スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

'奴隷'を拒否したKPOPの亡命者JYJ、彼らの運命は…KPOPの驚異的なペンドム

'奴隷'を拒否したKPOPの亡命者JYJ、彼らの運命は…
[イ・ドンヨンのKPOP オデッセイ]KPOPの驚異的なペンドム
イ・ドンヨン韓国芸術総合学校教授 



今やKPOPの熱い風が吹いている。 東京で、北京で、バンコクで、そしてパリで、ロンドンで、ニューヨークでKPOPは新しいグローバルポップに浮上している。 放送とインターネットメディアはKPOPが韓国の文化的優秀性を世界に知らせるグローバルアイコンだと騒いでいる。 しかし本来私たちはどれくらいKPOPを知っているだろうか? KPOPはどんな条件の中でグローバルポップで脚光を浴びているだろうか? KPOPの音楽はどのように作られて、どのように消費されているのか? KPOPは果たして実体があるのか?

私たちが知っているKPOPはKPOPでない。 KPOPはアイドルらの音楽だけを扱うためだ。 そしてKPOPの外部と内部は断絶している。 海外KPOPファンたちと国内音楽ファンたちがKPOPを眺める観点が違うためだ。 KPOPはあたかも無労組(労働組合)神話でグローバル企業として君臨した三星とも同じだ。
アイドルグループは熱心に努力してグローバルスターになったが、本来自分たちの悩みと苦痛をまともに話せる窓口が封鎖されている。 労組がないグローバル企業三星のように、KPOPも自由がない無限競争のグローバルポップだ。

KPOPのグローバルな熱い風は明らかに存在する事実だがメディアによって誇張されている。 なぜそうだろうか? メディアが芸能製作社と共謀関係にあるためだ。 2010年にあったSM Town Live in LAを取材するために20個余りの韓国報道機関が取材に同行参加した。 もちろんすべての経費はSMで負担した。 公演翌日無料で取材したメディアがいっせいにKPOPの称賛記事を溢れるように流し、このおかげでSMの最大株主イ・スマンの株式はあっという間に60余億ウォン程上がった。
イ・スマンの株式価値は現在2000億ウォンを越えて、昨年末にコスダックに上場したYGエンターテインメント代表ヤンヒョンソクの株式市価は1400億ウォン台だ。 2011年SM Town Live in Parisには韓国観光公社が3億ウォンを支援した。KPOPは報道機関と政府の集中支援を受けて国内市場を平定して世界へ進出している。

KPOPは10代から20代でアイドルポップが好きなグローバルファンたちが作った超国籍現象だ。 音楽的に実力が検証されたということよりは現在の世界ポップ音楽市場から消えたアイドルポップの空白期を埋めながら大当たりが出たのだ。 KPOPの音楽は現在の米国のポップ音楽のトレンドを参考にしながら卓越したダンス実力を加味して特異な音楽を作り出していて、第3世界音楽市場はまたKPOPを模倣するアイロニーな状況が広がっている。

韓国大衆音楽界誕生に大きい役割をして、書籍<アイドル>等を通して韓国大衆音楽に真剣な接近をしてきたイ・ドンヨン韓国芸術総合学校教授がKPOPを説明する連載を始める。 この連載はKPOPの表と裏、外面と内面、音楽と産業、生産と消費の秘密を暴こうと思う。 この連載は一週間に一回ずつ、全10回の予定を持って読者の皆様にお届けする予定だ。 その最初のトピックはKPOPの現住所を最もよく見せるJYJだ。


追放されたJYJ

JYJはKPOPのアウトキャスト、すなわち亡命者だ。 彼らはKPOPのホモ サケル(Homo Sacer),すなわち神聖な追放者だ。 ローマ法に出てくるホモ サケルという追放された者で、誰かによって殺された者、社会から削除されて市民の権利が剥奪された者だ。 JYJはもちろん政治的亡命者、社会的賎民集団でない。 相変らずKPOPの興行スターであり、多くのペンドムを保有したJYJが孤独で大変な政治的亡命者らのように不幸だと断定することはできない。 しかし自身の国で自分たちがしたい事をできないという点で亡命者であり追放者の性格を備える。

