのメンバーの、根拠のない非難とうわさを生成して名誉を喪失させる行為をする人を
' ファン ' と認識せずに明確な証拠を通じて、法的手続きを行うことです。
これまで、個別的な警告および調査依頼手順を踏んで、これらを含め、いくつかの証拠を確保しました。
この警告告知の送信後、1週間後に、記事が削除されていなかったり、こうしたことが繰り返し継続される場合は、
その証拠を、サイバーテロ対策センターに提出し、調査を依頼します。


これは歪曲されたファン心を越える重大な犯罪です。
ファンの皆さんに、この情報を理解し、尊重するよう宜しくお願いいたします。



JYJ の3人は、所属するグループのメンバーであるという意味で、以上です
そして これからも JYJ の名前で行っていく良い音楽と素晴らしい活動に期待をお願い致します。
ありがとうございます。

http://c-jes.com/w/172701#0
Cjesホームページより、翻訳機使用




*デマを作って流す人は、ファンではないし許されないことですが、
JYJ3人のうちの一人だけを特別に好きだという人も、他の2人への愛を忘れずにいてほしいです。

PRコンサルティング、プレインとの契約満了

プレインのツイートによると、2011年8月21日、プレインとの契約期間が満了したようです。


アジア No1 PRコンサルティング グループ プレイン ツイート20110917-prain-1.png
20110917-prain-5.png

20110917-prain-2.png
20110917-prain-6.png

20110917-prain-3.png
20110917-prain-7.png

ここまで、翻訳機使用



プレイン筆頭株主、ヨ・ジュンヨン氏のブログより

20110917-prain-8.png

ジェジュン:プレインと契約は終わりましたが、これから縁を大切にしていきたいですし、行けなかった飲む約束、約束とおり行きましょうね^^ ドラマが終わったら。

ジェジュン:行きますね。ふ


ヨ・ジュンヨン氏:はい、是非^^ 良い事のときはいいけど、つらい事が起きたら、私に電話か、メール下さいね。出来る限り力になりたいです。

ジェジュン:代表ニムもですよ^^ あっ、違った兄もね~
ジェジュン:私的な時は兄だから



プライベートの対話を公開することで、失礼にならないかと悩んだのだが、
私はこの方、いやこの弟の
公的なイメージの裏側に秘められた私的な真心や礼儀正しさ、繊細さに対しても
私ほかのみんなさんにたくさん知ってもらいたいと、常に思っていた。


ここまで翻訳:Japan FanCafe JYJ Their Rooms Staff mai




ヨ・ジュンヨン氏、2011年4月5日のブログ記事を当カフェで紹介させていただきました。
JYJファンリングメンバー限定記事(こちら)ですが、その中から一部分を。



プレインは100社余りの企業から多額を頂いて広報を行なっている会社です。

JYJのことはその企業の顧客たちの仕事とは多少異なります。
ビジネスではなく、良い思いで参加しています。

多くのファンたちが思っているように多額をもらってもいないですし、
JYJを利用してプレインを広報する意図もありません。
(プレインは一種のB2Bビジネスをする会社だけあって一般人に会社を広報する必要が全くない会社です)

もちろんグループJYJを支援すると決めたのは私です。
当時を思い返せば、その決定が正しかったと思っています。

是非を問う価値観があるというより
相対的に彼たちが弱者であり
その業界の力学関係上彼たちを代弁しようする勇敢な会社がなかったので、
私たちは彼たちに少なくとも重荷にはなれないほどの力を持っている会社でしたから
それを決めた後、私は私より有能なプレインエンターテイメントチームに最善を尽くして協力をと任せました。

プレインはJYJをリードしたり、ある事を決定したりするほどの位置ではありません。
ただ、彼たちから「これをしてほしい」と頼まれたら最善を尽くしてそのことを手伝うほどの関係です。
しかし、その関係は多額が行きわたるビジネス関係に負けないほど大事だと常に思っています。

そして彼たちを心より愛していて、
彼たちに最善を尽くしてサポートしているシージェスを尊敬しています。


ここまで翻訳:Japan FanCafe JYJ Their Rooms Staff mai



契約は既に終了していますが、プレイン・イ部長は今もまだジュンスやジェジュンにツイートしています。
ヨ・ジュンヨン氏が仰るように、プレインはビジネスを超えた良い関係を今後も続けてくれるのだと思います。




9月19日追記

プレイン、イ部長9月19日AM12:08ツイート
20110919-prain.png
20110919-prain-2.png

イ部長がUPしてくれた写真です。↓
jmcd.jpg

JYJ 『In Heaven』(インヘブン)はオリコンに反映されるのか?

