スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東方神起訴訟判決文を 『予想する』

ハンギョレ新聞 チョンウンジュ記者ブログ『今日を証言する』から

2009/08/06 09:58


ブログ文 『韓流スター東方神起は 88万ウォン世代』で約束したとおり芸能人-企画社 '奴隷契約'に対する裁判所判決を集めて分析しました. 判決文に出た芸能人-企画社間の契約では不思議にも, 東方神起契約書と完全に似た形です. 長期間契約(10年), 不公正な収益分配(正規アルバム 50万枚以上販売の時だけ 5000万ウォン支給), 数千億ウォンの損害賠賞金(投資金の 3倍, 逸失利益の 2倍) などがまったく同じです. 幾多のアイドルスターが '東方神起'のような専属契約に足首を掴まれているという話です.

結論から申し上げると裁判所は(1審, 2審) 一様に, このような契約は不公正だと判断して『無効』と判決しています。 しかし最高裁判所(3審) 判決はいまだに出ていないです。(注1) 芸能人が 1審で勝訴してからも 2審で企画社と合意して最高裁判所まで訴訟を進行しないからです。最高裁判所判決を地方裁判所(1審)と高裁(2審)が受け入れる裁判所の特性を考慮する時残念な点です。
 
 

 CFモデルユミンホ(25) さん(原告)と SMエンターテイメント(被告)に対する 2006年 1審判決から見ます. SMと専属契約を結んだ芸能人が法廷争いをして判決文まで受け出した唯一の事例です。
 
 ユミンホ-SM 契約では東方神起契約書と版に打ちこんだようにまったく同じです. 契約時期も 2003年 1月 3日(東方神妙 2003年 6月 30日)で似ています. これは SMが使う '標準様式'であり, 少女時代, スーパージュニア, 歌手を見ても同じ契約書に署名したことと見えます.
  
[専属契約書一部専門は http://ejung.blog.seoul.co.kr/76で見られます.](当カフェ翻訳はこちら→http://xoxojyj.blog.fc2.com/blog-entry-4.html
 
ソウル中央地方法院民事合意32部(部長ユチォルファン)は 2006年 10月 11日ユミンホ-SM 専属契約は 『原告(ユミンホ)の経済活動の自由をあまりにも侵害することで民法 103条に反し『無効』と判決しました. [民法第103条 (反社会秩序の法律行為) 善良な風俗その他社会秩序に違反した事項を内容にする法律行為は無効にする.] 
 


 判決文主要判断内容です. 

  1. 専属契約の契約期間規定によれば、少なくても10年の間、原告の芸能活動に関するすべての権利を被告が持って、初めに約定した収益分配の方法もずっと維持される. 原告に対する訓練期間を考慮しても あまりにも長期的である.

  2. 専属契約の損害賠償額規定はその金額が過多で原告にあまりにも経済的負担を与える. 原告が嫌でも専属契約を履行するように強制しようとする目的に見える. これに比べて被告の契約違反については何らの損害賠償額を決めていない. 被告はいつでも専属契約を解約することができるというのだ. 原告と被告の権利·義務があまりにも不均衡に見える.

  3. 芸能産業が初期に新人を育成するのに大きい費用と時間が必要となって, 新人の中で一部だけ人気芸能人になるなどその危険性が高いと言っても, 成功すれば高い収益が予想されて, 投資失敗の危険は投資者(企画社)が負担するのが原則だ. こんな理由で長期間の契約期間と過多な金額の損害賠償額を正当化することができない.

  4. 契約期間と損害賠償額の予定に関する規定は専属契約の本質的な部分にあたることとしてその部分がなかったら専属契約を締結しなかったはずだからこの事件専属契約全部が無効であるということです.
 
 

 2006年 10月 11日法院の原告勝訴判決に対立して SMは抗訴します. しかし 2007年6月13日ユミンホはソウル高裁(2審)の調整申し込みを受け入れて SMと次のように合意します.
 

  調整条項
  1. 原告(ユミンホ)は訴を取下げして, 被告(SM)はここに同意する.
  2. 原告は被告との 2003.1.3自 専属契約が有効であると確認する.
  3. 訴訟費用は各自が負担する.
 
 1年6ヶ月間の戦いが 『なかったこと』で終わったのです. 何故そうしたのでしょう? ソウル高裁調整調書に添付されたユミンホの請求書一部を移すことで回答の代わりをするかと思います.
 