JYJは今でも韓国で正常な放送活動をできずにいる。 2011年9月初めにあった大邱世界陸上選手権大会閉幕式の祝賀舞台に出たのが唯一の放送活動だ。 彼らは東方神起から離れ出た後2年間公式レコードを発売して国内外で多くのレコードを販売したが、ただ一度も国内大衆音楽授賞式で賞をもらうことができなかった。 劣悪なレコード市場の環境にもかかわらず、彼らのデビューアルバム[ザ・ピギニング(The Beginning)]と2枚目正規アルバム[イン ヘブン(In Heaven)]が各々35万余枚以上売れたという点を勘案すれば、これらがなぜ音楽授賞式で候補指名さえならなかったかは容易に理解し難い。 '済州(チェジュ)世界7大景観'広報大使に指名されていたが、釈然としない理由で取り消しになったり、放送出演が予定されていたKBS <ミュージックバンク>日程も突然取り消しになった最近の状況を見て回れば、彼らの活動を誰かが組織的に邪魔していたり、互いに同調して黙認する巨大な利益集団があるということを察することができる。

JYJの多くのファンたちはその妨害者が彼らの前所属会社のSMエンターテインメントであると信じている。 JYJの国内放送活動にブレーキをかけることができる唯一の集団は間違いなく3人の脱退を初めから正しいと思わないSMエンターテインメントの外にはないと考えるためだ。 JYJは不公正契約の不当さと収益分配の不透明だということを公開的に暴露して、上手くやっているSMを苦境に陥れた。 JYJファンたちはSMが、できる限りJYJの活動を最大限邪魔してSMを裏切った者らの最後がどうなるかを手本で見せようとすると、そして現在の所属アイドルグループらに暗黙的に服従の警戒心を植え付けようとすると考える。 ギャングスターの世界でも可能なお話だ。 SMは最高のアイドルグループだった東方神起が契約問題でたとえ活動に致命的な傷を負うとしても、現在デビューを指折り数えている練習生グループらを自分たちが持っている製作権力を活用して東方神起の位置に載せれば良いと判断するようだ。 彼らに東方神起は自分たちの芸能製作のパワーを広告してくれる孝行息子ながらも、同時にいつでも投げ出すことができる庶子でもあった。


30120103100911(2).jpg
JYJは'奴隷'とまで比喩される韓国アイドルの契約慣行を今一度社会に問題化させた。 (c)ニューシス


SMの誤った判断

SMがJYJの活動にブレーキをかけて彼らを無力化することができると判断した理由は二種類だ。 一つはKPOPの最も強大なアイドルグループ製作会社に成長したSMが自身の力でJYJの放送活動に影響を与えることができると信じているためだ。 韓国大衆音楽の特性上放送のない興行は不可能だ。 SM所属アイドルグループが地上波とケーブル放送で占める比重と役割は強大だ。 彼らメンバーは他のどんな芸能製作社所属アイドルメンバーより音楽プログラムと芸能娯楽番組、ラジオプログラムDJと固定出演の比重が大きい。 放送会社は直接的な圧力を受けなくても多くの出演陣を保有しているSMの顔色を見るほかはなくて、SMの暗黙的同意なしではJYJの放送出演を敢行することはできない。 過去'大邱世界陸上選手権大会'閉幕式にJYJがKBSに出てくることができたこともそれなりにこの放送が芸能局所管ではなかったためだ。 放送局ではSMとJYJの訴訟のためにこれらを出演させることができないとしても、すでに裁判所はSMと以前の東方神起との専属契約が不当だという1次判決を下したのでその主張は説得力がない。また、マスコミの報道によれば公正取引委員会はSMがJYJの活動を邪魔したという陳情書を受けて調査した挙句いくつかの端緒らを発見して数億ウォンの課徴金を賦課する準備をしている。

二つ目は、SMはJYJが東方神起時代に次ぐほど正しくなされたマネジメントシステムを確保することできないことだと判断しただろう。 アイドルグループが国内だけでなく外国でも人気を呼ぶためにはグループの力量も重要だが、彼らを管理する体系的な管理(management)システムが何より重要だ。 アイドルグループの活動には音楽創作と振りつけからコーディネーション、日程管理に至るまで多くのスタッフが必要だ。 SM側は放送活動が意のままにならない状況で、いくら東方神起前メンバーといっても企画会社の強大な支援体系なしではこれらが成功する可能性はそれほど多くないと見たのだ。

しかし不思議なことは、現在JYJが常勝疾走しているという点だ。 かえってSMから全面的な支援をされて活動している2人の東方神起がJYJぐらいの活発な活動をできずにいる。 過去の東方神起のファンたちもJYJの活動と名分を圧倒的に支持している。 3人のJYJと2人の東方神起間のコンサート売り切れ率、ショーケース興行、レコード販売、広告モデル活動、インターネット検索認知度などを比較してみればJYJがはるかに成功的だと判断することができる。 なぜこうしたことが広がったのだろうか?