このようなツイートがあります。

(真偽は発信者様にご確認下さい)RT @JYJTheirRooms: オリコンにも電話で問い合わせました。前回のAVEXのオリコンランキング除外の件にも触れた上で、折り返しの電話で戴いた回答は「今回はオリコンランキングに反映されます」『IN HEAVEN』は輸入盤でも反映されるそうです。


同じ方の9月9日のツイートです。

JYJの初の韓国語アルバムが予約開始から7時間で30万枚を突破したとのこと。韓国国内の売上のようですがこれは凄い。日本で発売されたらどのくらい売れるのでしょうか。オリコンには反映されないでしょうけど…



当カフェスタッフがオリコンへ電話確認をした内容はこちらをご覧ください。→http://jyjroom.blog39.fc2.com/blog-entry-324.html


輸入盤でもオリコンランキングに反映されるのか?


2011年04月26日 04時00分 @oricon

先行発売の輸入盤が好調な『ソングス・フォー・ジャパン』 U2、ガガら慈善アルバムが3位 輸入盤CD初の総合TOP10入り

 東日本大震災の被災者支援のため、海外の人気アーティスト37組がレコード会社の枠を超えて制作したチャリティーアルバム『ソングス・フォー・ジャパン』(輸入盤:22日発売、国内盤:5月4日発売)の輸入盤が初週1.9万枚を売り上げ、5/2付洋楽アルバムランキング首位に初登場。総合アルバムランキングでも3位に入り、輸入盤CDとして史上初の総合TOP10入りを果たした。

これまで輸入盤CDでは、昨年11/8付のJYJ『ザ・ビギニング』、同年11/29付のリアーナ『ラウド』が記録した11位が最高位だった。


 http://www.oricon.co.jp/news/rankmusic/87039/から一部抜粋


輸入盤でもランキングには反映される。
avexからの圧力さえなければ。



(注)オリコンからは 「『In Heaven』はオリコンに反映される」と回答を頂いています。こちら→http://jyjroom.blog39.fc2.com/blog-entry-324.html



JYJファンのみなさん、『In Heaven』購入の際には、韓国ハントチャート反映店、もしくはオリコンランキング調査店でのご購入協力をお願いします。

韓国ハントチャート反映店、日本オリコンランキング調査店については当カフェ関連記事をご覧ください。→http://jyjroom.blog39.fc2.com/blog-entry-324.html

The Beginningが11位だったということですが、オリコン反映店ではないところで買われた方が多かったのではないでしょうか。オリコンにも韓国ハントチャートにも反映されない店舗がありますので、購入前にご確認ください。

8月末~JYJの活動と有識者のツイート

ここ数日、JYJファンのみなさんにはうれしいお知らせが続いていますね!

まずは、
8月31日ユチョンのソウルドラマアワード 人気賞、俳優賞の2冠!
関連記事→こちら
成均館スキャンダルは作品賞を受賞しました。
不正投票問題などがあり、正しく審査されるのかと心配でしたが、本当に良かったですね。




9月4日、世界陸上閉会式での地上波放送!関連記事→こちら

9時から10時までの放送時間内に歌うのかとハラハラして観ていましたが、3人が映った時は本当に感激でしたね。
そのことを、パクチャンジョン弁護士とオーマイニュースのペクチャンホン記者がツイートしています。


paku-110905.png


下から読んでください。
peku-110904-2.png
peku-110904-1.png


JYJスペイン、ドイツ、単独コンサート決定!関連記事→こちら

これについても、パクチャンジョン弁護士、オーマイニュースのぺクチャンホン記者、時事イン記者毒舌ドットコムさんがツイートしています。

paku-110906.png



jijiin-110906.png



peku-110906.png


奴隷契約から勇気と正義を持って抜け出して、活動が認められたにも関わらず、SMの影響力という黒い勢力たちの妨害にあってきたけれど、JYJのパワーは誰にも止められない。
ヨーロッパで単独コンサートをすることが驚異である、誇りに思うと言う言葉をもらって私たちファンも本当にうれしいです。

時事イン記者さんは3000~4000人の公演とおっしゃっていますが、小さな公演だとしても、ファンが求める場所に彼らは来てくれるということです。ドイツ、スペインのファンのみなさん、本当に良かったですね。



そして、
6月7日は会えないファンがたくさんいたことをわかってくれていたからでしょうか
10月15日16日、日本にも来てくれますね
今度は、JYJを応援するファン全員が行けるといいですね



そして最後にもう一つ!
全曲自作曲のアルバム『In Heaven』発売決定!!関連記事→こちら

鳥肌が立つほど感動した国技館での『In Heaven』
世界陸上閉会式での迫力のパフォーマンスを見せた『GetOut』

本当に楽しみです!!




