公正委、SMに是正命令…契約期間10年→7年

2010年12月23日

グループ少女時代、SUPER JUNIOR、シャイニーなど所属する芸能企画社SMエンターテイメント(以下SM)が所属芸能人らと不公正な契約をしているとし、公正取引委員会(以下、公正委)から警告と是正措置を受けた。


公正委は23日“SMが芸能人及び練習生と締結した不公正な専属契約に対しては自ら是正した事を考慮し警告措置とし、自ら是正する過程で、練習生と一律に3年延長契約した行為に対しては是正命令を下した”と明らかにした。


今回の公正委の決定は昨年東方神起のファンクラブが公正委にSMエンターテイメントが取引上の地位を乱用し、東方神起に不利益を与えたとして奴隷契約可否を求めたことによるものだ。


SMが公正委に摘発された違反行為は不公正な専属契約を締結した行為(長期専属契約期間、過度な違約金条項、一方的なスケジュール条項)と、芸能人の具体的な事情を考慮しないまま海外活動のため追加延長契約を行った行為だ。


公正委によれば、SM所属の芸能人らの専属契約期間は‘契約締結日から13年’または‘デビュー日から10年以上’だった。SMはこれを‘デビュー日から7年’に修正した。


また、これまでSM所属芸能人らは契約解除時、総投資額の3倍、残余契約期間の推定利益の2倍を賠償しなければいけなかったが、今後は、契約解除当時を基準に直前2年間の月平均売上に契約残余期間の月数をかけた金額だけを違約金として払うことになった。


併せて‘自社制作放送物に最優先に出演すること’の条項に対しても‘マネジメント活動について、いつでも本人の意見が提示できる、そしてSMが不当の要求をする場合拒否できる’とし、芸能人らの自律性を尊重した。


今回の公正委の措置によりSMに所属している芸能人らは不公正契約の被害から免れることになり、SMを離れた東方神起3人(現、JYJメンバー、ジェジュン、ジュンス、ユチョン)との専属契約関連法的紛争にも相当な影響を及ぼすものとみられる。


これにSMは23日午後報道資料を通じ“不公正な専属契約に対しては既に自ら是正しており、練習生との一律的追加延長契約に対する是正措置については受容する’と述べた。
引き続き“公正委の標準約款を大幅に反映させた新しい専属契約書を作成した”といい、所属芸能人らも新しい契約内容に積極的に共感し、今年初めに新たに専属契約を締結しており、東方神起、少女時代など所属芸能人と新しく締結した現契約書が認定された。これからも公正委と協力し、さらに発展された契約を導き出す”との立場を表明した。


翻訳:Japan FanCafe JYJ Their Rooms Staff mai

http://news.naver.com/main/hotissue/read.nhn?mid=hot&sid1=106&gid=330818&cid=307105&iid=10434889&oid=018&aid=0002360234&ptype=011



ファンの声が不公正な契約を是正したということです。
間違っていることには声を上げることが重要だと思います。
スポンサーサイト

コメント:

こんばんは、夜分に失礼します。カフェスタッフの皆様、記事や活動ありがとうございます。
今はここにコメントさせていただきます。
皆様の、KBSや、週刊現代への記事に対しての対応にも、感動して涙が出るほどです。
いつも頭が下がりっぱなしです。そして、うらやましくもあります…。
これまでの無理や夏の暑さもあって、さらに寝込んでばかりの自分が…悔しいです。
パソコンもなかなか見れなくて、文章ひとつ作るにも時間がかかって…でも。

JYJが出て行って、ファンの力で、SMの後輩たちは救われたんですね…不公正な契約から。
すぐには目的に達せなくても、声を上げつづけていくことは重要なんですね。
皆様に協力できることがあれば、惜しみません。気持ちばかりで…もどかしいですが。

今の五人の状況は、見ていてとても胸が痛んで、辛いです。辛くて苦しいくらいです。
でも正直な気持ちを聞けるのは、とてもとても嬉しい。二人は…よくわからない。
二人は今…何を思い考えているのかな。きっと二人には二人だけの思いがあったり、
周りに色々と言われたりとかも、あるんだろうな…って思っているのですが。

