スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特命!【 東方神起事態 】 の本質を見分けろ... 化粧品事業投資の真実④


[JYJ、再び幕をあげて(32)]

特命!" 東方神起事態" の本質を見分けろ... 化粧品事業投資の真実④



続く法的紛争... 大連新連常務(デリョンシンリョンサンム)有限公司もウィーシャーププラス相手提訴

12月3日。今度はウィーシャーププラスの中国内の合弁会社が現地の他の会社から詐欺容疑で訴えられたというニュースが飛び込んだ。先立ち 1日、中国の大連新連常務有限公司の責任者がウィーシャーププラスの中国合弁会社であるイェジャリョを詐欺の疑いで、北京海淀区人民法院に訴えた内容であった。

彼は訴状で " その年の1月のイェジャリョは中国で投資説明会を開き、ウィーシャーププラスの化粧品と関連した一連の投資誘致活動を進めながら、広報書類を通じて " 強大な力を持つ多くの合弁会社のパートナーがいるが、この中にはアジア最高グループ東方神起のメンバーシアジュンス、ヨンウンジェジュン、ミッキーユチョンも含まれている" と明らかにした。 " と主張した。

彼は " 以後イェジャリョは大連新連常務有限公司などの代理店との接触の過程ですでに東方神起3人を、製品の広告モデルとして招待し、東方神起3人は同社の株主と何度も虚偽で宣伝した。" と述べた。

特に "2009年6月14日にイェジャリョの保証に基づき、大連新連常務有限公司とイェジャリョは書面声明を締結し、東方神起3人が2009年7月18日、大連でウィーシャーププラス製品紹介会を持つことが決定しました。ところが数日後、急に電話で東方神起3人のメンバーが参加することができない大連新連常務有限公司の代理資格を取り消すと通知、その理由を尋ねると、理由がないと回答して保証金の返却も断った。 " と明らかにした。

このニュースも、刺激的なタイトルとともに、国内メディアにも素早く広がっていった。


中国の裁判所" 東方神起、化粧品会社の広報と関連していない"... 北京九新公司訴訟棄

それからしばらくの時間が経った2010年3月26日。中国から意味のあるニュースが伝えられている。

北京市海淀区人民法院が先立って 2009年11月、中国北京九新世界文化伝播有限公司(代表ゴゴンムン、以下北京九新公司)が" 東方神起三人のメンバーと、国内化粧品ウィーシャーププラスの中国の合弁会社である" イェジャリョ" の詐欺行為で被害を受けた。 " と提起した損害賠償請求訴訟を棄却したのだ。

これは結局、東方神起3人が化粧品会社の広報活動とは一切関連や契約関係がないことを、中国の裁判所が確認したものであった。また、"3人のメンバーが化粧品会社の中国法人の投資説明会に参加して写真を撮るなど直· 間接的に広報活動を広げてきた。 " と言ったSM の主張を覆す判決だった。

ウィーシャーププラスが明らかにした中国法院の仲裁決定文によると、" 裁判所は3月26日、申請人(北京九新公司)の仲裁要請全部を棄却し、今回の案件の仲裁費用人民元3万8470元を申請者が負担するように" 決定した。



大連新連常務有限公司の訴訟も棄却... 2中級人民裁判所も原審確定

この連載を開始し、個人的に持っていた考えの中の一つは、3人のメンバーの化粧品投資の問題についての誤解と真実は必ず明らかにしなければならないという念だった。時間が経って、いつしか大衆の脳裏には " 東方神起の事態" の本質は、希釈され、続く化粧品論議と繰り返された訴訟により、JYJ のイメージに汚れが生じたからだ。

読者に充実した情報と明確な事実関係を伝えるためにシリーズを開始し、久しぶりにウィーシャーププラス、カン·ソクウォン会長を訪ねた。その間ウィーシャーププラス瑞草洞の聖水洞に会社を移転した状態であった。安否を伺い色々な話を交わす中、彼が驚くべき資料を公開した。

2009 年12 月1 日、中国の大連新連常務有限公司は、ウィーシャーププラスの中国合弁会社であるイェジャリョを相手に提起した詐欺嫌疑の訴訟も中国の裁判所から棄却された判決文だった。

この資料によると、中国の裁判所は、"東方神起3人のメンバーがウィーシャーププラスの広報大使という言及が契約書には全くなく、当該案件に直接利害関係がなく、起訴の条件を満たしていないため、これを棄却する" という内容が盛り込まれている。

