スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[JYJ、再び幕をあげて(5)] "東方神起の違約金は最低4000億ウォン"


[JYJ、再び幕をあげて(5)]
"東方神起事態"社会的公論の場へ

文化連帯が緊急討論会... "東方神起の違約金は最低4000億ウォン"



8月14日、午後2時。ソウル貞洞にあるフランチェスコ会館では、"東方神起の事態を通して見た芸能マネージメントシステムの問題と代案摸索"という主題の緊急討論会が開かれた。

文化連帯が主催したこの日の行事は"東方神起の事態"が韓国の芸能企画システムの構造的問題が原因で発生したことを確認する最初の社会的な公論の場だった点では意味深かった。特に、"奴隷契約"に代表される芸能界の不公正で、封建的な契約構造を暴いて、芸能マネジメントシステムの問題点や芸能人と企画会社間の新しい契約モデルを模索している時間なので、意味を加えた。




この場にはギム・デオ記者(当時ノーカットニュース放送芸能チーム長)をはじめ、キム・ウォンチャン韓国歌手協会事務総長、イ・ドンヨン韓国芸術総合学校教授、タク・ヒョンミン漢陽大兼任教授、パク・チュミン弁護士、そして東方神起ファンクラブ会員キム・ウンア氏などがパネルとして参加した。


客席には、平日の午後にもかかわらず、30人余りのファンが参加し、各界の意見を真剣に聴取した。また、これらの事案を抱えている問題を一緒に確認していた。参加者の年齢層も10代から30代までの人で、さまざまであった。討論会には約3時間にかけて進められたが、彼らの目は、最初から最後まで一貫していた。

イベントでは、▲13年の長期契約(軍服務期間は除く)▲50万枚以上のアルバム販売のみの場合、メンバーごとに1000万ウォンを支払う不公正な収益配分(50万枚以下の販売時に一銭も収益配分を受けるできない)▲契約違反時の契約終了日までに予想される収益の約3倍違約金の支払▲合意の下での契約の解除にも違約金の支払いなど、東方神起の不公正な契約事項が俎上に上がって白熱した議論が行われた。


発題者として出たイ・ドンヨン教授(韓国芸術総合学校)は、"東方神起はSMとの契約条件の下で支払わなければならない違約金は最低4000億ウォンから4800億ウォンに達する"と言って参加者を驚かせた。




イ教授は"これは公正取引委員会が勧告する標準契約書の内容をはるかに及ばない内容でトップクラスのアイドルグループと最上の芸能マネージメント社が結んだ契約として見るにはあまりに不合理である"と指摘した。


イ教授は"今回の事態の核心的な問題は、韓国芸能マネージメント分野の封建的文化"と"プライバシーの過度な侵害と一方的な意思決定など、芸能人とマネージャー間の権威主義的関係の問題が解決されないのが問題だ"と説明した。


また、イ教授はこれに関連し、"所属事務所が芸能人を会社の行事に無償で出演させることやプライバシーを過度に侵害するなど、芸能人と所属事務所の"封建的な関係"は、早急に解決すべき人権問題"とし"韓国の芸能企画社は、不適切な契約により、アイドルスターを育てた後、彼らの人気に基づいて、上場株式の価格を上げることだけに血眼になっている"と批判した。



"芸能資本の構造化された慣行を切らないと第2の東方神起事態は繰り返されるだろう"

討論者として参加したギム・デオ記者は"(東方神起の事態は)もう予測されていた事案だ"と、"東方神起が結んだという13年という契約期間に練習生期間と兵役期間を合わせれば契約期間が18年以上にもなる。"と言った。

キム記者は、特に、"マスコミでは知られていないが、所属会社との契約問題で自殺を図ったアイドルメンバーが二人もいる"と話し、問題の深刻性を指摘した。彼は引き続き"比較的若い年齢でデビューした芸能人が活動中に平凡な学生に帰りたくても違約金などの所属会社との問題のため、そうできない場合も多い"と述べ、長期契約に伴う人権問題を指摘した。


また、"東方神起が結んだものと同様の契約書にサインする青少年や親たちはまたあらわれるだろう"とし"第2、第3の東方神起が出ないと断言出来ない"という悲観的な見通しを言った。