楽曲も映像もグッズも思い出も…どれも素晴らしくて、大好きで大事なものたちばかり。
いつまでも永遠に残るもの…忘れたりできるわけがない。私の人生の大切な宝物。
二人の言う「東方神起」じゃなくて…メンバーを守ってほしい。
今からでも、これからでもいいから、せめて少しでも話し合って分かれてくれれば…。
引っ張っていったり、支えたり…頼りになる二人、本当は…一緒に闘ってほしい。
そしたら五人ともを、思いっきり応援できるのに。形は何でもいいのに。
三人は二人を忘れてなんかない。二人もきっと…そうだろうに。
助けて…三人を助けてあげてほしい…。

すみません!個人的な…思いや想像や願望をつい…。
私も、様々な気持ちを抱えるファンの中の一人です。
でも…真実を見て、JYJをひたすら応援していきます。今の彼らを。
なかなか以前のペースでコメントはできなさそうですが…これからもよろしくお願いいたします。

声を上げた事の意味についての考察

こんにちは。管理人さんはもう既知だと思いますが
私は最近ジェクスキスファンからカシオペアにあてた文章を読みました。
その中でSMとJYJのどっちが正しいかを問う時ではない。
歌手が口を開いた事が大事だと書いてました。
自分も正直どっちが正しいのかはわからないしどうでもいいと思います。
今まで誰の目から見ても事務所が圧倒的強者
所属タレントが圧倒的弱者で事務所の言いなりという状況が続いてた。
それをJYJが壊そうとしてる事で救われる人間も出てる。
事務所と戦おうと勇気づけられる人も出てる。
10年前JTLが勇気を出してSMを批判する姿を見た事で
JYJが勇気付けられてSMと戦おうとした。
そしてJYJが勇気を出してSMと戦う姿を見てKARAがDSPと戦おうとした。
JTLがなければJYJは東方神起のままSMの言いなりの奴隷生活を送ったかもしれない。
JYJがいなければKARAはDSPの言いなりの奴隷生活を送ったかもしれない。

違う例ですが日本では数年前から
サービス残業や名ばかり店長が
もっと金をくれもっと休みをくれと裁判を起こしてます。
JYJとやってる事はほぼ同じだと思う。

戦いを挑んだ人間が負けてもいい。
戦いを挑んだ事に意味がある。
負けても必ずその意志を受け継ぐ人間が現れる。

もしJYJが勝っても負けても
数年後・数十年後にJYJの姿に勇気づけられ行動を起こす人間が出てくると確信してます。

ひとつの記事で2回目になりますが、失礼します。

前回のコメントに訂正というか、付け足しです。最後のほう…
「この“JYJの真実”のブログを拝見しながら、JYJをひたすら応援していきます。
今の彼らが好きですから。」なんです、正確には。
やっぱり慌てて出すと、どこか抜けて…よく後で気づきます。反省しています。
お忙しいところ、失礼しました。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

貝さん

何度かコメントいただいていますが、JYJファンとそうではない人との考えの違いはあって当たり前だと思っています。貝さんのお考えに対して意見することはありませんが、ここに集まるJYJファンの方とは違う考えだと思いますので、公開はできません。

コメントの投稿


非公開コメント:

《 Wake Me Tonight 》発売日まで
プロフィール

xoxojyj

Author:xoxojyj
このブログは
【FanCafe JYJ THEIR ROOMS】
が運営しています。

彼らの真実と、ルーマ検証
彼らの言葉が聞こえる記事を中心に
まとめていきます

記事持ち出しについて
当ブログの記事はJYJファンブログへの持ち出しはOKです。 記事元URLや翻訳者名が記載されている物は、そこまですべて転載でお願いします。 SM所属芸能人を応援しているブログ等への持ち出しはご遠慮ください。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
フリーエリア
リンク
QRコード
QR