スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【朝日新聞社コラム内の悪質ルーマー修正資料6】SMの妨害活動

1集アルバムは 50万枚も販売されチャート1位に上がったが,
彼らの MVは何ヶ月間もの間、ケーブルTVに一度も放映されることがなかったし,
地上派放送出演も何ヶ月間もの間ずっと取り消しされたし,
年間アルバム販売量全体 2位にもかかわらず、
年末歌謡授賞式に全然参加することができない侮辱を経験しました。


これは、元H.O.T.メンバー3名で結成されたJTLの話です。


2002年1月6日、HOTの三人のメンバーだったチャンウヒョク、トニーアン、イジェウォンが所属事務所SMを出て結成したJTLのアルバムが、発売されてから2週間過ぎたが放送で歌を聞くことができない。6日SBS TV『生放送人気歌謡』に予定されていたJTLの音楽ビデオの放映も急にキャンセルされたと、ファン400人がSMの前に集まりデモをした。

これに対して、SBS芸能局長は、"19日からのカンタ、ムンヒジュン(元H.O.T.でSMに残った二人)などSM所属歌手らがMCを務める番組が放送されるため、(SMと)協力関係を維持する必要もある。あえてそちらを促す理由はない"

また、SBS『生放送人気歌謡』のほかにも、9日、MBC『セクションTV芸能通信』も、"インタビューの内容が敏感だ"という理由で、インターネットの発表まで出たJTLのインタビューを削除した。SBS『一夜のTV芸能』も取材を終えたJTLのインタビューを10日に放送しなかった。、ケーブルTVでもJTLのミュージックビデオは、放映されなかった。JTL側はこれに対し、"複数の音楽専門ケーブルTVでの広告と一緒にエクスポートすると約束していたミュージックビデオの放映をずっと持ち越され契約を破棄した。”と明らかにした。


2004年11月、『アジアソングフェスティバル』のMCに決定されていた歌手のトニーアンが公演一日前に電撃的に交換された。彼の席にはBoA、東方神起、ヨミョン、浜崎あゆみ、F4などの参加するアジアのトップスターたちが客員MCを務めることと変更された。

主催者であるアジア文化交流財団の関係者は、"トニーアンは、受賞者ではないながら、MCの資格で歌を歌うという点について、公平性の問題が提起されたため"と説明している。 また、"トニーアンにMCだけをすることとイベントの後に彼のファンのための席を用意することなどを提案したが、トニーアン側がこれを受け入れず、MCを固辞した。

トニーアンのある側近は"トニーアンの前所属事務所SMエンターテイメント側が『トニーアンが舞台に立つなら、BoAや東方神起などSM所属歌手たちを舞台にあげることはしない』との立場を明らかにしながらMC交代が議論された"と説明した。

彼は引き続き"SM側の立場から離れてみると これに慌てた主催者側でトニーアンにMCだけにしたら公演後のファンとの席を作るなどを提案した"と明らかにした。

状況がこうなってみるとトニーアン側にも快くMCをするには難しかったよう。トニーアン側は、主催者側の提案にもかかわらず、 "歌手としてそのような気持ちではMCをすることができない"と、MCを固辞した。



歌手JTLのファンが、ケーブル音楽チャンネルの視聴を拒否するに乗り出した。
2002-02-25
JTLのファンは、最近の各報道機関かの担当記者たちに送ったメールを介して"アルバム販売量が60万枚を超えたJTLのミュージックビデオを音楽チャンネルM. NETとのKMでは見ることができない"とし"これらのチャンネルと、特定の企画会社との癒着を疑わざるを得ない。

お金を受け取るケーブルチャンネルが視聴者の権利を無視することは話にならない。
JTLミュージックビデオがリリースされるまで視聴を拒否する
"と明らかにした。



JYJにとっては他人事とは思えないのではないでしょうか?
まるで、今のJYJに起こっている事のようです。

韓国のJYJファンが、すぐにSMに対して抗議活動を始めたのはこれを知っていたからです。
韓国芸能界は、JTLにしたことと同じことをJYJにしています。

間違っていると思うことに抗議する行動は過激でしょうか?
私どもには、デマを撒き散らし、事実ではないことで誰かを傷つける行為の方が攻撃的で過激な行為に見えます。

また、『今さら過去のことを辿っても仕方がない』との意見も拝見しますが、過去から現在までの軌跡を辿ってみるからこそ、私どもは「JYJは間違っていない」と自信を持って主張できます。
スポンサーサイト

コメント:

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


非公開コメント:

《 Wake Me Tonight 》発売日まで
プロフィール

xoxojyj

Author:xoxojyj
このブログは
【FanCafe JYJ THEIR ROOMS】
が運営しています。

彼らの真実と、ルーマ検証
彼らの言葉が聞こえる記事を中心に
まとめていきます

記事持ち出しについて
当ブログの記事はJYJファンブログへの持ち出しはOKです。 記事元URLや翻訳者名が記載されている物は、そこまですべて転載でお願いします。 SM所属芸能人を応援しているブログ等への持ち出しはご遠慮ください。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
フリーエリア
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。