スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

所属事務所の 『芸能人奴隷契約』裁判所 『人格権などの侵害して無効』


ハンギョレ 原文 記事送信2012-12-23 20:45


[ハンギョレ]芸能人に一方的に不利に書かれた専属契約は、芸能人の人格権と自己決定権を過度に侵害するため無効であると裁判所の判断が出た。

ソウル中央地裁民事50部(裁判長ソンナクソン)は、20代の女性タレントK氏が"著しく不利に結ばれた専属契約は無効"と所属事務所の代表N氏を相手に出した仮処分訴訟では、 "この契約は、職業の自由、人格権、自己決定権を過度に侵害するもので、民法103条の"善良な風俗その他社会秩序に違反した事項を内容とする法律行為"に該当し、無効"とK氏の申請を受け入れたと23日明らかにした。K氏は最近まで、テレビの人気シチュエーションコメディに出演してきた。

決定文をみると、2007年K氏とN氏が結んだ専属契約の専属期間は10年だったが、K氏が放送活動を始めた時点から計算するようになっていてK氏が病気になったり事情が生じ芸能活動を休んだら、その分を契約期間から抜くようにした。また、最初は収入を半分ずつ分けることにしたが、2010年契約を変えて車貸与費、ガソリン代、衣装代、化粧料などをK氏の分け前からマイナスにするよう追加合意した。契約を違反した場合、契約金を含めて、所属事務所がこれまで投資した直接·間接の費用の3倍を返済するようにした。

裁判所は"契約の基礎となるK氏とN氏の間の基本的信頼関係がすでに崩れ専属関係が維持されることは難しいと判断され、本案訴訟まで裁判が長くなると経済的側面 ​​を超えてK氏の職業選択の自由と活動の自由などの憲法的基本権についてまで深刻な侵害要素として作用する恐れがある"とし、"今後、N氏がK氏に迷惑行為を強要したり、K氏と第3者の関係に干渉する場合につき500万ウォンを支給しなさい"と命令した。

パクテウ記者

http://news.nate.com/view/20121223n11752


JYJとSMの訴訟が合意で終結したことから、SM側に都合のいい解釈をする方がいます。
合意であっても、SMの契約内容が不公正だったことには変わりません。

今回無効であるという仮処分決定を受けたK氏とSM東方神起契約の比較

契約期間 K氏 10年→東方神起 13年(軍服務期間を含み15年)
損害賠償金 K氏 契約金+投資額の3倍→ 東方神起 投資額の3倍+残り契約期間逸失利益の2倍、契約金はもらっていない



スポンサーサイト

≪JYJ Fan Heart Project ≫発送しました

皆様から届いたハート折り紙をC-JeSへ発送しましたのでご報告します。
19日にEMSで発送し、21日16:12C-JeSに到着しています。

まずは、今回の企画参加者の方から『お茶代に』または『送料の一部に』とご協力をいただきました。

和歌山県のT様、東京都のM様、横浜のW様、横浜市S様、札幌市A様 5名様から合計12000円

ありがとうございます。スタッフ一同感謝申し上げます。

今回の経費は、合計9344円 残金2656円
(残金は次回、何らかの活動時に使わせていただきます。使わせていただいた際はまたご報告させていただきます。)

経費内訳
送料  4500円
外箱代  198円
内箱他 2968円
お菓子 1888円(箱のパッキン代わりに)




また、参加された皆様から、私どもスタッフへの温かい言葉をいただきありがとうございます。




*******************************************

《 JYJ Fan Heart Project 》

*ドラマ活動が多くなってキム・ジェジュンを知ってくださる方々が増えました。でも海外のファンにはJYJというグループを飛び越えて依然として英雄ジェジュンに結び付けされる点が惜しいです。時間の問題だから努力してみなければなりませんね。*
該当記事当カフェ訳→http://jyjroom.blog39.fc2.com/blog-entry-819.html

このジェジュンの言葉を受けて、世界中のJYJの国際ファンは、ジェジュンだけでなく、ユチョン、ジュンスにも、私たちは「JYJ」としての3人、そして個々のアーティストとしての3人を、愛し、応援していることを伝えたいと思いました。
なんとかして3人に私たちの愛を伝えたい、それにはハートを送ったらどうだろう、と私たちは考えました。
下の案内をご覧になって、あなたも一緒にJYJに愛をこめたハートを送りませんか?

