スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公正取引委員会 - 裁判所の相次ぐ『不公正な契約』判定...芸能界『ざわめく』

公正取引委員会 - 裁判所の相次ぐ『不公正な契約』判定...芸能界『ざわめく』

マネートゥデイギムウォンギョム記者
2006年10月18日10時41


最近、公正取引委員会と裁判所が相次いで、一部の芸能人の専属契約書が芸能人に不利だという判断を出して芸能製作者たちが騒がしくなっている。

去る12日、公正取引委員会は、韓国芸能製作者協会からの普及したアルバムの企画製作者と歌手の間で専属契約標準契約書は、歌手に不利だという判断を下した。

引き続き去る16日にはソウル中央地方民事合議32部(ユチョルファン部長判事)はCFモデルユミンホがSMエンターテイメントを相手に出した専属契約効力既存再確認請求訴訟で、"専属期間10年"、"契約違反時に投資資金の5倍、将来の予想利益金の3倍賠償"など所属芸能人に過度に不利になっているとし、不公正な契約との判決を下した。

専属契約の条項に関連して次々と芸能人側の手をあげてやると、芸能製作者たちは『製作者たちが、新人発掘のために注ぎ込む莫大な投資を考慮していない判断』と不機嫌な声を吐き出している。

トップスターを保有したレコード企画会社の代表A氏は『今回の裁判所の判決内容を見ると、一見納得がいく部分もあって、現状に合うようにする必要がある契約書の条項があったりする』と言いながらも『しかし、企画会社側は新人発掘のために膨大な投資をしているが、このような状況は考慮されていないようだ』と話した。中堅歌手が所属する別の企画会社の代表B氏は、『契約書に"アルバム発売後のO年"と明示したのは、トレーニング期間を設けることを意味する』としながら、『トレーニングをさせるためにかける労力と費用は考慮してくれることなく、"奴隷契約"というのは話にならない』と話した。

Bさんは"練習生契約"を例に挙げ、『練習生契約と別々にあるが、これは正式な専属契約ではないので、いつでも自由の身になることができる』とし『このような練習生契約の場合、無料でトレーニングをさせるなど、優秀な人材発掘のためにそれなりの投資を尽くしてているが、芸能製作者たちを芸能人に一方的に不利な契約をしている人に見ているようで残念だ』と明らかにした。

しかし、ある男性ダンス歌手は、『トレーニング期間を理由にいつまでも継続して縛っておいてアルバムを出したり、芸能活動をするようにしてくれなければ、一生トレーニング受ける練習生の身分のみで生きるのか"と抗弁した。

もう一つの歌手は、『レコードが何十万枚が販売されたとの報道が出てくるが、実際にどれだけ販売されたかの歌手は、知ることがなく、さらに、企画会社では投資金回収の名目で歌手に返る分け前はほとんどない』とし『それで芸能人らが不満を持つようになるのだ。現在の慣行は修正が必要だ』と主張した。

これに対して一芸能関係者は『芸能界入門が切実なスター志望生の心理を利用して不利な条件で契約を結ぶ芸能製作者もいるが、それ以外の善良な制作者たちも多い』と『いくつかの企画会社の契約条件を、まるで芸能事務所全体がそのような事のように罵倒してはならない』とし『企画会社と芸能志望生双方がお互いに認められる合理的な標準契約書が用意されなければならない』と述べた。公正取引委員会と裁判所の判決により、今後の専属契約に不満を抱いた芸能人や芸能人志望生たちの訴訟が相次ぐものと見られる中、近いうちに芸能製作者たちも、対策作りのために席を用意する予定なので今後の歩みに関心が集められる。



http://star.mt.co.kr/stview.php?no=2006101810254302169&type=3



スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント:

《 Wake Me Tonight 》発売日まで
プロフィール

xoxojyj

Author:xoxojyj
このブログは
【FanCafe JYJ THEIR ROOMS】
が運営しています。

彼らの真実と、ルーマ検証
彼らの言葉が聞こえる記事を中心に
まとめていきます

記事持ち出しについて
当ブログの記事はJYJファンブログへの持ち出しはOKです。 記事元URLや翻訳者名が記載されている物は、そこまですべて転載でお願いします。 SM所属芸能人を応援しているブログ等への持ち出しはご遠慮ください。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
フリーエリア
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。