タク・ヒョンミン漢陽大学文化コンテンツ学科兼任教授は"巨大企画会社の助力でないとスターになれないという構造が変わらない限り、この問題は解決しない"とし"第2の東方神起の事態を防ぐためには大手芸能製作社とこの会社と結託したメディアを通してスターとなるシステム自体を拒否しなければならない"と主張した。


タク教授は、"東方神起がこの事件をきっかけに韓国アルバム産業の市場を変えることもできる"とし、"(事務所に入る)、相対的に容易な選択をした東方神起は、今では(企画会社 - 芸能人の間)の輪を壊すのに率先してほしい"と注文した。


キム・ウォンチャン韓国歌手協会事務総長も"芸能資本の構造化された慣行とのつながりを切らない限りでは、第2、3の東方神起の事態が繰り返されるだろう"とし"関連法案を作り、企画会社が、適切な資格を持たない場合のエンターテイメント事業を行うできないようにして、すべての芸能企画社が公正取引委員会で作成した標準契約書を義務的に導入すること"を促した。



パク・チュミン弁護士は"最近の芸能人と企画会社との間の契約は、芸能人が企画社に仕事を任せる"委任契約"から企画会社が芸能人を管理する"雇用契約"に変わったというのが多数の見解"とし"この過程で不公正契約に苦しむ数多くの芸能人がいることができる"と語った。


彼はまた"最近の判例は、芸能人の所属企画社に比べて弱い存在であることを認めながら、彼らの権利を保護する傾向が見られる"とし、"契約自体の不公正性が大きいほど東方神起の帰責事由も減る"との見通しを示した。


討論会にはファンクラブ会員であるキム・ウンアさんが参加し、自分の見解を明らかにして注目を集めた。金さんは"デビュー以来、68ヶ月の間、東方神起は、アルバム45枚を発売し、韓国と日本などアジアでのコンサートが、なんと103回に達する。しかし、一年のうち休める日は2週間似もならない。そんな東方神起は、毎年2億ウォン程度の報酬を受けて歌手生活をした"と怒った。




金氏は、市民社会へ""東方神起の事態"を自己利益優先の戦いとして見るのではなく、人権の問題として見てほしい"と訴え、"東方神起のファンはこれからSMエンターテイメントが発売するすべてのアルバムや写真集、DVD、音源サービスなどに対する不売運動を繰り広げるだろう"と計画を明らかにした。




この日の討論会は、最終的に"東方神起の事態"が大規模なエンターテイメントの資本を軸とした跛行的な韓国芸能界の風土の一部であったことを再確認するとともに、芸能界の封建的で経済的契約関係と慣行がなくならない限り、韓国の大衆文化は、前近代的なシステムに足をとられるしかないということについて一度共感する場であった。


しかし、このような社会的公論の場が用意されてからすでに2年の時間が経ったが、まだ私たちの芸能界では、一部の不公正な姿が依然として消えずにいる。(続き)



http://www.enterpost.net/?document_srl=10636&mid=E_EnterPoster&rnd=10652#comment_10652

訳:Japan Fan Cafe JYJ Their Rooms Staff Ei

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



すべての芸能企画社が公正取引委員会で作成した標準契約書を義務的に導入すること

公正取引委員会が、SMの契約内容に対し警告、是正命令、2010年12月
東方神起のファンクラブが公正取引委員会にSMエンターテイメントが取引上の地位を乱用し、東方神起に不利益を提供したとし奴隷契約可否判定を要求した結果です。

そして、SM所属芸能人たちも新たな契約の内容に積極的に共感し、今年(2010年)の初めに、東方神起、少女時代など所属芸能人と新たに専属契約を締結した。参考記事





スポンサーサイト

[JYJ、再び幕をあげて(4)] ライブアルバムなど2次的編集物の収益はすべてどこへ?

 
[JYJ、再び幕をあげて(4)]

ライブアルバムなど2次的編集物の収益はすべてどこへ?

"韓流スター東方神起も'88万ウォン世代'(?)"