JYJの活動が順調に思えてきた時には、JYJのイメージを下げようとする記事が出てくるのは、もう想定内でしょうか?
JYJファンのみなさんは、記事の矛盾点を冷静に見れると思うので説明は不要だと思います。
こちらの記事『アルバム製作費10億ウォン提訴?』をご覧ください。



★当カフェのツイート訳で記事を書いているブログがありますが、当カフェスタッフブログではありません。
当カフェのツイート訳、ブログ記事などは『JYJを応援するブログ』への転記は自由です。
上手くまとめて下さってありがとうございます。

アルバム製作費10億ウォン提訴?

JYJ 所属社 `収益配分' 10億訴えられる
2011-09-05 15:34

(ソウル=連合ニュース) イ・サンヒョン記者 = グループ JYJの所属社である ㈱シージェスエンターテイメントが公演企画社であるアジアブリッジコンテンツ㈱から "製作費前渡金 10億ウォンを返還しなさい"と言う主旨の製作費還給・収益配分請求訴訟にあった.

5日ソウル中央地方法院によればアジアブリッジコンテンツは訴状で "去年 4月シージェスと音源共同製作契約を締結した状態だったK社と収益金配分などを内容とするアルバム製作契約を結び、計10億ウォンの製作費前渡金を支給した"と "K社はこのお金を JYJ アルバム製作のためにアメリカプロデューサーとアーティストを渉外する費用で使い, 以後正常発売されたアルバムが数十万枚売れてシージェスが大きい収益を得たものと思われる"と主張した.

原告側は "シージェスは言い訳をして K社とアジアブリッジコンテンツに対する債務移行を回避している. 製作費10億ウォンは K社とシゼスで構成された `組合'に対する債券なので, シージェスも連帯して契約を履行しなければならない"と強調した.

http://news.naver.com/main/read.nhn?oid=001&aid=0005251403



JYJ "10億訴えられる? 荒唐なだけ作曲家 K氏と関連 JYJ 無関係" 公式解明
ニュースエン2011-09-05 19:23

"JYJと無関係な事だ. 私たちは音源製作費の投資を受けた時も, 訴状を受けたこともない. すべて作曲家 K氏と関連された事だ."

東方神起出身アイドルグループ JYJ 所属社が一角で申し立てられた訴訟に対して "悔しくて荒唐だ"と言う立場を明らかにした.

JYJ 所属社シージェスエンターテイメント関係者は 9月5日ニュースエンとの通話で "訴えられたという記事を見たがとても荒唐だ. 一言であきれる事だ. 私たちとは全然無関係な事訴状を受けたこともなく音源製作費を受けたこともない"と反論した.

引き続きこの関係者は "現在弁護士と論議中だが訴状を受けたのでもないからどのように対応するか悩む"と付け加えた.

ソウル中央地裁によると、公演企画社であるアジアブリッジコンテンツは昨年2月人気作曲家 K氏とアルバム製作契約を結び、契約に基づきその年の3月から 4月まで四回にわたって計10億ウォンを K氏側に前渡金を支給した. ところがアジアブリッジコンテンツはJYJを相手に10億ウォンの返還訴訟を申し立てた.

これに対して JYJ 側は "私たちとは全く無関係なのに私たちに前渡金を返還するように訴訟を提起したと言う. 一言であきれる. 私達は前渡金を受けた事がないし、すべて作曲家 K氏と関連する事だ"と一蹴した.


http://news.nate.com/view/20110905n26609


二つの記事でわかることは
◎アジアブリッジコンテンツのコメントでは、K氏と契約をしている。
◎アジアブリッジコンテンツのコメントでは、製作費10億ウォンをK氏に支払っている。(Cjesには払っていない)

◎Cjesのコメントでは、アジアブリッジコンテンツから製作費10億ウォンを受けていない。
◎Cjesのコメントでは、アジアブリッジコンテンツから訴状を受けていない。



アジアブリッジコンテンツとK氏の契約がどのようなものなのかわかりませんが、
Cjesもアジアブリッジコンテンツも、お互いにCjesには払ってない、Cjesは受けていないと同じ事実を話していながら何故資金を受けてもいないCjesが訴えられるのか?
そもそもCjesは訴状さえ受けていないと言っています。本当にアジアブリッジコンテンツはCjesを提訴しているのでしょうか?





《 Wake Me Tonight 》発売日まで
プロフィール

xoxojyj

Author:xoxojyj
このブログは
【FanCafe JYJ THEIR ROOMS】
が運営しています。

彼らの真実と、ルーマ検証
彼らの言葉が聞こえる記事を中心に
まとめていきます

記事持ち出しについて
当ブログの記事はJYJファンブログへの持ち出しはOKです。 記事元URLや翻訳者名が記載されている物は、そこまですべて転載でお願いします。 SM所属芸能人を応援しているブログ等への持ち出しはご遠慮ください。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
フリーエリア
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。