  『原告(ユミンホ)は被告(SM)との契約解約後自ら努力して音楽専門ケーブル放送KMTVの '生放送 3時ぱんぱん'というプログラムの進行を引き受けて出演するようになりました. 原告は最善をつくして上のプログラムを進行し, その結果担当プロデューサーと視聴者たちから良い評価を受けるようになりました. しかし、被告は原告が上のプログラムに出演することが分かってこれを邪魔しようと担当プロデューサー(PD)に, 『原告が上のプログラムを続けたらプログラムに被告(SM)所属芸能人たちの出演を拒否する.』と言って原告を出演させないようにしました. 音楽専門放送で多くの歌手を保有している巨大芸能企画社である被告の要求を拒否するのは不可能な事だから, 担当PDは原告に上のような事情を説明して出演を中断してくれと要求して, 原告は上のプログラムにこれ以上出演することができなくなりました.』
 




  2009年 1月 14日と 2009年 4月8日にはソウル中央地方法院民事合意11部(部長イネジュ)と民事合意25部(部長ゾワンチォル)が 5人組み男性アイドルグループ 'シン'のメンバー 3人とウソンヒョンが 'シンエンターテイメント'を相手に出した専属契約効力不存在確認訴訟で相次いで芸能人の手をあげてくれました. 企画社が抗訴したがグループシン事件は抗訴却下に確定された一方、ウソンヒョン事件は抗訴審(2審)がソウル高裁で進行中です.

1審判決は特にウソンヒョンの判決文には 50万枚以上を販売した時 5000万ウォンを支給するという条項(東方神起専属契約第9条)に対する法院の判断が出ます.

 『歌手としての主な収入源であるアルバム印税の場合、原告(ウソンヒョン)は実際販売量が 50万枚を超過した場合にだけ、その中で単一アルバムの場合には 5000万ウォン, シングルアルバムの場合には 2500万ウォンを分配受けることができ, アルバム販売量が 100万枚を超過する場合でもいくら収入が多く発生しても単一アルバムの場合 1億ウォン, シングルアルバムの場合 5000万ウォンに限り分配されるようになっているだけだ. それに被告は原告の同意なしに原告が発表した曲をライブアルバム, ベストアルバム, オムニバスアルバムのような 2次的編集アルバムに含んで再発売することができ, これによる収益は全面的に被告に帰属されるようになっている. ひいてはオンライン, 有無線インターネット, モバイル上の音源流通による収益と海外市場販売を目的に外国で製作されたアルバムは純利益の 10%だけを原告に支給するようになっているだけだ. このような点でこの事件専属契約上の利益分配に関する条項は社会正義に反するほど著しく公正を失ったと思わざるを得ない.』 
  




 判決文分析結果、裁判所は 『奴隷契約』は無効という点を確かに明らかにして芸能人側に立っています.
しかし企画社の権力と横暴のせいで '弱者'である芸能人が訴訟を最後まで守り最後の勝者になることができないです.
訴訟を出した芸能人たちが東方神起ほどのスターではなかったから、さらに法廷闘争が手に負えなかったはずです.
だから私は
東方神起の訴訟を支持して彼らが今回の戦いで退かないように願います.



http://ejung.blog.seoul.co.kr/77


(注1)この記事が書かれた以後、2010年8月 最高裁判所の判例が出ています。
最高裁判例 『芸能人 10年専属契約無効』 




SMの横暴は繰り返されてきました。
社会秩序に反した契約内容、裁判で負けてもなお続ける活動妨害。
JYJ3人にはこの横暴に負けないで正義の勝利を飾ってほしいです。


スポンサーサイト

コメント:

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

初めまして

初めまして、きょんと申します。

私は最近、JYJのファンになりました。
彼らが好きで、今回の騒動の真実が知りたくて、色々なブログを見回りました。
言葉にしたくないようなことを書かれているブログを多く見ました。
もうやめてしまおうかと何度も思いました。

でも、どうしても、彼らの歌から、笑顔から、言葉から、そんなことを考えているだなんて信じられなくて、あきらめられなくて、探して、探して……。
やっと、こちらにたどりつきました。

ありがとうございます。
心が定まりました。私は、最後まで彼らを信じます。

コメントの投稿


非公開コメント:

《 Wake Me Tonight 》発売日まで
プロフィール

xoxojyj

Author:xoxojyj
このブログは
【FanCafe JYJ THEIR ROOMS】
が運営しています。

彼らの真実と、ルーマ検証
彼らの言葉が聞こえる記事を中心に
まとめていきます

記事持ち出しについて
当ブログの記事はJYJファンブログへの持ち出しはOKです。 記事元URLや翻訳者名が記載されている物は、そこまですべて転載でお願いします。 SM所属芸能人を応援しているブログ等への持ち出しはご遠慮ください。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
フリーエリア
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。