大連新連常務有限公司は、1審不服、2中級人民裁判所に上訴したが、これも棄却された。2中級人民裁判所は、" イェジャリョを起訴したことは、起訴の条件を満たしていなく、原審裁判所はこれに基づいて、大連新連会社の起訴を棄却したことによりこれは不当ではない。 " と判決した。

先立って、まず訴訟を提起した北京九新世界文化伝播有限公司も1審で起訴が棄却されるなど、状況が不利になると2010年5月7日にすべての訴訟を自ら取り下げた。結局、東方神起3人の化粧品への投資をめぐる中国で、すべての法的議論 ​​は終息したわけだ。

カン·ソクウォン会長は、 "訴訟を提起した北京九新世界文化伝播有限公司の代表ゴゴンムンと大連新連常務有限公司の販売代理店総支配人だったソチウィはその後隠れて現在は行方が分からない状態" と言いながら豪快に笑った。無理して笑っているが、これまで経験したカン会長と従業員の精神的苦労を考えると、その笑いがどんなに苦いか容易に推測された。

さめたコーヒーを一口飲んだ後、カン会長に尋ねた。

" 会長、昨年5月にあった裁判所の判決をなぜ今になって教えてくださいますか?その時にご連絡をいただけたら良い記事アイテムになったと思います。時期的に遅すぎて... "

話を聞いたカン会長は、しばらく空を眺めて。そして慎重に口を開いた。

" 韓国で" 訴訟" という言葉が与える重圧感は相当大きい。特にイメージが命のように重要なアーティストたちにはなおさらそうでしょう。それが勝訴でも、真実でも訴訟に関連した記事が報道されるということは、結局メンバーたちに負担として作用するしかありません。それが法的紛争を眺める韓国人の一般の感情であるからです。

私ととして、なぜその当時、この事実を話したくなかったか?しかし、私は当社の問題が原因で三人のメンバーが負担に苦しむことを望んでいません。真実を知るために努力するより刺激的な記事に、より多くの関心を持つ人々が、相変わらず多くの現実では、本質は隠されたまま訴訟に関連する話ばかり強調されている姿を見たくない。そしてそれを誰が一番ほしいか私達は確かにわかっているじゃないですか?

後で機会があればいつか真実は明かされると確信していたが、今日このようにキム記者さんにまた会ったではないですか?"

彼の揺るぎない瞳で本気が読みとれた。

結局、北京九新公司に続き、大連新連常務有限公司まで中国でウィーシャーププラスと三人のメンバーを相手に提起されたすべての訴訟は、地元の裁判所によって棄却された。しかし、この事実が今までマスコミに報道されたことは一度もない。記者も当時取材内容を記事に作成しようとしたが、時期的に1 年も経った事件ということで保版された。そのため、この訴訟の事実関係が公開されているのは、このシリーズが初めてだ。

こういうわけで、3 人のメンバーとウィーシャーププラスに向けた中国のすべての訴訟は終了した。彼らに向けられた" 広報大使" などという主張もやはり根拠のない無理押しと判明した。3 人のメンバーは、単純な財務的投資家であることが中国の裁判所から認められたのだ。さらに、訴訟を提起した張本人は、姿を隠したまま行方不明になってしまった。

中国ではこのように、すべての訴訟が完了したが、韓国ではウィーシャーププラスとSM エンターテイメント間の法廷攻防が相変わらず進んでいた。特にこの過程で化粧品会社の株式のうち62.5%が東方神起3人のメンバーと家族の人になっているという、検察の調査結果が報道され、論議をさらに増大させた。(続く)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


スポンサーサイト

コメント:

No title

いつもありがとうございます
ブログでしつこく上げていきましょう

コメントの投稿


非公開コメント:

《 Wake Me Tonight 》発売日まで
プロフィール

xoxojyj

Author:xoxojyj
このブログは
【FanCafe JYJ THEIR ROOMS】
が運営しています。

彼らの真実と、ルーマ検証
彼らの言葉が聞こえる記事を中心に
まとめていきます

記事持ち出しについて
当ブログの記事はJYJファンブログへの持ち出しはOKです。 記事元URLや翻訳者名が記載されている物は、そこまですべて転載でお願いします。 SM所属芸能人を応援しているブログ等への持ち出しはご遠慮ください。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
フリーエリア
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。