ペンドムの正義感

東方神起の不公正契約波紋以後SMが見過ごしていた事の中で最も重要な点はすなわちペンドムの威力だ。SMは訴訟を提起した3人が東方神起を脱退しても名前をそのまま維持すればファンたちの動揺はなかったり、あっても微小なことと判断したと見られる。 東方神起というブランドだけ守ることができるならば、ファンたちは相変らずその名前に歓呼して支持するという判断。 しかしそういう予想は外れてしまった。 東方神起ペンドムの多数は3人のJYJの行動を支持して出た。 ファンたちに重要なのは東方神起自らの名前でなく、東方神起の定義であった訳だ。 さらに訴訟を提起した3人の正当な理由が、SMによって個人事業に対する欲であると歪曲され、そして2人の東方神起メンバーらの責任転嫁式な発言が続くうち東方神起のペンドムは3人のJYJに移動した。 JYJは東方神起の定義と真実の名前である。 ファンたちはたとえ東方神起という名前を持つことができなくても、東方神起がミュージシャンとして進まなければならない正しい道はJYJという名前で続いていると信じる。

それならJYJのペンドムの定義は何だろうか? それは自分たちが好むミュージシャンらを自分たち自らが守ることだ。 この点でペンドムは利己的だ。 ペンドムは自分たちが好むスターを守るためにできる限り最大限の排他的な行動をする。 それでペンドムは自分たちが好むスターらとそのスターを育てた製作会社を喜んで分離することを願う。 製作会社があるのでスターが活動できるのは事実だが、ペンドムは製作会社がなければスターも消えるとは考えない。 ペンドムに製作会社は他の見方をすれば必要悪で不便な真実だ。 自分たちが好むスターが成功するために強大な製作会社が必要ではあるが、自分たちの経済的投資で製作会社が大金を儲けて強大な権力を持つようになってスターがまた強い統制下に置かれることになるのを願わない。 さらに自分たちが好むスターが結んでいる契約が不当で、彼らのスケジュールが殺人的なのに加え、正当な収益分配も成り立たないならば、製作会社はファンたちに公共の敵になるほかはない。 東方神起の製作会社であるSMに対するペンドムの不信はすでにかなり以前からあった。 SMとの専属契約不公正問題で離れたHOT、神話の前例を照らし合わせてみる時ファンたちには東方神起が人気絶頂の瞬間にあるいは、不公正契約問題で大きい難関に直面するかも知れないという恐れがあった。



イスマン
イ・スマンSMエンターテインメント代表は韓国アイドルポップ、いわゆるKPOP成功神話の象徴的人物だ。 また、アイドル奴隷契約を代表する人物でもある。 (c)ニューシス


その恐れが現実に現れて、東方神起のペンドムは名前の代わりに定義を選択した。 直ちに3人の東方神起を緊急支援できるベースキャンプを整えたし、SMに向かって宣戦布告を飛ばした。 東方神起の専属予約(契約の打ち間違い?)がなぜ不公正なのか、彼らになぜ十分な経済的補償が返らないのか、なぜSMは日本での活動収益を正確に明らかにしないかを具体的な論理と実証的なデータを動員して説明して、これを通じて肯定的な世論を形成させた。 また、公正取引委員会に東方神起の専属契約が不当だという陳情書を出したし、JYJの放送活動が遮られるとすぐにSMがJYJの放送活動を邪魔したという疑惑を提起してやはり公正取引委員会に陳情書を出した。 彼らは東方神起ペンドムからJYJペンドムに切り替えるのを恐れなかった。 彼らはまた、自発的に募金して用意したお金で"あなたの青春を応援します"というJYJ支持キャンペーン広告を進行した。 JYJが放送出演を出来ないことに抗議するためにという風刺広告をインターネット無償提供紙に掲載することもした。 JYJが亡命者で生活する間、彼らを支持する故国の同胞は正しい共和国を新しく作ったのだ。