そのころ、インターネットには"東方神起- SMの専属契約の主要全文"というタイトルの文書がかなりのスピードで広がっていた。ある報道機関の法務担当チームの出入り記者のブログに公開されたこの文書には、"専属契約第2条 - 長期間の契約""専属契約第9条 - 収益分配規定"、"専属契約第11条 - 数千億ウォンの損害賠償額"などSMと東方神起が結んだ不合理で一方的な契約内容がそっくりそのまま書かれていた。


この記者は、3人のメンバーたちが、ソウル中央地方法院に出した専属契約効力停止の仮処分申込書(A4用紙28枚)を読んで見たら胸が行き苦しくなったと言いながら"韓流スター東方神起も'88万ウォン世代`だ"と皮肉ったのである。その理由は、20代は自分らの労働の対価に相応しい待遇を受けるのが、大韓民国では不可能なことなのかと思ったからだという、心苦しい指摘と共に。



東方神起が出した仮処分申請書の内容をまとめ、分析したこの文書は、世の中の多くの人々に大きな注目を集めた理由は、熾烈に展開されていた両側の真実攻防の中心で客観的に是非を下すことができる尺度になったからだ。この記事を読んだ多くの人々は、東方神起と所属事務所間の不当な契約の面々を容易に把握することができた。



この文書によると、メンバーたちの契約期間は当初2003年6月30日から始めて、最初のアルバムの発売後10年目になる日に終了することにしたが、最初のアルバム発売頃になって、2004年1月12日に13年に変更された。

また、軍の入隊など、"個人の事柄によって正常な活動ができない場合、契約期間は、上記の期間だけ自動的に延長される"という内容も同じで、"専属契約期間は事実上終身契約を意味する"というメンバーたちの主張を後押しした。

特に、アルバム収益の分配時に、正規アルバムの収益部分にだけメンバーに収益金が分配出来るように限られており、2次的編集物のライブアルバム、ベストアルバム、オムニバスアルバム、その他のコレクションなどによる収益は、すべてSMエンターテイメントの所有に規定された。

契約書は、これと共に、放送、イベント、広告、肖像権等の利益金の分配は、固定放送媒体に出演時に出演料の40%を所属事務所が持って、レギュラー出演以外のゲストおよび歌手としての放送出演料は、グループの広報進行費として全額充当するように明示されている。

東方神起はしかし、当時までの放送媒体に固定で出演したことがほとんどなかった。これは結局、メンバーたちのTV出演とこれにより発生した出演料が、"広報費"という名目で、ほとんどSMのポケットに入ったことを物語るものだった。

また、芸能活動で発生するすべての収入の中で、蓄積されたすべての運営費を除いた純然たる収入の40%が所属事務所に帰属し、メンバーたちの個人個人の収入は、それぞれ12%ずつ割り当てられていることが分かった。


違約と損害賠償請求条項は、契約違反時に、それによって発生する損害賠償とともに、申立人(東方神起)が芸能活動に影響を与える可能性のある事件や行為を起こした時それに対するすべての責任を負うようになっている。

また、そのため、芸能活動を継続することは難しいと判断された場合、メンバーの活動を停止させることができ、当事者は、会社に損害に対する賠償をするように規定されている。しかし、この場合でも、解約されるわけではないと釘を打つように書かれている。


損害賠償額は、当初、"レコード制作費及びその他のどのような形であろうとも支給されたり使われた諸般費用の3倍、残余契約期間中の予想利益金の3倍になる金額、そして、1億ウォンを別途に賠償"するようにしたが、先に述べた、付属合意を通じて、"投資額の3倍、予想利益金の2倍"に変更された。


何よりも、解約をしたいとき、所属会社とメンバーの間で双方が合意した場合にも、このような損害賠償をするように明示されており、多くの人々を驚愕させた。結局、自分たちの義務はほとんど見られないほどの過度に自社に有利に契約関係を適用したSMエンターテイメントは、社会的非難から自由ではなかった。



多くのファンは韓国の芸能界で最も代表的な企画社の一つであるSMでこのように常識外の不公正な契約行為が行われていたことに愕然とし、"(契約の内容の基準の)重心が一方的に事務所側のみ、傾いている異常な構造の不当契約だ"と悔しさを語った。特に、自分たちがこれまで買って集めていたライブアルバム、ベストアルバム、オムニバスアルバムなど2次的編集物の収入はすべてSMの所有であったことが明らかになると怒りさえ感じられないほどにがっくりしていた。



イ・スマン、"いつの時代でも、一部の悪徳業者がいるのに、すべてを同じようにひっくるめて批判する"

この問題を取材しながら、記事を整理していたら、ふと何ヶ月か前に見かけたある記事を思い出し、苦笑を浮かべるしかなかった。イ・スマンSMエンターテイメント会長が、同年4月、自身の母校であるソウル大を訪ね、学生たちを対象にした講演の内容が一部を思い出したからだ。



