スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キム・ジュンス主演男優賞受賞に劣らない受賞所感が感動だった理由

2012/10/3006:10 inホットイシューHot Issue



JYJのキム・ジュンスが "第18回 韓国ミュージカル大賞" で主演男優賞を受賞しました。アイドルが戦略的な理由でミュージカルに出演することは多いが、この偉大な賞を受賞する境遇がないという点で、キム・ジュンスの今回の受賞は格別としか言いようがありません。


アイドルという偏見を破り、確実な自分の地位を固めたという点も凄いです。 SMとのうっとおしい法廷攻防でも地上波を始めとした放送出演ができなくなっている彼らに突破口として探すしかなかった演技で、最高の存在感になったという事実は凄い事として迫ってくる。



主演男優賞受賞に劣ることない、胸を熱くする所感



JYJのメンバーであるパク・ユチョンとキム・ジェジュンがドラマ俳優として完全に地位を固めたのとは異なり、キム・ジュンスは音楽の作業とミュージカルだけに集中しました。互いに演技する空間の枠組みは異なるものの、彼らは結局最高の存在感で腰を据えました。


jc-20121031-1.jpg



東方神起の5人からJYJの3人に分離した状況で論議は多かったです。依然としてその論議は彼らを手に負えなくし、前所属事務所であるSMが自分たちの力を利用して通常の活動を妨害していることも現在進行形です。このような状況で彼らが選択した演技が、彼らの存在価値を確認させてくれる役割をしてくれるという事実は嬉しいとしか言いようがありません。



キム・ジェジュンが日本のドラマを皮切りに国内で2本のドラマを撮り、本格的な俳優としての地位を固め始めたのです。そして映画 "ジャッカルが来る" でスクリーンにもデビューして、全天候型の俳優としての存在感を高めているところです。ドラマ俳優として確実に定着したのはパク・ユチョンですね。開始から話題と関心を集めた "成均館スキャンダル" は、デビューと共に主人公を引き受けたパク・ユチョンの真価をそのまま現わした作品でした。

単にアイドルマーケティングの一環ではなく、真の演技者パク・ユチョンの存在感を知らしめたという点でこの作品は凄かったですね。以後次々とドラマ出演をすれば話題と感動を引き起こした彼は、自身として4番目のドラマである "会いたい" の放送を控えています。



このように同じメンバーがドラマで旺盛な活動をする中、キム・ジュンスは放送がない舞台を選択しましたね。ドラマ演技よりも歌が主となるミュージカルに関心を持った彼の選択は大成功でした。 3年前 "モーツァルト" でデビューしたキム・ジュンスは、デビュー当時は多くのアイドルがミュージカルに活用されるようにマーケティング用キャスティングという話をたくさん聞きました。


しかしいざ蓋を開けると、キム・ジュンスが他のアイドルとは次元が違う存在であることが確認されましたね。ただのチケットパワーのためのマーケティング手段ではなく真のミュージカル俳優としての価値を、彼は自から証明し、やり遂げましたからね。卓越した実力で舞台を掌握し、自分がただのアイドルチケット販売員ではないことを示してくれました。ただ単に舞台の一枡を占めるレベルではなく、"モーツァルト" 全体の責任を負う重大な存在感を現わしたという点でキム・ジュンスのミュージカルデビューは衝撃でしたね。


jc-20121031-2.jpg



彼のミュージカルは全て売切れになってチケットパワーの地位もはっきりと見せてくれたし、頑固だというミュージカルの観客に認められるほど彼はミュージカル俳優として確実な地位を固めた人物ですね。これまで毎年授賞式で人気賞を独り占めしていたキム・ジュンス。彼に惜しかったのはファンが選んだ人気賞も有難いが、彼のミュージカルの能力を検証することができる本賞受賞でした。そのような点で今回の主演男優賞の受賞はキム・ジュンスには特別な意味を持つほかはないでしょう。



"ミュージカルをする時に最初に本当にたくさん勇気をくれたメンバー、ユチョン、ジェジュン、心から感謝申し上げます。そしてEMKの家族、ミュージカルをすることができるように沢山励ましてくださいました。ミュージカルのミューの字も知らなかった私を俳優というタイトルをつけてくださった多くのスタッフの方々と俳優の方々に心より感謝申し上げます"

