スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最高裁判例 『芸能人 10年専属契約無効』

最高裁 "芸能人 10年専属契約無効"
2010-08-13 05:30

'ユキス' ケビン, 前所属社相手勝訴確定

【ソウル=ニューシース】キムジョンミン記者
歌手と所属社の間の '10年専属契約'は過度に長い期間の間自由を拘束することなので無効という最高裁判所確定判決が出た.


大法院2部(主審チョン・スアン最高裁判事)はアイドル グループ'ユキス(U-Kiss)'メンバーケビン(20・実名ウ・ソンヒョン)が"長期専属および一方的な収益配分を規定した契約が不公平だ"としてシンエンターテイメントを相手に出した専属契約効力既存再確認請求訴訟で原告勝訴判決した原審を確定したと13日明らかにした。

ケビンが2006年シンエンターテイメントと結んだ専属契約は、契約期間を10年とするもののケビンが軍服務、健康上理由で演芸活動をできない場合、その期間ぐらい延長するように決めている。 また、契約違反時には投資額の3倍、残った専属期間中予想される利益金の2倍を賠償するようにした。
これに1審裁判所は"契約期間が最初のレコード出版日から10年で、歌手として活動期間全部に該当する"として"この期間は芸能産業の危険性などを勘案すれば合理的な程度を超過、公正を失ったこと"としながらキャビンの手をあげた。

引き続き"長期契約といってもケビンに解除権が認められて拘束から抜け出す機会が十分に保障されるならば非公正性が緩和されることができるが、利益配分などケビンが主張できる権利まで専属社が全部持っていってはなはだ不公正だ"と判断した。

2審裁判所も"契約期間、利益分配、契約解除、損害賠償など契約書のすべての条項らが民法に違反する"として"善良な風俗、その他社会秩序に違反した内容で無効"と判決したし、最高裁判所も特別な審理なしで控訴審判決をそのまま確定した。


http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=106&oid=003&aid=0003384899

ケビンはXingエンターテイメントのXing元メンバー、現在U-kissの日本事務所はAVEX
Xingエンターテイメントのサイトは→こちら
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント:

《 Wake Me Tonight 》発売日まで
プロフィール

xoxojyj

Author:xoxojyj
このブログは
【FanCafe JYJ THEIR ROOMS】
が運営しています。

彼らの真実と、ルーマ検証
彼らの言葉が聞こえる記事を中心に
まとめていきます

記事持ち出しについて
当ブログの記事はJYJファンブログへの持ち出しはOKです。 記事元URLや翻訳者名が記載されている物は、そこまですべて転載でお願いします。 SM所属芸能人を応援しているブログ等への持ち出しはご遠慮ください。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
フリーエリア
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。