当時はタレントのチャン・ジャヨンさんが自ら命をたって多くの人々は、芸能企画社の不公正慣行と搾取に対して怒っていた時期だった。彼はこれを念頭に置いたように"奴隷契約"は、一部の悪徳業者の話"と主張した。

ここで<連合ニュース>に報道された講演内容の一部をまとめてみる。今読んでも顔が熱くなるのは仕方がない。

イ・スマン""奴隷契約"の一部悪徳業者の話"

イ・スマンSMエンターテイメントグループ会長は8日、企画会社と所属芸能人との間のいわゆる"奴隷契約"の問題と関連して、"人が死ぬからプロダクションは、すべて(芸能人を)搾取し、悪玉のように話しているが、そうではない。"と抗弁した。

彼はこの日、ソウル大学基礎教育院の主催で開かれた"冠岳招請講演"で、タレントの故チャン・ジャヨンさんの自殺事件を念頭に置いたように、このように述べた。

これと関連し、李会長は"我々の契約条件に、望んでいなければ、放送に出なくてもよいと書かれているし、結婚もしても良いと"とし、"いつに時でも、一部の悪徳業者がいるのに、すべてを同じようにひっくるめて批判する"と訴えた。

ソウル大学農業機械学科を卒業した彼は、学生たちに"自分が興味のある仕事、情熱ができる仕事、集中して夜を徹夜出来ることをしなければならない"とし、"情熱は、ジョン・フランシス・“ジャック”・ウェルチ・ジュニア(John Francis "Jack" Welch Jr. (1935 年11月19日~) は1981年から2001年にかけて、ゼネラル・エレクトリック社の最高経営責任者を務めたアメリカの実業家)の本を読むんだとしても作られるものではない"と述べた。

続き、"情熱を持つには関心を持たなければならない"と"関心を持つには、多くのことを見、そこに自分が自ら選択して集中しなければならない"と付け加えた。



李会長が導いているSMエンターテイメントグループは、HOTとSES、BoA、東方神起、スーパージュニアなどを排出して韓流熱風を先導してきた。後略。 (続き)

http://www.enterpost.net/10595

訳:Japan Fan Cafe JYJ Their Rooms Staff Ei
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

東方神起5人が一緒にするように努力すること

2009.10.28 12:17
(ソウル=連合ニュース) イウンジョン記者 = 所属社を相手に専属契約効力停止訴訟を進行中の東方神起三人のメンバーシアジュンスとヒーロージェジュン, そしてミッキーユチョンは "今回の裁判所の決定は他の二人のメンバーにも当たるのでできれば 5人が共にできるように努力する"と側近を通じて 28日言った.

裁判所はこれら 3人が去る 7月末所属社である SMエンターテイメントを相手で専属契約効力停止仮処分申請を出したところついて, 去る 27日東方神起三人のメンバーの独自芸能活動を保障しなさいという専属契約一部効力停止決断を出した.



三メンバーの訴訟を進行した関係者は 28日連合ニュースとの電話通話で "裁判所の決定を通じて契約条件の不当さが証明されたから今週中に本案訴訟を進行すること"と言いながら "訴訟に参加しない二メンバーと対話も始める"と言った.

引き継いで "三人のメンバーが独自的に活動することもできるが一番重要なことは東方神起が割れてはいけないから一番良い方法は 5人が一緒にすること"と言いながら "今回の決定が他の二人のメンバーにも該当するだけに, できれば彼らとも行動を一緒にするように努力すること"と付け加えた.

三メンバーは年末まで国内で東方神起の公演, 広告など外部活動計画がなくて来年から活動する方向を考慮中だ.

27日裁判所の決定が下ると歌謡界では東方神起の今後の方向に対するさまざまな推測が再び出回っている.

三メンバーが 3人組みで活動するために巨大アルバム企画社の門をノックすることだとか, 三人のメンバーがアルバム企画社を調えて活動するはずだというなどの多くの活動方向が挙論される中だ.

また, もし 3人組みで活動する場合, SMエンターテイメントとの関係などを考慮してアルバム活動よりはドラマや海外活動に力を注ぐはずだという推測も提起される.

