スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【朝日新聞社コラム内の悪質ルーマー修正資料7】JYJに対する圧力

JYJは、2010年10月に初アルバム<ザ ビギニング>を発表したが、その後3ヶ月以上、放送3社の音楽番組はもちろん、芸能番組まで、一度も出演することができなかった。
アルバムが様々なチャート上位圏をさらって35万枚以上売れた歌手が、音楽番組には出ない代わりに、非音楽プログラムに傾いていく奇妙な現実が広がっている。

実際、最近1年の間に地上波はもちろん、衛星放送でも出演が決定したが、キャンセルされた場合が多かった。JYJ側は"Mnetで<イヒョリのオフザレコード>のようなプログラムを撮影していきたいと、私たち(Mネット)が提案してもいいという返事を聞いたがしばらくするとできないと連絡が来た"とした。また、"17日スタートのTVエンの新規のトークショーにもユチョンが初回ゲストとして出てもらうと交渉が来たが取り消しになった"と付け加えた。二、三ヶ月前には、SBSとKBSのニュースで、JYJとSMの関係を扱うと言って取材したが、放送には出ないという。昨年の年末<青龍映画祭>の祭典の舞台出演も急遽キャンセルされた。 

地上波3社のディレクターが、JYJを出演させない表面的な理由は、"法廷攻防が進行中であるから"である。所属事務所との契約問題が絡み合った芸能人は、葛藤が解決するまで、交​​渉をしないのが一般的な方法だということだ。


JTLに起こったことと同じことが起きています。
放送局側は、その理由を『JYJは裁判中だから』といいますが、JTLは裁判中ではありませんでした。

一地上波芸能プログラムディレクターは"第一線のディレクターたちが自ら顔色を見るようになるのは事実だ"と話した。"JYJを出演させると、その後、もしかしたら、SMの所属歌手たちの出演をボイコットされるとなるともっと大きな損害"ということだ。現在、SM所属の少女時代とSHINee、スーパージュニアなど放送3社の音楽プログラムを含めて文化放送<私たち結婚しました> <アイコン> <黄金漁場>、エスビーエス"強心臓"、韓国放送"百点満点"など放送3社8つの主要なプログラムに固定出演している。

これが本当の理由ではないでしょうか?
参考記事(韓国語)




2010年10月13日、韓国大衆文化芸術産業総連合会(以下文産連)は、KBS MBC SBS地上波3社をはじめとしてケーブル、レコードおよび音源流通社などにJYJの出演自制を要請する文書を発送した。

10月13日、SMが、JYJの二重契約を問題視し、販売禁止仮処分申請を裁判所に提起。参考記事(韓国語)
10月27日、SM、販売禁止仮処分訴訟を取り下げ
仮処分でSMはJYJの活動を妨害してはいけないと決定されました。こんな仮処分通るわけがありません。


2010年10月26日 東方神起ファン連合で構成された『SM不公正契約に反対する人々』が、文産連の公文書、SMのアルバム販売禁止仮処分について、公正委に申告

2011年6月13日、国会政務委員会の全体会議で、民主党バクソンスク議員は、文産連の公文書について、公正取引法違反かどうかを検討してくれと質疑した。参考記事


2010年12月15日、SBS『人気歌謡』JYJの『Ayyy Girl』が急に候補者名簿から消える。  参考記事(韓国語)

2011年2月17日、QTV 「JYJ リアル24」 2月中旬放送予定が延期
2月末、QTV側放送日を調整中   参考記事はこちら(韓国語)
3月1日、放送取消し   参考記事(韓国語)
3月18日、「リアル インタビュー、天上智喜ステファニー」放送  参考記事(韓国語)


2月28日JYJの海外ファン8万6418人はソウル中央地裁に‘JYJの放送活動保障を求める嘆願書’を提出。
3月7日からJYJファン連合は、ソウル市内の地下鉄駅21か所と市内バスなどに“JYJの青春を応援します”“キムジェジュン・パクユチョン・キムジュンス地上波行き急行列車に乗れ”という内容の広告を出す。
参考記事(韓国語)

2011年4月29日、MBC‘セクションTV演芸通信’‘リプリー’ポスター撮影現場インタビューアイテムを取り消し
2011年5月3日、、『遊びにおいで』リプリー番宣、パクユチョンを抜いて3人だけの出演打診、事実上出演自体が失敗。  参考記事

2011年7月16日、 20日生放送の'7大景観祈願 KBS 特集 5元生中継' 突然の出演取消
KBS済州放送局の立場→交渉や全体的な行事の進行は済州道庁がしている。
済州道庁の立場→KBS済州で進行したこと
KBS済州放送局の立場一変→"少女時代、f(x)の出演の方がJYJより効果的"
参考記事