"実はミュージカルは、ミュージカルだけでなく意味が格別です。なぜなら私がミュージカルとして再び舞台というところに立つことができたし、ミュージカルとして舞台で歌を歌うことができたし、ミュージカルでこういう授賞式に招待されることができたし、永遠に受けれないような賞も授かれた"


受賞者として呼ばれ、受賞の所感を言う前から涙を流すほかなかったキム・ジュンスは、自身がこのような賞を授かることになったという事実に多くの人々に感謝を捧げました。両親と国内マネジメントを担当するシージェスとミュージカル俳優とスタッフみんなに感謝をする彼の姿は感激感でいっぱいでした。


jc-20121031-3.jpg



JYJメンバーのユチョンとジェジュンにも深い感謝を申し上げて、重要な話をしました。彼がミュージカルに特別な意味を持つほかなかった理由の為でした。前所属事務所であるSMにより放送活動が挫折した状況で、JYJは大変な時を持つしかなかったのですね。



歌手であるのに地上波とケーブルの音楽番組に立つことすらできないという事実は彼らにとって大変な時間に違いなかったでしょう。自身を離れて新たなスタートをするという理由で、不当な方法で足かせをかせようとしていた巨大企画会社の横暴のために3年以上正常な活動をしていなかった彼らに、演技は新たな突破口になるしかありませんでした。



ミュージカルを通じて舞台に立てたし、歌を歌うことができて自分にはミュージカルが特別な意味を持っていたと言うジュンスの姿が胸を熱くさせるのは当然です。巨大企画会社の力で放送まで停止されたまま大変な時間を送らなければならなかった彼ら。彼らが見つけた突破口である演技を通して、SMの呆れ返る攻撃さえ無気力にさせたまま真の演技者に生まれかわったJYJは、真の勝者に違いありません。



授賞式直前に一部のメディアを介してキム・ジュンスの出演料が1回あたり6千万ウォンを貰ったと非難する記事が出たりしました。このような記事は自然にキム・ジュンスに対する非難世論を作ってたのです。他の有名なミュージカル俳優と比べてあまりに莫大な費用を貰うキム・ジュンスに対して批判的な世論が形成されるしかなかったためです。



jc-20121031-4.jpg



しかし、"エリザベート" の制作社EMKミュージカルカンパニーは、報道と関連して事実無根だと明らかにしました。総製作費95億ウォンであり1回あたりの製作コストが8000万ウォンだが、俳優一人のギャラで75%を使用したのは有り得ないこととして、言論仲裁委員会に訂正報道を請求すると明らかにしました。



常識的に理解できない主張を何を根拠にしたか知ることはできないが、これまで着実に進めてきた巨大企画会社が行った横暴の一環として見ることが公正なようです。知れたレベルの一部のマスコミがJYJがうまくいくことは決して見せないとして露骨な非難を浴びせる精神異常レベルの記事が頻繁に登場してたのでね。依然として非・理性的な力が彼らを耐え難くさせているが、これに屈せず自分に与えられた仕事に最善を尽くすJYJの姿は魅力的に迫るだけです。もう、もう少し活発な活動でこれまで奪われてきた時間に対する補償を受けることができてることを期待しています。




内容を気に入られましたら指マークを押してください。
ログインされていなくても推薦は可能です^^



訳:Japan Fan Cafe JYJ Their Rooms Staff sora

*指マーククリックにご協力ください。
JYJの記事は、韓国でも【JYJ】と検索しなければ出てきません。指マーククリックで閲覧数が上がると上位に表示され、JYJファン以外の方にも読んでいただける可能性が高くなります。
指マーククリックのために、この記事は、持ち出し禁止とさせていただきます。こちらへのリンク紹介でご協力いただけるとうれしいです。
スポンサーサイト

【JYJ UNFORGETTABLE CONCERT IN JAPAN】DVDの追加販売希望署名 @JVD_info

【JYJ UNFORGETTABLE CONCERT IN JAPAN】DVDの追加販売希望署名 @JVD_info


株式会社ジェイ・ブイ・ディー様   C-JeSエンターテイメント様

10月18日予約開始2時間で限定5万本が完売となったDVD
【JYJ UNFORGETTABLE CONCERT IN JAPAN】の追加販売していただけますようお願い致します。

