JYJとCjesの契約は二重契約ではない(裁判所決定文)

画像が見づらくてすみません。クリックして読んでください。

jp裁判所決定文 JYJ-Cjes二重契約20110215


① JYJとCjes間の契約は、継続に拘束力を持つ専属契約ではない
  この決定文によるとJYJとCjesは必要に応じて都度業務委託する契約のようです。
  お互いに信頼関係がなければできない契約ですね

② SMはJYJの活動を妨害してはいけないと2009年10月仮処分で決定されている

③ SMはJYJの芸能活動への対抗、監督権の行使はできないと2009年10月仮処分で決定されているのだから、
  JYJとCjesの契約を停止したところで、SMの利益になるわけでもない




こういった韓国での決定文を見ても、avexのJYJ日本活動休止の理由が理不尽であるということがわかります。

Cjesを理由にしているが、avexとの契約締結時にはすでにCjesとの契約があった。
韓国で裁判中だと言うが、このようにJYJとCjesの契約は2009年10月27日の仮処分決定で認められていた。
問題があるとしたら、SMとavex間の5人の東方神起の契約だが、
SMとJYJの契約停止と仮処分で決定されていたし、JYJとavexの契約はそれ以降の2010年4月。
JYJを活動休止にして、JYJの権利を妨害したとしてもavexの利益にはならない。
それなのに何故いつまでも掴んで離さないのか?

記事画像、JYJファンブログへのお持ち帰りはOKです。
多くのJYJファンに理解してもらえるようご協力ください。



上記和訳決定文の元資料です。

300969574.jpg


関連記事
JYJが雇用主、Cjesが被雇用者のエージェント契約
Cjesとのエージェンシー契約は奴隷からの脱却
JYJ弁護士『マネージメント業界の現状と課題』
スポンサーサイト

コメント:

カフェスタッフ様 いつも情報をありがとうございます。
今回はまたひとつ、わかりやすい記事を上げてくださって
ありがとうございました。

こと裁判記事は一般人には難解な言葉・文章が多く
理解するのに大変なことが多いですが
JYJペンとしては、せめてもの努力として
理解・事実の拡散をしたいです。

誰も元より裁判を望んだ訳ではありませんが、
彼ら3人もそしてJYJペンもひとつひとつの事実の積み重ねでしか
前へ進めない状況です。
ともすれば、感情的に流されがちなルーマー対策にも
また新ペンさん方にも
このような記事が大変役立つと思います。

未だに化粧品関連のネタ(あえてネタと書きます)や彼らの前借金について非難されたりし、
せっかくのジェジュンの新居の嬉しいニュースにも水を差されて、残念です。
SM内での経理関係がずさん・あやふやな分、すっきりしませんので
金銭面でも早急な結論が欲しいと思ってはいます。
(アンチが金・金と言う度気に障りますので)
でもとにかく一歩ずつ!が大事ですね。
ご努力にいつも感謝しています。
失礼いたしました。


いつも活動や記事やコメントのお返事など、ありがとうございます。
私なりの理解であっているのでしょうか…お忙しいと思いますので後々でも、
違う所などあれば教えていただければ…と思います。
平たく大まかになってしまいますが、


1.JYJとCjesは、SMと同じ専属契約ではない。(マネジメント契約でしょうか?)

2009年10月の仮処分で、
2.SMは、JYJの芸能活動を、妨害してはいけない。と決定している。
3.SMは、JYJの芸能活動に、たずさわれない。契約停止、と決定している。
だからCjesとの契約を停止しても、SMの利益になるわけではない。

以上の3つから、JYJとCjesの契約は、SMとの二重契約には当たらない。


そして、2010年4月にavexとの契約を結んだときには、

・すでにCjesとの契約があった。
・それは仮処分でも認められていた。
・SMとavex間の、5人の東方神起の契約についても、
すでに、もともとのSMとJYJの契約が、停止と仮処分で決定されていた。

ということからも、日本活動休止の理由には理不尽さがある。


だいたいこのような感じでしょうか…。

D.Dさん

JYJペンでも裁判記事は難しいですね。
ルーマーには正しい情報を知ることが必要だと思います。
情報元は韓国語で、それを日本語にしてくれるブロガーさんに今まで出会えなくて
真実~~しか知らなかったというJYJペンもいるかもしれません。
そんな場所しか知らないというJYJファンのためにも、出来るだけ広く拡散したいです。
ここの記事はすべて持ち帰りOKです。 みなさんには情報拡散のご協力を頂きたいと思います。
アンチに乗せられてツイツイ攻撃的になってしまいそうにもなります。
あちらと同じことをしてしまってはいけないですね