しかし三人のメンバーの関係者は東方神起は解体されてはいけないという考えが確固な位、今後の東方神起の持続性可否に対しては見守らなければならないことだと伝えた.

http://media.daum.net/entertain/enews/view?newsid=20091028121506068
翻訳機使用


一番重要なことは東方神起が割れてはいけないから一番良い方法は 5人が一緒にすること
今回の決定が他の二人のメンバーにも該当するだけに, できれば彼らとも行動を一緒にするように努力すること
↑(記事内より引用)
3人は、一貫して東方神起を壊したくないと言っていました。
そして、今回の仮処分の決定内容は二人にも当てはまる、本訴訟は5人一緒にしたいと言ってました。

公正取引委員会、SMに是正命令...契約期間10年→7年 2010-12-23

2010-12-23 14:39

[イーデイリーSPNバクウンビョル記者]グループ少女時代、スーパージュニア、シャイニーなどが所属する芸能事務所SMエンターテイメント(以下SM)が所属のアーティストたちとの不公正な契約に関連し、公正取引委員会(以下公取委)から警告と是正措置を受けた。

公正取引委員会は23日、"SMが芸能人や練習生と締結した不公正な専属契約については、自主的に是正を勘案して警告措置し、自主的に是正しながら練習生と一律に3年の延長契約した行為に対して是正命令した"と明らかにした。

今回の公取委の決定は、昨年の東方神起のファンクラブが公正取引委員会にSMエンターテイメントが取引上の地位を乱用し、東方神起に不利益を提供したとし奴隷契約可否判定を要求したことによるものだ。

SMは、公正取引委員会に摘発された違反行為は、不公正な専属契約締結行為(長期の専属契約期間、過度な違約金条項、一方的なスケジュール条項)と芸能人の具体的な事情を考慮せずに、海外活動のための追加の延長契約をした行為だ。

公取委によると、SM所属のアーティストたちの専属契約期間は、『契約締結日から13年またはデビュー日から10年以上』だった。SMはこれを『デビューした日から7年』に修正した。

また、これまでSM所属のアーティストたちは、契約の解約時の総投資額の3倍、残余契約期間中の推定利益の2倍を賠償しなければならなかったが、今では契約の解除時点直前2年間の月平均売上高に契約の残りの期間の月数を乗じた金額のみ違約金として支払えばよい。

また、『自社制作放送物に優先的に出演しなければならない』という条項も『マネジメント活動について、いつでも自分の意見を提示することができ、SMが不当な要求をしている場合、拒否 ​​することができる』とし、アーティストたちの自主性を尊重した。

今回の公取委の措置で、SMに所属するアーティストたちは、不当な契約の被害から解放され、SMを離れた東方神起3人(現在のJYJメンバーのジェジュン、ジュンス、ユチョン)との専属契約関連の法的紛争にも相当な影響を及ぼすものと見られる。

これにSMは23日午後、報道資料を通じて、『不公正な専属契約につきましては、既に自主的に是正し、練習生と一律の追加延長契約の是正措置については受容する』と話した。

引き続き『公正委の標準約款を大幅に反映した新しい専属契約書を作ることになった』とし、『所属芸能人たちも新たな契約の内容に積極的に共感して今年の初めに新たな専属契約を締結し東方神起、少女時代など所属芸能人と新たに締結した現在の契約が認められた。今後も、公正取引委員会との協力を通じて、より高度な合意を導き出すのだ』と立場を明らかにした。


http://news.naver.com/main/hotissue/read.nhn?mid=hot&sid1=106&gid=330818&cid=307105&iid=10434889&oid=018&aid=0002360234&ptype=011
翻訳機使用




東方神起ファンの公正取引委員会への申告により、SMの奴隷契約の一部は是正されました。

『不公正な専属契約につきましては、既に自主的に是正』
『仮処分訴訟は、「不当な専属契約」、「人権」、「奴隷契約」によって起きた事件ではありません。 化粧品事業で始まった金銭的誘惑によって、起きた訴訟です。結局、この程事件の本質は「人権」と「奴隷契約」という言葉で包まれた、大国民的詐欺であることです。このような詐欺の結果、困難の乗り越え、積み上げてきた「東方神起」が崩れ、当社は莫大な経済的な損失および会社の名誉、イメージなどの損失を受けることになりました。』
2009年11月2日、こう言っていたSMですが、結局、自ら契約内容が不公正だったと認めることになりました。



一部、JYJアンチは、『SMが歩み寄り、契約内容を改正すると言っているのに、3メンバーはそれを拒否した』と言っていますが、どんな改正案を提示したというのでしょうか?
真実は、『東方神起ファンの訴えで是正させられた』です。