幸福の源泉、自由意志

それなら、KPOPの亡命者JYJは幸せだろうか? 当然そうであろう。 JYJのペンドムの定義がJYJを幸せにしたためだ。 JYJ幸福の源泉は、表面では商業的な成功で見ることができる。 2010年に公式デビューして以来今までJYJは東方神起時期劣らない成功街道を走っている。 彼らは今まで2個の正規アルバムとメンバーらのソロ シングルアルバム、OSTアルバム、コンサート実況アルバムなどを合わせて最小限120万枚のアルバム販売高を上げた。 ロッテ免税店モデルなど10ヶ所余りを越える広告に出演したし、写真集、エッセイ集、DVDを出版しただけでなく、メンバーが各種映画ミュージカル ドラマに出演した。 ライブ公演も日本ツアーをはじめとして2010年ワールドワイドショーケース、2011年ワールドツアーコンサートまで2011年11月6日現在総33回、約55万人余りの観客を動員した。 彼らは過去の東方神起よりも経済的にさらに多い利益を得たし、2人の東方神起と比較してもより大きい名声を得ている。

しかしJYJが幸せになりえる本当の理由は恐らく、自分たちの活動を自分たち自らが決めることができるようになった環境になったためであろう。 所属会社の決定によって一方的に活動するのでなく自分たちの活動を自分たち自ら決定できる自由意志の回復こそJYJ幸福の源泉だ。 現在JYJは所属会社なしでCjesエンタテーメントとエージェンシー契約を結んで自分たちの活動に必要なことを任せている。 東方神起時代SMの一方的なスケジュールによって活動しなければならなかったことと違い、彼らは自身の活動にすべての権限を持っている。 今、自ら音楽を作ってプロデュースして、それで彼らは今自分たちがアーティストと呼ばれることを願う。 公演をして、ユニット活動をして、レコードを発売して、公益的な活動をしなければならない時、彼らは誰の顔色も見なくて、自ら決定できる権限を持っている。 たとえ東方神起という国籍を放棄した亡命者の境遇でも、逆説的にも自分たちの活動を自ら決定できる権限を持つようになったのだ。 本来の名前と既得権をあきらめて代わりに考えと活動の自由意志を持つようになったこと、これこそがKPOPの多くのミュージシャンが夢見なければならないのではないだろうか?


30120103100911(1).jpg
東方神起はJYJメンバーらを批判するニュアンスの歌を発表することもした。 (c)ニューシス



また東方神起での再会?

韓国アイドルグループの系譜で最も完ぺきなグループと評価された東方神起はとにかく今東方神起とJYJに分離した。 エンターテナーとして最高の頂点を走る時点で発生した彼らの運命的な分離はファンたちには不幸で悲劇に違いない。 いっそ神話の例のように5人の東方神起が全部SMから出て独立的な活動をしたら良かったが、惜しくもあれこれ私的な利害関係がからまりながら彼らは分離してしまった。

以前の東方神起ペンドムや現在のJYJペンドムは彼らがまた再結合するのを一回ぐらいは夢見るだろう。 2人が専属契約を解約して出てきて、また東方神起の名前で再結合すること話だ。 3人のJYJが東方神起の名前が懐かしくてまたSMで合流することは殆どないはずであるためだ。 それなら2人の東方神起はSMから出ることができるだろうか? そしてまた東方神起という名前で自分たちの権限を行使してまた活動することができるだろうか?

恐らくそれは不可能だろう。SMが自ら東方神起という商標権利をあきらめない以上、東方神起という名前での再会はどんな形態でも不可能だ。 すでにSMに残留することに決心して現在まで活動している2人の東方神起メンバーユノ・ユンホ、チェガン・チャンミンが一時悩んでいたSMからの解放を実行に移す可能性もそんなに多くない。 万一、彼らの合流が可能でも東方神起の名前をまた使うのは不可能だ。 それなら東方神起での復帰あるいは再会のために残った方法は二種類だ。 一つは2人の東方神起と3人のJYJを現実的に認定するものの、胸中では3人のJYJを実質的な東方神起と認定することだ。 名目上では東方神起という名前を書くことができなくて、SMに所属した2人の東方神起が明らかに存在するが、3人のJYJに'東方神起'という実質的な名前の権威を付与してくれるという話だ。 すなわち名前と内容が不一致な現実を受け入れることだ。 こういう場合彼らは相変らず東方神起という本来の国籍を放棄する代わりにファンたちから象徴的権威を与えられて永遠に亡命者で生きなければならない。

