スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3人の公式立場表明 09.08.03

■3人の公式立場表明

キム・ジュンス(芸名シア・ジュンス),キム・ジェジュン(芸名ヨンウン・ジェジュン),パク・ユチョン(芸名ミッキ・ユチョン)は2009.7.31.(株)S.M.エンターテイメント(以下'SM'とします)を相手にソウル中央地方法院に専属契約効力停止仮処分を申請しました。

1.デビュー後5年間三メンバーは会社が一方的に樹立して進行した日程によってからだと心があまりにも疲れました。

キム・ジュンス、キム・ジェジュン、パク・ユチョンはグループ東方神起のメンバーで2004年初めデビュー以後今までSMの指示により韓国、日本、中国を行き来して1年に一週間を除いて一日3-4時間程度の睡眠時間の外に持つことができなくてスケジュールを消化しました。 その過程で三人は健康は大きく悪化して精神的疲労感も極まったが、SMは東方神起の海外進出を試みながら、より一層無理な活動計画を一方的に樹立しました。 結局、上の三人はこれ以上SMではアーティストとしての夢をかなえるよりは会社の収益創出のための道具で消耗してしまうことだと判断し、各自のビジョンにともなう演芸活動をすることができるように願うことになりました。

2.13年という専属契約期間は事実上終身契約を意味しました。

しかし専属契約によれば、契約期間が何と13年に達して軍服務期間を含む場合、15年以上でいまだに10年近い時間が残って事実上芸能界を引退する時までを意味したし、専属契約を解除する場合、総投資金の3倍、逸失収益の2倍に該当する違約金を負担するうえに合意で契約を解除する場合にも違約金を払わなければならないようになっていて、数千億ウォンに達することができる違約金条項で契約解除も事実上不可能だったのでやむを得ずSMに束縛されなければなりませんでした。

3.メンバーらはSMから努力に対し適当な待遇を受けることもできませんでした。

とはいえメンバーらが契約期間の間SMから適当な待遇を受けたのでもなかったです。 契約金がないことはもちろん、専属契約上レコード収益の分配条項を見れば、最初の契約では単一アルバムが50万枚以上販売される場合にだけ その次のアルバム発売時メンバー1人当り1,000万ウォンを受けることができるだけで、50万枚以下で販売される場合、ただ一銭も収益を配分受けられなくなっていました。 この条項は2009.2.6.になって改正されたが、改正後にもメンバーらがアルバム販売で分配を受ける収益金はアルバム販売量により1人当り0.4%~1%に過ぎません。

4.メンバーらは不当な契約の是正を数回要求したが、SMはメンバーらの意見に耳を傾けなかったです。
このような状況で三人はSMに専属契約の不当性を指摘して専属契約の効力から抜け出して各自のビジョンにともなう活動をするようにしてくれることを数回要請したが、SMは今回のこととは何の関係がない化粧品事業投資を取り上げ論じて本質を曇らせるだけでした。 それでも三人は最大限円満に皆が共生できるところを模索しようと最終的に両側が会って対話を通じて最も円満な事態の解決策を見出せるように協議の場を作ってくれることまで要請したがSMはこれさえ応じないゆえ、これに達する一連の過程でSMが見せた態度はこれ以上対話を通した解決に対する希望を持つことが無意味だということを悟るようになったので結局三人は裁判所にこの問題の解決を訴えるに至りました。

5.化粧品事業投資は演芸活動とは関係がない財務的投資として今回の仮処分申請とは何の関係がなく、この事件の本質は専属契約の不当性です。

一方SMではメンバーらが化粧品事業投資によって今回の仮処分申請をしたという公式立場を表明したが、メンバーらが化粧品事業に投資したことは今回の仮処分申請は全く関係がありません。 SMが取り上げ論じる化粧品事業は中国に進出する化粧品販売会社に三人が株主で投資した件で、演芸活動とは全く関係がない財務的投資であるだけです。 常識的に考えてみても、中国に進出しようとする化粧品会社に1億ウォン程度の金額を投資したことためにその間東方神起としての活動のすべての成果をあきらめなければならないことにもなる今回のことを敢行したとは誰も納得できないでしょう。 メンバーらが提起する問題の核心は専属契約の不当性であり、SMは契約と何の関係がない化粧品事業を取り上げ論じて問題の本質を曇ろうとする試みを直ちに中断しなければならないでしょう。

6.メンバーらは決して東方神起の解体を望まなくて不当な契約の束縛から抜け出そうと思うだけです。多くのファンのみなさんが今回の仮処分申請で東方神起の解体を憂慮しておられたと理解しています。 しかし今回の仮処分申請は絶対に東方神起の解体を前提とするのではありません。 今はたとえ問題解決方式に対する見解の違いで三人だけが訴訟に参加しているけれど、
メンバーらの間には何の問題がなくていつまでも一つというファンたちとの約束を守ろうと思うメンバーらの心は皆が終始一貫しています。
今回のことで契約の不当性が是正されて思う存分私たちの音楽ができる条件が用意されるならば、皆が一つになってファンのみなさんら前に立つことができることで信じて勇気を出すことになったのです。

7.より一層成熟する契機にします。

東方神起を大切にするファンたちには三人の今回の仮処分申請で大きく驚いて失望されて残念で申し訳ないが、より大きい夢のための跳躍と考えて応援して下さるならば、さらにすばらしくて成熟した姿で声援に報いることをお約束します。

2009.8.3.歌手東方神起、ヨンウン・ジェジュン、ミッキ・ユチョン、シア・ジュンス


http://star.mt.co.kr/view/stview.php?no=2009080311091084505&outlink=2&SVEC
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント:

《 Wake Me Tonight 》発売日まで
プロフィール

xoxojyj

Author:xoxojyj
このブログは
【FanCafe JYJ THEIR ROOMS】
が運営しています。

彼らの真実と、ルーマ検証
彼らの言葉が聞こえる記事を中心に
まとめていきます

記事持ち出しについて
当ブログの記事はJYJファンブログへの持ち出しはOKです。 記事元URLや翻訳者名が記載されている物は、そこまですべて転載でお願いします。 SM所属芸能人を応援しているブログ等への持ち出しはご遠慮ください。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
フリーエリア
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。