JYJ Worldwide様が、このような主旨で企画されましたProject “Our Hearts to JYJ”の日本ファン取りまとめを当カフェでさせていただきました。
http://jyjworldwide.wordpress.com/2012/11/18/project-our-hearts-for-jyj/




参加国

Australia – @JYJWorldWide (Admin B)
Brazil – @candyjaejae http://candyjaejae.com/
Chile – @JYJChile
Colombia – @JYJColombia
Egypt – @JYJ_Egypt
Honduras - http://www.facebook.com/kwavehn
Indonesia - @KJJ_INA
Italia – @yoketto
Japan – @JYJTheirRooms
Laos – @kimchi_lao
Malaysia – @ChunsaArmy
Mexico – @JaeharemMexico & @JYJFamilyMexico
Peru – @JYJPeruFC
Phillippines – @JYJ_PH
Puerto Rico – @JYJPR
Romania – @JYJRoFans
Russia – @nastik921
Singapore – @SGMiracleStars
Spain - @INAF_JYJ
Thailand - @JYJWorldWide (Admin N)
United Kingdom – @JYJUKFandom
USA – @JYJWorldWide (Admin L)

以上、22カ国

flag3-1.jpg


日本ファンからのHeart企画参加者は、422名様でした。

heart-1.jpg


私たち日本ファンは、『離れている時でもJYJと赤い糸でつながっていたるよ』という意味を込めて、皆様の心(♥)を赤い糸でつなげました。写真では分かりづらいですが、ハートの間にビーズ、下にパールを付けています。TOPの大きなハートにはベリーの香りを入れています。

heart-2.jpg


発送時に絡まらないように、それぞれハート型の箱に入れました。

heart-3.jpg

Heart-4.jpg


今回、このような企画に参加しまして、改めて皆様の想いや温かさに触れる機会を得て、JYJが作ってくれた私たち日本ファン同士の絆、世界中に広がる強い繋がりを感じました。
参加いただいた日本ファンの皆様と、企画してくださった@JYJWorldWide様に感謝すると共に、ファン同士の繋がりを作ってくれたJYJのジェジュン、ユチョン、ジュンスに感謝し、これからずっと世界中のファンと共に温かな心(heart)で応援を続けていきたいと思います。

キムジュンス 東方神起発言、結局問題はSMだった


指マーククリックにご協力ください。この記事は、持ち出し禁止です。リンク紹介をお願いします。




2012/11/30 13:02 inホットイシューHot Issue


JYJとSMの3年4ヶ月間の紛争が終わったというニュースは大変な話題を呼んだ。巨大企画会社と対立して闘って勝ち取った成果という点で、より一層大変だった紛争は、単にJYJだけの為ではなかった。スーパー甲と乙の不合理な構造を崩し、もう少し、より合理的な関係を作り出したという点で貴重な闘争だった。

放送出演が自由になった彼らが、果たしてどんな姿で登場するかもとても気になる事案になった。単独ワールドツアー中のキム·ジュンスが、最後の目的地であるドイツでのインタビューで明かした東方神起発言は大変重要である。これまであれほど間違った契約関係を改善するためと叫んできたにも関わらず、東方神起を壊した主犯がJYJだと非難していた人々には埋もれた真実だった。


東方神起の権利のためにJYJを​​突き放したのはSMだ


東方神起のファンたちは、彼らが2つに分かれた事を大変残念に思っていた。SMは憎んでも未だ東方神起のメンバー全員を愛するファンが多いという点で、ファンたちの彼らへの愛は変わらない。紛争が深刻化して浮き彫りになり論議が本格的に開始される状況下でも、JYJは東方神起に対する愛情を相変わらず見せていたという点で、彼らの真情を疑うことは難しいだろう。


jc-20121203-1.jpg



SMとしても、自分たちの代表的なブランドである東方神起を誰かに渡すとか、あるいはJYJが要求する方向に契約関係を改善する事は難しいだろう。更に "けしからん"という感情が支配し、SMに対抗するJYJをそのままにしておいてはいけないという心理的な圧力が強く支配していたのも事実だろう。

