スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キム・ジュンス ソロ アルバム発売で振り返るJYJ 『放送ボイコット』

正当性失った出演規制の輪 断ち切って... 韓流国力浪費との指摘

2012/05/24 [20:00]
キムウォンテ記者



人気グループJYJメンバーキム・ジュンスの生涯初めてのソロ コンサートが開かれた去る20日ソウル、蚕室(チャムシル)室内体育館で会ったあるファンは“あのように実力があって才能の多いアーティストが放送で徹底的に排除されている現実が悲しい”として“いつまでこういう不当な制約と圧力に縛られていなければならないのか分からない”ともどかしいと話した。

ソウル、陽川区(ヤンチョング)に住むというある中年の女性ファンも“韓流スターの代表走者がソロ アルバムを発表しても活動を広げる放送舞台がないということは話にならない”と反問して“キム・ジュンスだけでなくJYJメンバーが一日も早く放送を通じて大衆と音楽的交感を交わすことができるように願う”と念願した。


相変らずJYJの出演に鍵を固く閉めている音楽放送に向かったファンたちの怨念の声がまた高まっている。 こういう姿は特にキム・ジュンスのコンサート以後より一層強まっている。

ファンたちは各種インターネット コミュニティ等を通して“実力でも存在感でも大韓民国最高の歌手であるのに音楽放送ではJYJの姿を見ることはできない”と惜しんで“これは韓国歌謡界全体の損失”と反発している。

キム・ジュンスも同様に、アルバム発売記念記者会見で“他の事より大きく悩んだのは放送活動をすることができないという仮定の下にアルバムを作るという事実だった”として“どうしても力が抜けるしかない状況なのではないか”と現実的限界と悩みを率直に打ち明けることもした。


すでに長期化されてしまった音楽放送のJYJ出演ボイコットは、いくら振り返っても奇形的形態という事が大多数の芸能関係者たちの共通した見解だ。

3人のメンバーが、前所属会社SMエンターテインメントとの専属契約効力停止仮処分申請など関連訴訟で続けざまに勝訴して、裁判所が放送活動を含んだすべての芸能活動を自由に繰り広げられるように保障したのに、今まで彼らの音楽が電波に乗ることができないのは、放送界に不公平で不当な権力構図が存在していることを見せる反証に他ならない。

芸能界と放送界を囲んだ権力構図で派生した主導権争いに、彼らが犠牲になっているという指摘はそれで可能だ。

しかし、周知しなければならない事実は、JYJが放送から徹底的に排撃されて阻害されている間、彼らの音楽を共有できるチャネルはさらに多様化したし、その波及力は放送の影響力をはるかに跳び越えたという点だ。

JYJを愛する人たちは、地球上のあちこちに広がってファン層がはるかに厚くなったし、メンバーは音楽だけでなく演技、ミュージカルなど多様な分野で大衆に自身の存在感を明確に刻印させてより一層強く武装した。

実際にキム・ジュンス ソロアルバムのタイトル曲‘タランタルレグラ’のミュージックビデオはユーチューブ公開と同時に全世界で数多くの接続者をかき集めて300万を簡単に越える恐るべき照会数を記録して話題を生んだりもしたし、日本ではレディー・ガガとジャスティン ビーバーを抜いてitunes、楽天、アマゾンジャパンなどで10万枚以上の販売高を上げて、へし折られなかった人気を立証した。 これは近ごろ日本活動が一度もない状態で得た結果なのでより一層貴重だった。

JYJに対する放送規制の輪は、もうこれ以上正当性も、説得力も弱い。 JYJをこのまま‘放置’するのは韓国大衆音楽産業と放送界の偏狭な狭窄関係を世界音楽市場にそのまま露出するようで心苦しい。

韓流ファンらに韓国歌謡界の後進性を見透かされているようで顔が赤くなる。 一言で韓流国力の浪費だ。

もしかしたらJYJに色々な制約のくびきを積み重ねてかぶせておいて相変らず高い障壁を垂らしている放送会社に向かって吐きだすファンたちの怨声と抗弁はややもすると矮小に見られるかもしれない。 例えばタマゴで岩を潰すように無謀に見えることもできる。

だが、巨大芸能権力に屈従した放送は記憶しなければならないだろう。 岩を砕く方法は色々なものがあるということを。 あるいはタマゴで岩を砕き難くても、その醜悪な‘しみ’は歴史の記憶に永遠に残るという事実を。



指マークのクリックをお願いします。

http://www.ejanews.co.kr/sub_read.html?uid=39590


訳:Japan Fan Cafe JYJ Their Rooms Staff yuri
スポンサーサイト

トラックバック:


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメント:

No title

「指マークをクリック」

どこかわからなかった^^;

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


非公開コメント:

《 Wake Me Tonight 》発売日まで
プロフィール

xoxojyj

Author:xoxojyj
このブログは
【FanCafe JYJ THEIR ROOMS】
が運営しています。

彼らの真実と、ルーマ検証
彼らの言葉が聞こえる記事を中心に
まとめていきます

記事持ち出しについて
当ブログの記事はJYJファンブログへの持ち出しはOKです。 記事元URLや翻訳者名が記載されている物は、そこまですべて転載でお願いします。 SM所属芸能人を応援しているブログ等への持ち出しはご遠慮ください。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
フリーエリア
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。