【メッセージ動画企画】JYJ公演関係者の皆様への感謝と復興を祈願して

JYJ日本公演が無事に終了しました。
この公演の開催には多くの茨城県の方のご協力があったことと思います。

カフェにのようなコメント頂きました。
『今回のLiveを実現してくださった実行委員会の方々や関係者の方に、JYJペンとしてお礼が言いたいです。
ファンカフェのお力をお貸し頂けませんか?
ファン達のお礼の言葉を集めて伝えられたら…と思うんです。』



そこで、
みなさまからの茨城県の公演関係者の方々への感謝のメッセージ、復興祈願のメッセージを集めて、動画を作ろうと思います。
泊まったホテルの方へ、タクシーの運転手さんへ、また会場のフードブースの方など、茨城県でお世話になった方々への感謝のメッセージ、または復興祈願のメッセージをを募集します。ご協力お願いします。
できあがった動画は、茨城県関連のツイッターアカウントへ送ろうと思っています。


①画像は、サイズ横640×縦480 これより小さいと画像が荒くなります。

②文字数が多いと読み切れない可能性があります。

③JYJ応援メッセージではありません。あくまでも、茨城県の方々への感謝のメッセージ、復興を祈願するメッセージです。
JYJメインの画像よりも、茨城の復興に繋がるような公園の写真とか、茨城県名産の写真、みなさんの会場での楽しい写真など、または手書きメッセージを写真に撮ったりしたものがいいかと思います。

④JYJ追っかけ写真や、コンサートの盗撮写真は禁止です。

⑤画像は こちらの掲示板【茨城県への感謝と復興祈願メッセージ】に置いてください。
http://xoxojyj.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=4225692
締め切りは25日まで。
(こちらの掲示板への投稿が難しい方はメールに添付でもOKです。xoxojyj@yahoo.co.jp
メールタイトルを【茨城県への感謝と復興祈願メッセージ】として送ってください。 

⑥画像に文字入れはこちらが使いやすいかと思います。http://www.bannerkoubou.com/mojiire/big/


⑦画像サイズが大きすぎて投稿できない場合はファイルの種類を変更してください。
PNG,BMPは容量が大きいです。JPEGに変更してみて下さい。




こちらは、JYJへのメッセージ集ですが参考までに。







オリコンチャートに入らなくても日本でアルバムを出したい

10月15日、JYJ日本公演でユチョンが言った言葉です。

『オリコンチャートに入らなくても日本でアルバムを出したい』

2010年3月、エイベックスから発売された3人の商品がオリコンランキングから除外されました。
理由は『活動休止中だから』、韓国の記事では『契約を解約したから』となっていますが、どちらにしても商品だけを販売してオリコン除外するとはおかしな話です。参考記事はこちら
過去に、オリコン除外されたものに、EXILEの奉祝曲 組曲「太陽の国」があります。
これは「天皇陛下御即位二十年をお祝いする国民祭典」で披露された奉祝曲です。
何故、オリコン除外かは説明不要ですね。

JYJがオリコンから除外されなければならない理由は納得ができません。



果たして、今回のアルバム『In Heaven』はオリコンランキングに反映されるか?

当カフェでは、9月8日、オリコンに下記のように質問し13日に回答を頂いています

『JYJのIn Heavenがオリコン除外の可能性があるならば、日本のJYJファンには韓国チャート反映店での購入を勧める』

oricon-0913_20111014043222.png

『In Hevan』はオリコンに反映される。3種とも内容が同じなので合計で発表される。



オリコン初週売上枚数は7381枚↓
oricon-1002.png




タワーレコード、HMVでは予約ランキングを独占し、レッド、ブルー、ブラウンともに予約で完売。
タワーレコードセールスランキングも当然トップだったのは、JYJファンのみなさんには周知の事実です。
それなのに、7000枚しか売れてない?と思い、オリコンへ問い合わせをしました。これについては、当カフェで先日、記事にしています。こちら

決済が完了した時点で反映されます。今回の期間は9月26日~2011年10月2日のためではないかと思います。次回の反映は10月3日~10月9日分で10月12日に出ます。」(オリコン広報部男性)