ここに企画会社の集まりで力を合わせて、これを介してJYJのような人々がこれ以上出てこないように、契約の優位性を握る戦争で負けてはいけないという彼らの執着は、結果的に論議をさらに大きくさせた。過去にあったH.O.T.の議論とは比較もできないほど強力な制裁を与え続けることで、SMはH.O.T.と同じように、JYJもバラバラに崩れると確信していた。


自分たちが巨大な力を握っていると信じて、彼らはその力で切って押さえ付けると何でも可能であろうと、JYJさえ崩壊すれば何でも可能だと信じて来た。その3年4ヶ月の間、SMを中心に企画会社らが集まって、自分たちの力で彼らの活動を徹底的に防いだのが事実だろう。ここに巨大企画会社の側に立って、SMに友好的な記事を書く連中のために、JYJはさらに厳しい状況に追い込まれるほかなかった。


重要なのは、このような厳しい闘いでもいつも自分たちに与えられた仕事に最善を尽くしたJYJは立派だった。もちろんそんなすごさには、彼らを信じ頼りにして支持したファンたちの力が重要だった。そんなファンがいなければJYJが決してこの長く厳しい闘いに勝つことは容易ではなかった。


さらに重要なことは、彼らはJYJという名前で活動しているが、東方神起という名前を忘れずにいたという点である。彼らがSMとの問題で対抗せざるを得なかったが、最後の瞬間までも "東方神起"を守り共にしたかったという気持ちは、誰もが知っている事実だ。


企画会社を中心に彼らのこのような行動を歪曲して "東方神起"を破壊した主犯で責め立てる姿は稚拙きわまりなかった。そんな彼らのために肝心の甲と乙の契約関係は埋もれて、 "東方神起"を破壊した破廉恥で、お金だけに執着する存在だと烙印を押した行動には呆れた。


"常に"早く終わって欲しい "と思っていたが、訴訟が突然終わってむしろ戸惑った。とにかく鼓舞的な結果だ。メンバーたちと連絡をとってみないとわからない"

"これまで得たことは実際は多くはない。やましいかのように作られ残念だった。3年4ヶ月前と後との大きな差がある。今後後輩たちが良い環境で活動することができる足場ができたのではないかと思う"

"東方神起という名前を決してあきらめたことがない。ただ、不公正なことに対する物足りなさであって、東方神起を去ろうとした事はなかった。だからこそより一層切なく、ファンの皆さんに申し訳ない"


キム·ジュンスは自身のソロアルバム最後のワールドツアー地である、ドイツで記者たちとのインタビューを通じて、今回の紛争の終結について喜んだ。その席で彼は一度も東方神起という名前を放棄したことがないと明らかにした。また強調するが、不公正な契約と関連して闘ったのであって、東方神起を放棄するためではないという事実だろう。

jc-20121203-2.jpg


SM時代にも東方神起が数回変化を求められた。結果的にそのままのメンバーが続いてきて、ただ噂レベルで通り過ぎていったが、彼らはそのようなことが起きるたびに、いつも共にすると明らかにしたという事実を忘れてはいけない。


現在JYJのメンバーである彼らが東方神起というグループが嫌いでSMと紛争をしたのではなく、過った契約慣行を正すために闘争をしている間に、このような状況にまでなってしまった。東方神起という名前で継続するために、そのような過った慣行を甘受しなければならないと主張する人がいるならば、それほど無知であきれる主張はない。


過ちを正すために、自分たちが持っているすべての地位を下ろし闘争した彼らは他でもないJYJの3人である。彼らは闘争で最終的にはSMから遠ざかったが、残された人々が前とは比較できないほど良い条件に変わることができたという点は、すべてJYJの力だった。


これ以上、JYJが東方神起を裏切って自分たちの利益のためにSMを出たという非難は消えなければならない。これは全く事実無根だ。彼らによって不公正な契約関係が合理的な方法に変えることができただけでも、彼らは称賛されるに値する。