販売サイトに繋がることも難しくわずか2時間で完売になり、待ち望んでいた多くのJYJ日本ファンが購入することができませんでした。
追加販売のお願いと、更には、JYJを愛するファンみんなが購入できますように受注生産、もしくは、JYJファンサイトと連携しJYJファンサイトメンバー優先で販売していただけるようにお願い致します。

なお、この署名は、10月末時点での署名数画面をプリントしJVDとCjesへ送付する予定です。



両国とひたちなか公演に参加できなかったファン、韓国、海外公演にはなかなか行けないファンが、コンサートの感動を体感できる、JYJファンには待望のDVD発売でしたが...
昨日の予約注文で購入できなかった方があまりにも多く、転売目的の方が早速オークションに出品を始めています。コピーして販売しようという出品者もいます。(商品が手元にないものの出品はヤフーオークションで禁止行為とされていますし、コピー商品の販売は著作権侵害です。「買う」ことは業者を増やし値をあげることに繋がります。)


既に多くのJYJファンが、JVDに追加販売のお願いをしていますが、私どもではその声を署名という形で一つにまとめて提出できないかと考えました。
日本活動がないなか応援を続けてきたJYJを愛するファンのみなさんが、ひたちなかに行った人も行けなかった人もJYJとの思い出を共有できますように、発売元のJVD様とC-JeSに追加生産と販売のお願いをします。

署名のご協力をお願いします。
http://twitition.com/qz26p

ツイッターアカウントでの署名ですので、ツイッターの登録、アカウントへのログインが必要です。

アイホンでも同じ画面です。↓
syomei-20121019.png


スマホは
「携帯画面」ではなく「PC画面」で操作してください。

携帯は
jigtwi(PCサイトビューアー)というアプリ(無料)を使えば署名出来ます。
http://jigtwi.jp/







調停記録から明らかになる『活動休止に対するJYJ公式立場』内容の詳細

小野氏が調停記録記事を書いており、活動休止までのJYJとAVEXの話し合いの様子が明らかになりました。
AVEXの活動休止プレスリリース発表翌日にJYJは声明文を出していますが、小野氏の記事から、この内容についての詳細がよくわかります。

小野氏の記事をこちらで書く事はできませんので、
JYJの公式立場全文から活動休止に至るまでの経緯をもう一度読んでいただけたらと思います。




2010/09/17 11:37記事

<公式立場全文>

シージェス代表は暴力団と関係がありません。

過去の前科は事実ですが、暴力団との関係で判決を受けたのではありません。エイベックスは東方神起3人との契約に先立ちこれに対する事実を認知しており、-①この内容は専属契約の不履行ではないので、契約の解約や活動停止の理由になることはできません。

数ヶ月前、エイベックスは、このような理由を挙げてシージェスを除外する契約を要求-②し、東方神起3人は日本国内での円滑な活動のためにこれを受け入れて再契約議論に誠実に参加しました。-③

しかしエイベックスは既存契約内容とは異なり、3人に一方的に不利な条件を出して-④きて、これを拒否する-⑤とシージェス代表の暴力団連携理由を挙げて契約解除の立場を明らかにし、その後最終活動中止通知をすることに至りました。

このような内容が議論されている中にも東方神起の3人はファンとの約束を守るためにエイベックスが主催したすべてのスケジュールを誠実に遂行し、円満な合意を達成するために努力してきました。


2)東方神起の3人は被害者です。エイベックスは契約変更を強要-④している途中、東方神起3人がこれに応じなかったため、東方神起3人の意とは無関係に一方的に活動中断を宣言しました。

エイベックスは東方神起3人との契約以後、最近までエイベックスが主催した各種コンサート出演、シア·ジュンスのソロアルバム発売、エイベックス所属歌手のミュージックビデオ出演をはじめ、最近の3人のアルバム"The ..." 発表に至るまで自社収益創出のためのいくつかの活動に東方神起3人を参加させました。

しかし、数ヶ月前からエイベックスはシージェス代表の過去経歴を口実に、東方神起3人に既存とは異なる不利な条件-④を出してきて、これを断ると契約解除を論じ-⑥ては、彼らの足首をつかむために一方的に活動停止を通告-⑦しました。