2011年9月30日、2ndアルバム『In Heaven』を発売するが、KBS 2TV ミュージックバンク'チャート集計脱落 参考記事
未だ、JYJはテレビで歌うことはできない。




ここに上げている以外にも、まだたくさんJYJへの圧力はあると思います。
SMの圧力が通用しないドラマやミュージカル、CFなどで活動できるのは、もちろんJYJメンバーの努力もありますが、巨大なファンダムの応援があるからです。

JYJの日本での状況は韓国よりももっと深刻です。
アルバムもプロモーションなしで1位を軽く取り、ジェジュンはツイッター有名人ランキングで個人1位、人気は依然としてキープしていますが、歌だけではなく一切の活動ができず、コンサートの開催にも圧力がかかっています。


ファンが動いてどうなるのか? 署名活動をして変わったことがあったのか?
署名活動をしてすぐに何かが変わるかはわかりません。ですが、何もしなければ何も変わらない。
私どもカフェは、韓国サイトとは全く関係がなく、韓国ファンの指示で活動しているわけでもありません。
韓国とは違うからファンが行動するのはよくないと仰る方もいますが、人権問題に国は関係ありません。
JYJの活動ができない日本で、デマ記事によってJYJのイメージを下げる行為を、私たちは見て見ぬふりではいられません。

スポンサーサイト

コメント:

悔しい。。

分かっていた話ですが、改めてよくよく読んで、やっぱり悔しくて悔しくて…間違った情報は流してはいけないと思います! 訂正して貰わないと!! JYJの三人の活動がスムーズに出来る様になるまでず―っと応援します♪ずっとサポートし続けたいですo(^o^)o

頑張りましょう

JYJに対する一連の妨害を列挙すると、あらためて悲しくなりますね。この先どうなるのか、出口が見えるのか…でも、私たちファンが諦めてはいけませんね!一緒に頑張りましょう!

繰り返してはいけない

私たちのような「動き出したファン」に「韓国と日本とでは違う。静観するのがいいのでは」という人たちがたくさんいます。だからライブには8万人(延べ人数ですが)くるのに、今回のような署名とかには人数が集まらないのだと思います。でも、気づいて欲しいです。福島の原発事故の時だって、マスコミが「ウソ」はついていなくても、「事実を正確に公平に伝えてはいない」ということを。同じことなんです。私たちが黙っていたら今回だけでなくこれからも、JYJのことだけじゃなく他のことも、繰り返されるのです。日本人の考え方をかえていかなくちゃいけない時期に来たんです。なんでも丸く収めればいいんじゃないんです。これをきっかけにJYJファンもそうじゃない他の人たちも気づいてほしいです。

No title

カフェの皆様
私は皆さんを全力で応援しています。
日本のファンは韓国のファンに比べると穏やかな行動をしていると思います。
出来るだけ平和的に行動したいと思う人が多いのでしょう。
しかしながら、このような日本のファンの心理を利用しているのは、SM社とエイベックスです。
韓国よりも酷い状況、ユチョンのドラマやジェジュンのドラマが日本で放送することになっても、日本に来てプロモーション活動さえ出来ません。
歌手の活動だけではなく全ての芸能活動も出来ない。
いったいエイベックスに何の権利があって彼らを妨害するのでしょうか。
これは人権侵害だけではなく犯罪に近いと思います。
韓国の裁判所では3人の芸能活動を妨害してはならない、妨害する場合はSM社に罰金を払わせるという判決まで出たのにも関わらず、日本ではエイベックスを表に出して妨害を続けているのです。
一方、2人東方神起は莫大な広告費を使い宣伝し、かつての5人東方神起の映像までもみ消し、東方神起は2人だという印象を与えようと必死です。
このような残酷な行いを黙視するのは本当のファンではないと思います。
間違ってるのは間違ってると声を上げないと何も変わりません。
私は微力ですが、これからも自分なりに彼らを応援し続けます!

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


非公開コメント:

《 Wake Me Tonight 》発売日まで
プロフィール

xoxojyj

Author:xoxojyj
このブログは
【FanCafe JYJ THEIR ROOMS】
が運営しています。

彼らの真実と、ルーマ検証
彼らの言葉が聞こえる記事を中心に
まとめていきます

記事持ち出しについて
当ブログの記事はJYJファンブログへの持ち出しはOKです。 記事元URLや翻訳者名が記載されている物は、そこまですべて転載でお願いします。 SM所属芸能人を応援しているブログ等への持ち出しはご遠慮ください。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
フリーエリア
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。