Yuriさん

> 1.JYJとCjesは、SMと同じ専属契約ではない。(マネジメント契約でしょうか?)
>
> 2009年10月の仮処分で、
> 2.SMは、JYJの芸能活動を、妨害してはいけない。と決定している。
> 3.SMは、JYJの芸能活動に、たずさわれない。契約停止、と決定している。
> だからCjesとの契約を停止しても、SMの利益になるわけではない。
>
> 以上の3つから、JYJとCjesの契約は、SMとの二重契約には当たらない。
>

二重契約に当たらないという理由は、1.だけです。
1.2.3.はSMの申し立てが棄却になった理由です。


>
> そして、2010年4月にavexとの契約を結んだときには、
>
> ・すでにCjesとの契約があった。
> ・それは仮処分でも認められていた。
> ・SMとavex間の、5人の東方神起の契約についても、
> すでに、もともとのSMとJYJの契約が、停止と仮処分で決定されていた。
>
> ということからも、日本活動休止の理由には理不尽さがある。
>

・SMとavex間の、5人の東方神起の契約についても、
すでに、もともとのSMとJYJの契約が、停止と仮処分で決定されていた。

この部分ですが、avexとSM間での5人の東方神起の契約は残っていたと思います。
多くの東方神起ファンが日本では5人活動が続くのではないかと期待したと思います。
SMとJYJとの契約が停止中なのでできる方法としたら、SMでのホミン+CjesのJYJ=5人の東方神起活動です。
avexは、5人活動を望んでいると言っていますが、私がavexの方と電話で話したときは『5人の東方神起活動を望む、3人がCjesと切れてSMへ戻ればいい』と言いました。
裁判の決定に反する回答ですね。AVEXはこの方法しか考えていない=JYJのことは考えていないと思います。

こんばんは。遅くに失礼します。
とてもわかりやすい説明をありがとうございました!!
教えていただいたのに、返事が遅れてすみません。
SMとavexに問題があることは、明らかに分かりますし自信を持って言えますが、
契約の細かいところなどは、ややこしくて分かりにくいことも多いので、
とてもありがたいです。

こうやって自ら情報を集めまとめて、考えてくださる方々がいたり、
サポート団体をされる方々がいたり、架け橋になってくださる方がいたり…
私も同じようなこと、何かできればよいのですが。
いつもありがとうございます。
これからも、わからないことなどあれば、教えていただければ…と思います。
よろしくお願いいたします。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

二重契約ではないについて

こんにちは。『二重契約ではない』について付け足しがあるかな?と思いコメします。

専属契約停止仮処分決定文から
[決定要旨]本案判断時(最高裁判決時)まで申請人(JYJ)らの意志に反する演芸活動(芸能活動)に関する第三者(当時者JYJ及びSMエンターテインメントを除く全て)との“‘契約交渉締結行為’(契約交渉及び契約を結ぶ行為)を禁止”して、申請人(JYJ)らの(SMの)市場支配力を利用して独自的演芸活動を邪魔する行為を禁止した事例。

=第三者(当時者を除く全て):いかなるものとも契約交渉締結行為(契約交渉及び契約を結ぶ行為)をして良い。禁止、邪魔してはならない。ではないかと…

[主文]本案判決宣告時(裁高裁判決時)まで被申請人(SMエンターテインメント)は申請人(JYJ)らの意志に反して演芸活動に関する第三者(当時者を除く全て)との契約を交渉締結してはならなく

とありますが…契約を交渉締結“行為を禁止”してはならなく

かと…抜け部分がありますか?

[申請趣旨]にも…第三者との諸般契約を交渉したり締結する行為(など)~申請人(JYJ)らの自由な演芸活動を邪魔する一切の行為をしてはならない。
…から『二重契約ではない!』かと…

コメントの投稿


非公開コメント:

《 Wake Me Tonight 》発売日まで
プロフィール

xoxojyj

Author:xoxojyj
このブログは
【FanCafe JYJ THEIR ROOMS】
が運営しています。

彼らの真実と、ルーマ検証
彼らの言葉が聞こえる記事を中心に
まとめていきます

記事持ち出しについて
当ブログの記事はJYJファンブログへの持ち出しはOKです。 記事元URLや翻訳者名が記載されている物は、そこまですべて転載でお願いします。 SM所属芸能人を応援しているブログ等への持ち出しはご遠慮ください。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
フリーエリア
リンク
QRコード
QR