二番目方法は可能性が希薄だが2人の東方神起がSMから出てJYJとまた合流することだ。 この場合にも東方神起という名前を使う訳には行かないが、実際的に東方神起の国籍を獲得することができる。 東方神起のすべての人が亡命を申請したためだ。 名前は関係ない。 恐らくJYJYCやYCJYJになるかも知れない。 たとえ過去の誤解と反感があったとしても、ファンたちは恐らくこの二番目場合を切実に望むだろう。 東方神起を東方神起で呼ぶことができなくて代わりに新しい亡命者の名前を呼んでも話だ。 彼らが一緒になるならばの話だ。

http://www.pressian.com/article/article.asp?article_num=30120103100911§ion=04

訳:Japan Fan Cafe JYJ Their Rooms Staff yuri



東方神起の権利については、私どもカフェでこれまで紹介してきた考えとは違っています。
参考記事 
http://xoxojyj.blog.fc2.com/blog-entry-50.html
http://xoxojyj.blog.fc2.com/blog-entry-52.html


韓国国内では、東方神起問題を正しく理解して書いてくれる方々が増えています。
いつかきっと日本のマスコミにも正しい報道をしてもらえると信じて、私たち日本ファンはこのような記事を共有し、応援を続けていきましょう。




韓国芸術総合学校教授イ・ドンヨン氏はキムボムテさんのコラム内でも書かれています。
カフェで翻訳紹介した中からその部分を抜粋しました。

8月14日、午後2時。ソウル貞洞にあるフランチェスコ会館では、"東方神起の事態を通して見た芸能マネージメントシステムの問題と代案摸索"という主題の緊急討論会が開かれた。
(中略)

発題者として出たイ・ドンヨン教授(韓国芸術総合学校)は、"東方神起はSMとの契約条件の下で支払わなければならない違約金は最低4000億ウォンから4800億ウォンに達する"と言って参加者を驚かせた。

イ教授は"これは公正取引委員会が勧告する標準契約書の内容をはるかに及ばない内容でトップクラスのアイドルグループと最上の芸能マネージメント社が結んだ契約として見るにはあまりに不合理である"と指摘した。

イ教授は"今回の事態の核心的な問題は、韓国芸能マネージメント分野の封建的文化"と"プライバシーの過度な侵害と一方的な意思決定など、芸能人とマネージャー間の権威主義的関係の問題が解決されないのが問題だ"と説明した。

また、イ教授はこれに関連し、"所属事務所が芸能人を会社の行事に無償で出演させることやプライバシーを過度に侵害するなど、芸能人と所属事務所の"封建的な関係"は、早急に解決すべき人権問題"とし"韓国の芸能企画社は、不適切な契約により、アイドルスターを育てた後、彼らの人気に基づいて、上場株式の価格を上げることだけに血眼になっている"と批判した。

http://xoxojyj.blog.fc2.com/blog-entry-192.htmlこちらから一部抜粋


韓国芸術総合学校イドンヨン教授(文化連帯文化政策センター共同所長)は "東方神起の日本活動によって発生した収益に対して共同でマネジメントを担当する SM ジャパンとエイベックスが収益の 50%を分配して, 再び 'SM'と 'SM ジャパン'が 50%を分けている方式なので実在的に東方神起の日本活動収益は全体収益総額の 1/4に当たる金額の中で一部を分配受ける方式"と説明した.

去る 14日 '東方神起事態を通じて見た芸能マネジメントシステムの問題と代案模索'という主題で開かれたシンポジウムでこの教授は "SM ジャパンと SMは事実上同じ会社と見ても問題ないため、このような収益配分方式は二重取得方式"と指摘した.

この教授は引き続き "東方神起が分配受けた総額, スターとして享受した名声, SMで主張する莫大な運営費用(実はこれまでも収益配分では大部分除かれた)の状況を考慮しても契約書に明示された詳細事実を几帳面に検討すれば '甲'と '乙'の合理的な契約関係で判断するには無理がある"と付け加えた.

SM,SMジャパン二重取得?こちらから一部抜粋


イ・ドンヨン氏が上記記事内でJYJの成功の軌跡を書いてくれています。
当カフェでは動画にまとめていますので、まだご覧になっていない方はどうぞ。

スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント:

《 Wake Me Tonight 》発売日まで
プロフィール

xoxojyj

Author:xoxojyj
このブログは
【FanCafe JYJ THEIR ROOMS】
が運営しています。

彼らの真実と、ルーマ検証
彼らの言葉が聞こえる記事を中心に
まとめていきます

記事持ち出しについて
当ブログの記事はJYJファンブログへの持ち出しはOKです。 記事元URLや翻訳者名が記載されている物は、そこまですべて転載でお願いします。 SM所属芸能人を応援しているブログ等への持ち出しはご遠慮ください。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
フリーエリア
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。