みなさんの手元に届いたアルバムの多くが2週目にカウントされるのではないかという事でした。


さて、2週目のオリコンチャートはというと、アルバム総合週間ランキング8位、18930枚 オリコンランキングはこちら

連日予約トップで、どうしてこれだけの枚数しか売れていないのかと調べたところ、
HMVのセールスランキングに、ブラウンしか上がっていないことがわかりました。
この件も、先日当カフェ記事でご報告しましたが、『レッドとブルーは予約トップであったが、予約枚数分を入荷できなかった、出荷できのはランキング100位にも入らないほどの枚数だった』とHMVの方から回答を頂きました。

確かに、HMVやアマゾンでレッド、ブルーをキャンセルされたとファンからも情報をたくさん寄せて頂きました。
売れるはずだったのに、製造が間に合わなかった。ブラックの販売が反映されるであろう3週目、そして10月度月間ランキングに期待しようと思っていたところ、このような記事を知りました。
http://blog.livedoor.jp/ustan777/archives/51863103.html

この記事によると、オリコンに反映されている『In Heaven』はレッドとブラックのみ。

ですが私どもカフェでは、9月13日にオリコン広報担当者から、 
『JYJのIn Heavenはオリコンに反映される。当時販売予定であった3色は合計数で発表される』とメールで回答を頂いています。

レッドとブラックだけしかカウントされていないのか、もう一度オリコンに質問メールをしてみました。
その回答がこちらです。

『このたびは、お問合せをいただき誠にありがとうございました。
JYJのアルバム『イン・ヘヴン』のランキング集計につきましては、レッド、ブルー、ブラウン、ブラックの4種ともすべて集計対象といたしております。
お問合せの件は、「you大樹」の「アーティスト&楽曲検索」画面にて、ブラックとレッドの2種しか検索されないことによるものと拝察しますが、「you大樹」の「ヘルプ」にも記しておりますように、輸入盤につきましては、検索では弊社で把握している商品のうちの一部の商品しか表示されません。
ご不便をおかけし誠に恐縮ではございますが、上記ご理解賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。 オリコン広報企画部』




『オリコンチャートに入らなくても日本でアルバムを出したい』


昨年のオリコン除外の時も、『ファンが傷ついた』と私たちのことを心配してくれたJYJメンバーたち。

もう二度とこのような理不尽なことは許しません。
アルバムを出してオリコン反映店で購入すれば、必ず、オリコンランキングに反映されるのが当然です。

3週目、10月末月間ランキングには反映されると信じて待ちましょう。

JYJ商品、オリコン除外

JYJ側の"日本オリコンチャート除外、不当な仕打ち"
2011-03-09 10:42

グループJYJのアルバムが日本オリコンチャートの集計から除外され、ファンの不満が高まっているなかで所属会社側が"不当な仕打ち"との立場を明らかにした。

JYJ側関係者は9日午前スターニュースに"エイベックス側がJYJの日本での活動を防ぎながら音楽販売の権利は主張して利益を得るのはばかげている"と伝えた。引き続き"国内と同様に、日本でもJYJを待つファンの傷になることが繰り返されて残念だ"と言いながら"JYJに関連するアルバムが発売されたことについて、アーティスト側と全く協議もなかった。一日も早く是正されることを希望する"と悔しがった。

最近、日本の権威あるアルバム販売集計サイトのオリコンチャート側は"JYJのDVD"Memories in 2010"とアルバム"THANKSGIVING LIVE IN DOME LIVE CD"をチャートランキング対象から除外することにした"という内容の知らせをあげた。オリコン側によると、JYJの両方のアルバムは、権利者であり、発売元のエイベックスからアーティスト活動に対する契約が解約されたので、このような決定を下ろすことになった。JYJの日本活動中断に応じて、アルバムのすべての宣伝、販促活動をしないという前提の下での発売を検討してきたが、市場の活性化のために発売された。しかし、この商品をランキング集計対象からは除外することにしたというのが、オリコン側の説明だ。

一方、エイベックスは、昨年9月、ジェジュン、ユチョン、ジュンスの3人が結成したJYJの日本での活動を中断すると電撃的に宣言した。当時、エイベックス側は"韓国で東方神起の3人がSMエンターテイメントと専属契約問題で葛藤をもたらしている中で、彼らと当社との専属契約自体が無効とされる。この3人の日本での活動支援を電撃的に中断する"と明らかにした。

http://news.nate.com/view/20110309n08176
翻訳機使用


JYJ"オリコン除外、収益創出に活用だけ当該、残念だ"公式立場
2011-03-09 12:41

JYJ(キムジェジュン、キムジュンス、パクユチョン)のDVDとアルバムが最近、日本のオリコンチャートから除外された。オリコン側は7日、セキュリティ情報で"2日に発売されたJYJのDVD"メモリースの2010年"とアルバム"テンスギビンライブインドームライブCD"はランキングの対象から除外することにした"と公示した。