これは、エイベックスが東方神起3人から取れる収益は取って、その後、日本の他のエージェントと契約を出来なくさせ、日本の活動の通路を阻んだ仕打ち-⑧だと言えます。東方神起3人は日本国内活動を中断する意思は全くなく、今回のエイベックスの発表はひたすらエイベックスだけの一方的な措置でした。


3)エイベックスは、ユチョン、ジュンス、ジェジュンの3人に対して契約を休止するという報道文を発表したが、SMエンターテイメント所属の東方神起5人については契約が有効であると明示して、論理に反する立場を固守しています。

これに対してユチョン、ジュンス、ジェジュンは "このようなニュースを伝えることになって、ファンに申し訳ない気持ちである。エイベックスとの円満な合意のために誠実に対話に臨んだにもかかわらず、このような活動中止通知を受けることになって非常に残念な心情である。今回のことをきっかけに、エイベックスが私達の3人をアーティストとして扱うというよりも、自社利益の道具として利用したという考えを振り切ることができない"とし、"これにより、日本のファンとの出会いも約束できなくなって苦しい気持ちだけだ。これを解決するためには、ファンの皆さんの積極的な支持と関心が必要である。日本国内活動再開を通じて一日も早くファンに会えることを願っている"との立場を明らかにしています。

また、今回の契約の件と関連して法律的業務を担当する法務法人世宗のイム·サンヒョク弁護士は"自社の欲を満たすことができないといって代表的な韓流スター東方神起3人の足を強制的に縛るということは非道徳的な仕打ちだ"とし、"これを必ず解決して東方神起3人が日本国内の活動を円滑にできるよう努力を傾けるだろう"と言った。

訳:Japan Fan Cafe JYJ Their Rooms Staff *U




① AVEXは、ベク氏の経歴を知った上で契約したにも関わらず、
② それを理由にベク氏を外し、3人と直接契約することを求めてきた。
③ JYJは、日本活動を続けるために、ベク氏は外れて、3人とAVEXが直接契約する話し合いを持った。
④ ところが、AVEXは、最初の契約とは違う、3人に不利な契約内容を要求してきた。
⑤ 3人に不利な契約を拒否する。(AVEXはベク氏を外したいが、3人側はAVEXの3人に不利な新しい契約は締結できない。)
⑥ 契約合意解除の話し合いを進めてきた。
⑦ 解除の話し合いを進めてきたにも関わらず、AVEXは一方的に活動休止のプレスリリースを発表し
⑧ 日本の他のエージェントと契約を出来なくさせ、日本の活動の通路を阻んだ。




AVEXとCjesの契約締結の話し合いの様子、3人に不利な契約の内容、契約解除の話し合い、解除の話し合いをしていたはずなのに公開されたのは活動休止のプレスリリース

小野氏の記事から、これらの詳細がわかります。
小野氏メルマガはこちら→http://www.mag2.com/m/0001552211.html
何度か書き直されているプレスリリースについてはこちら→ http://www.premiumcyzo.com/modules/member/2011/12/post_3014/



最終的には、AVEXは契約解除ではなく活動休止にすることで、3人が他の事務所と契約することを阻み日本活動をできないようにして、私たちJYJ日本ファンから『JYJと会う機会』を奪いました。


JYJ3人は、AVEXが契約金を出して買ったAVEXの商品であり、AVEXの利益創出のための資源である。というAVEXの考えは、SMと全く同じです。(SMの場合は契約金もありませんが)



東京地裁におけるエイベックスとC-JeS(と相撲協会)の裁判次回期日は、2013年1月18日。判決ということです。(小野氏ブログより)

このような人権侵害が許されることのないように、
1月18日、JYJ勝訴判決が宣告されることを強く願います。




当カフェの記事は、出処表記の上での持ち出し、リンクはOKです。報告は不要です

JYJ勝訴!  『アメリカ公演賠償責任はない』

ニュースエン 原文 記事転送2012-10-07 10:40

JYJがアメリカ地域公演と関連した訴訟で勝訴した。

ソウル高裁民事31部(部長判事イ·ドンウォン)は、米国のプロモーターと公演譲渡契約を結んだ公演企画会社C社債権者金某氏がJYJの所属社シージェスエンターテイメントを相手に提起した1億2,500万ウォン台の回収金請求訴訟で、原告棄却判決したと10月7日明らかにした。