指マーククリックにご協力ください。この記事は、持ち出し禁止です。リンク紹介をお願いします。

訳:Japan Fan Cafe JYJ Their Rooms Staff *U


アーティストの虚偽事実流布および名誉毀損関連の法的措置警告

2012-12-03


こんにちは、
シージェスエンターテイメントです。


当社シージェスエンターテイメントは、各種のオンラインサイトでJYJ(ジェジュン、ユチョン、ジュンス)を誹謗する目的で虚偽事実を流布して、悪意のある投稿を掲載している悪質なネチズンたちに厳重​​に警告します。


当社は、根拠のない虚偽事実を流布して、悪意のある投稿で所属アーティストを誹謗し、名誉毀損の被害を与える事例が発生した場合、直ちにサイバー捜査隊に申告して法的手続きを踏んでいます。今年だけで20人を超える不正なネチズンを告訴した事がありすべて立件されて法的措置を受けたり、未成年者の場合、学校や家族にこのような事実を知らせて警告と覚書を受けています。



最近、DCインサイドで悪意のある投稿を上げアーティストの名誉を毀損させてJYJを愛する多くのファンに傷を与えた悪質なネチズンを告訴措置ました。この警告が出た後も同じ行為をする場合、サイバー捜査隊に依頼して、強力措置する予定であり、合意なしに法的手続きに沿って措置することをもう一度強調します。


http://www.c-jes.com/ko/news/detail.asp?document_no=161&seq=366&searchType=&searchStr=



JYJ、悪性ルーマー·ネチズンとの戦争を宣言
スターin 原文 記事送信2012-12-03 18:55
[イーデイリースターinジョウヨン記者]

グループJYJ(ジェジュン·ユチョン·ジュンス)の所属事務所シージェスエント円メントが不正なインターネットユーザーとの戦争を宣布した。虚偽事実の流布などを日常的に行う悪質ネチズンから所属アーティストを保護するための厳重な警告だ。

シージェスエンターテイメント(以下シージェス)は3日、公式ホームページにあげた警告文を通じて、 "当社は、根拠のない虚偽事実を流布して、悪意のある投稿で所属アーティストの誹謗中傷、名誉毀損の被害を与える事例が発生した場合、直ちにサイバー捜査隊に申告して法的手続きを踏んでいる"と明らかにした。

シージェスのこのような警告は単なる脅しではない。シージェスは、実際に、今年だけで20人を超える不正なネチズンを告訴したことがある。悪質なネチズンに数回注意を与えたが、これらの行動が座視できない状況に至っている。

その程度もやりすぎだ。
たとえば、 "ジェジュン死亡"を各ポータルサイトで集中検索、関連検索語に該当単語が浮かび上がるようにしたり、血を流す写真を合成して表示するなどの手法も多様だった。また、JYJのメンバーがドラマに出たり映画にキャスティングされた場合は、このような理由のない悪口と誹謗などで周りの人たちにまで被害を与える時も多かった。


C-JeS関係者は"好奇心に、面白半分で一度や二度なら表現の自由であるかもしれないが、一日に10個以上ずつ同じ内容の投稿を繰り返し掲載したらこれは明らかに、悪意のある名誉毀損"としながら"これはJYJだけでなく、他の善意のファンも傷付ける行為だと強硬対応になった"と話した。


この関係者は引き続き"既に立件されたり、法的措置を受けた被疑者のうち未成年者の場合は、再発防止のために覚書を受けて善処してあげたりした"とし、"ほとんど身元確認がされると善処を望むが、悪質なデマは結局根絶されなかったよ。この警告文が出た後も、同じ行為が発生した場合、今後の合意なしに法的な手続きにより措置する"と強調した。


一方、JYJは約3年4ヶ月間の専属契約紛争を繰り広げたSMエンターテイメント(以下SM)と最近合意した。これに伴い、JYJの3人とSMの間で締結されたすべての契約は、仮処分申請日である2009年7月31日をもって終了した。