理由はJYJのアルバムとDVDの所有者および発売元のエイベックスがJYJとの契約を解約したからだ。これに対し、JYJ側関係者は3月9日のニュースエンと通話で遺憾の意を表した。この関係者は"エイベックスがJYJに解約を通知してからも、これらを活用して収益を上げている。このようなビジネス構造は、修正されて当然だ"と公式立場を明らかにした。続いて、"今回の事件で傷ついてがっかりしたファンにも申しわけない"と述べ、"円満に解決できるよう努力する"と語った。

一方、エイベックスは、昨年10月ごろにJYJを事実上、撤退させ、ユノ、チャンミンに対しては全面的支援を約束した。

http://news.nate.com/view/20110309n12293
翻訳機使用

Cjes公示の違法サイトへの当カフェの対応

先日Cjesで告知されました違法販売サイトの件ですが、
JYJ_JAPANのあやさんが、他のファンサイトにも違法販売サイトの設立者の方は、声をかけていた、というようなこと書いていらしゃいました。
確かに当カフェにも接触がありましたので、その違法販売サイトの設立者の方とのやり取りを公表し、当カフェの取った行動を皆さまに公開したいと思います。
JYJ_JAPANさんの説明文は、【続きを読む】にあります。


私どものカフェにも9月の初旬頃、違法サイト設立者から共同運営パートナーにと誘いのメールがありました。
私どもがそのサイトを見た時は、JYJ_JAPANというサイト名ではありましたが、口座番号などはまだ入っていない状態でした。


サイト管理人は、JYJの3名とは知り合いで、サイト設立はCjesの許可を取っているとメールにはありましたが、
私どものカフェは、これは、JYJの肖像権を侵害する行為であり、Cjesが許可するはずのないことだと判断し、残せるものはすべて保存し、Cjesへこの違法サイトについて報告しました。実際には、私どもカフェはCjesと連絡を取る方法を持っておりませんので、数日間数回Cjesへメール送信を繰り返しました。


現在、Cjesは、日本活動再開の為にavexとの訴訟中です。
JYJのイメージを悪くし、日本活動を遠ざけるような問題が起こってはならない、と考えます。


JYJの肖像権を許可なく利用して、利益を得ることは、もちろん違法ですが、そういったサイトに入会し、商品を購入してしまうと、ファンも気が付かないうちに、大好きなJYJの権利を侵害する加害者になります。
このサイトがオープンされる前に、Cjesからあのような告知が出て、本当に良かったと思います。

ですが、このような違法サイトは許されませんし、日本ファンが、JYJのイメージを下げる行為を行ってはいけません。

日本ファンの皆様は、私達と一緒に、『JYJファンサイト』『JYJファン』とJYJの名前を使う事の責任について考えていただければと思います。

JYJ_JAPANさんは、もしご自分が被害者でいらっしゃるなら、すぐさま、警察にご相談されるべきだと思います。




下に私どもカフェと、違法サイト管理人とのメールと、Cjesへの報告メールを公開します。

なお、私どもは最初からこの話を違法であると思っていましたが、相手の事を聞き出すために多少興味のあるふりをした内容になっていることをご理解の上、お読みください。



kin1006-1.png

kin1006-2.png

kin1006-3.png

kin1006-4.png

kin1006-5.png



kin1006-6.png

kin1006-7.png

続きを読む

『JYJ』の名を使いファンサイトを運営する上での当カフェの考え

cafe_20111005202619.png
《 Wake Me Tonight 》発売日まで
プロフィール

xoxojyj

Author:xoxojyj
このブログは
【FanCafe JYJ THEIR ROOMS】
が運営しています。

彼らの真実と、ルーマ検証
彼らの言葉が聞こえる記事を中心に
まとめていきます

記事持ち出しについて
当ブログの記事はJYJファンブログへの持ち出しはOKです。 記事元URLや翻訳者名が記載されている物は、そこまですべて転載でお願いします。 SM所属芸能人を応援しているブログ等への持ち出しはご遠慮ください。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
フリーエリア
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。