裁判所は"原告が提出した証拠で所属社(C-jes)側は、その公演の一部の権利をC業者に譲渡したことを承認したと認めることはできない。C社が公演準備のために様々な契約を締結し、費用を支払ったのは所属社を代理した業者と締結した契約を履行するためのもので、所属社の事務を処理したものと見ることができない"と説明した。

続いて"所属社側が公演無料化を決めた後、費用を精算しなかっただけでC社を騙す欺瞞(ぎまん)行為をしたと認めるには不十分である。不当利得返還や事務管理費償還を請求することができない"と付け加えた。

JYJは、去る2010年10月の最初の正規アルバム"ザビギニング"(The Beginning)を発売し、アジア、アメリカなどで有料公演を決定した。 C業者は、香港、米国公演進行業務を担当していた。

公演を準備していたJYJは米国内の就労ビザ発給を受けられず、所属社側はアメリカ公演を無料に切り替えて公演を終えた。

これにC業者債権を持っていた金氏は、 "所属社側が無料化に伴うコスト精算を条件に撤退を要求したが、公演後、これを保障しなかった"とJYJ所属会社を相手に1億2,500万を返せという訴訟を起こした。
[ニュースエン、ファンユヨン記者]

http://news.nate.com/view/20121007n02980

訳:Japan Fan Cafe JYJ Their Rooms Staff *U




裁判所 "JYJアメリカ無料公演、所属社に賠償責任はない"
聯合ニュース 記事転送2012-10-07 09:02


(ソウル=連合ニュース)ハン·ジフン記者=

就労ビザを受けられず、無料で開催したJYJの米国公演と関連して、チケットの販売権を渡したと主張する現地公演企画会社の債権者がJYJ所属社を相手に損害賠償を請求したが、裁判所から棄却された。

ソウル高裁民事31部(イ·ドンウォン部長判事)は公演企画会社コントラモータースポーツの債権者金某(41)さんがJYJの所属社シージェスエンターテイメントを相手に提起した合計1億2千500万ウォン余りの回収金請求訴訟で1審と同じように、原告敗訴の判決を下したと7日、明らかにした。

裁判所は "コントラモータースポーツがチケット販売代金の支払請求権を譲り受けた時にJYJの所属事務所がこれを同意するとか承諾したという点を認めにくい"とし、 "米国公演に関する権利を適法に譲り受けたという原告側の主張は受け入れられない"と判示した。

裁判所は"JYJの所属社がコントラモータースポーツを欺いたとはみられず、故意や過失で違法行為をしたと認める証拠もない"と付け加えた。

キム氏はコントラモータースポーツがワーナーミュージックコリアなどを通じた数回の契約を経て、米国公演の権利と義務を得、公演の準備に必要な費用を出したが、突然の無料公演でチケットを販売することができなくなって損害を被ったと訴訟を起こした。

http://news.nate.com/view/20121007n01928

訳:Japan Fan Cafe JYJ Their Rooms Staff *U


*お願い*
当カフェの記事は、『持ち出し禁止』の表示がない限りJYJを応援するブログには、出処(翻訳者がある場合は翻訳者まで)を表記の上での持ち出しはOKです。(SMタレントを応援するブログには禁止)
『持ち出し禁止』表示のあるものの持ち出し、または出処を表記していただいていないブログがあります。
持ち出し禁止記事は当カフェへのリンク紹介を、持ち出しOK記事は出処表記のご協力をお願いします。




関連記事を【続きを読む】に追記しました。

続きを読む

《 Wake Me Tonight 》発売日まで
プロフィール

xoxojyj

Author:xoxojyj
このブログは
【FanCafe JYJ THEIR ROOMS】
が運営しています。

彼らの真実と、ルーマ検証
彼らの言葉が聞こえる記事を中心に
まとめていきます

記事持ち出しについて
当ブログの記事はJYJファンブログへの持ち出しはOKです。 記事元URLや翻訳者名が記載されている物は、そこまですべて転載でお願いします。 SM所属芸能人を応援しているブログ等への持ち出しはご遠慮ください。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
フリーエリア
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。