JYJは、去る2009年、裁判所に不当な専属契約の効力を停止させてくれと言って仮処分申請を出し、裁判所がこれを受け入れ、独自の活動をしてきた。以後、SMが2010年4月に専属契約効力確認、損害賠償請求訴訟を起こし、これに対抗してJYJも専属契約効力不存在確認訴訟を提起した。しかし、裁判所は、異議申立てを棄却する裁定、間接強制決定文を通じて数回JYJの手をあげたことがある。

http://news.nate.com/view/20121203n31089





JYJ "悪質な書き込み、容赦はない"…20+α申告・未成年者も合意無し
スターニュース原文記事転送2012-12-06 11:09


"インターネット上での誹謗は現実の傷害と同じこと..今後持続的に進める予定"

[マネートゥデー スターニュース キム・スジン記者]
写真

3人組男性グループJYJジェジュン、ユチョン、ジュンスの所属会社が悪質な書き込みをする人々との戦争を宣言した。

所属会社シージェスエンターテイメント関係者は6日午前スターニュースに、誹謗の程度が度を越したネチズンに対して"20件程度をサイバー捜査隊に申告した状態であり、継続して悪性ネチズンに対する申告作業をしている"と明らかにした。

シージェス側によれば今年までの間20件余りの告訴手続きを進めたし、去る11月末に続き12月に入っても追加で3件の関連手続きをサイバー捜査隊と協力、進行中だ。

関係者は"好奇心でするある程度の表現の自由は認められる"としながらも"しかし、同一IPで1ヶ月に何十件ずつもの誹謗文を載せて、このようなことを6ヶ月以上持続するということはとうてい容認するのが難しいことだった"と明らかにした。

関係者によれば行き過ぎた激しい悪口や'死ね'のような呪いの内容を一日に何十件ずつも上げるネチズンがいるかと思えば、メンバーが血を流している合成写真を上げるネチズンもいる。 また確認されなかった事実に対して誹謗の目的で疑惑を作り上げ、拡散していく場合も数多い。

関係者は"その間も公示を出さなかったのは彼らもファンだという考えであり,だから内部的に静かにことを処理してきたが、その程度が激しくて公けにしないと問題が深刻化すると判断した。 これに伴い、公式ホームページに公示を上げることになったこと"と話した。

関係者は"立件された人々を見れば皆全員が'好奇心でやったことだ。 善処してほしい'として哀願する"として"以前にはこの場合未成年者ならば合意をしたがもう合意なしで法的手順を受けるだろう"と釘をさした。

関係者は"インターネット上でそのようなこと(誹謗)が当事者にとって現実の傷害と違わないということが分かれば良い"と付け加えた。

シージェス側は去る3日警告文を通じて"各種インターネットサイトでJYJ(ジェジュン、ユチョン、ジュンス)を誹謗する目的で虚偽事実を流布して、根拠ない虚偽事実を流布して悪意の掲示物で所属アーティストを誹謗して名誉毀損の被害を与える事例が発生する場合、直ちにサイバー捜査隊に申告して法的訴訟手続きを踏む"と明らかにした。

シージェス側は"今年だけで20人余りを越える悪性ネチズンを告訴したし、全部立件されて法的措置を受けたり未成年者の場合、学校と家族にこのような事実を知らせて警告および覚書を取った"と明らかにした。

シージェス側は"最近DCインサイドを通じて悪意の掲示物を上げてアーティストの名誉を傷つけてJYJを愛する多くのファンたちに損傷を与えた悪性ネチズンを告訴措置した"として"が警告文を出した後にも同じ行為を繰り返した場合サイバー捜査隊に依頼して強力措置する予定であり、合意なしで法的な手続きについて措置することになるともう一度強調する"と明らかにした。

訳:Japan Fan Cafe JYJ Their Rooms Staff yuri


《 Wake Me Tonight 》発売日まで
プロフィール

xoxojyj

Author:xoxojyj
このブログは
【FanCafe JYJ THEIR ROOMS】
が運営しています。

彼らの真実と、ルーマ検証
彼らの言葉が聞こえる記事を中心に
まとめていきます

記事持ち出しについて
当ブログの記事はJYJファンブログへの持ち出しはOKです。 記事元URLや翻訳者名が記載されている物は、そこまですべて転載でお願いします。 SM所属芸能人を応援しているブログ等への持ち出しはご遠慮ください。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
フリーエリア
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。