スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国でのSMの現状 『I AM』観客数

韓国内でのSMの人気、現状を数字で見れる資料
現在上映中のSMアイドル勢ぞろい映画 『I AM』の観客数↓

I AM 観客数-3

計算すると1スクリーン340席のところに19名ほど。。。。  
座席占有率 5.5% 。。。
初日から4日間の観客数合計は、14,465名


5日目の本日25日は、舞台挨拶だったとか。。。観客数2,821名






こちらはJYJのTHE DAY ↓

THE DAY 観客数

4日間の観客数合計は、24,163名



JYJの『THE DAY』は、
バレンタインデーのためのファンへのプレゼントとして、CGV全国主要20ヶ所の上映館で2月9日封切り予定でした。(2012年1月19日記事)

ところが、発表翌日、20日、CJV側から上映キャンセル通知。

Cjes側は、
『19日、双方の担当課では、契約内容の検討が完了し、報道資料が配布され、20日に捺印された契約書を受け取った。
しかし、CGV側から20日、電話で"最終決定権者の許可が出ていない契約なので契約を初期化しなければならない"という通知をうけた。』
『このような不条理な出来事、非常識であり法の論理を超えた事柄が、私たちには非公式的に週に2~3件以上起きている』と言っています。


どうして、JYJにはこのような不条理なことが起きるのかをハンギョレ21のナムウンジュ記者が書いてくれています。
http://jyjroom.blog39.fc2.com/blog-entry-584.html
この中から一部分を抜粋

Cjes側は、『1月19日、CGV側担当者が 「記事が出た後、CJ、E&M側で問題提起が入ってきた。CGV本部長様が最終決定する事項だから本来計画のとおり進められるように防御してみる」と言った』 『見かけには上映館が単純に契約を不履行したように見れるが実際に上映を防ぐ外圧があったという証拠』と話した。

CGV広報チームは 『CJ E&MとCGVは全く違う独立的な会社だ。SMエンターテイメントがCJとE&Mを通じてCGVに圧力を加えたという話は小説だ。ありえない』と 全面否認した。

しかし前後の状況を総合してみると、JYJドキュメンタリー上映のニュースを知らなかったCJ E&M側が、プレスリリースが出た後にその事実を知って、CGV側に大きく抗議し公開がキャンセルになったのだろうという推測が説得力を得る。

<ハンギョレ21>が確認した二つの会社実務担当者の1月19日の対話でも “CJ、E&Mからタックルが入ってきた”という表現が出てくる。 記事が出された後 “SMから音源をすべて抜くと言われるかと思ってCJ、E&Mが顔色を見ている” ということだ。

CJ、E&Mは放送・映画・音楽などCJエンターテイメント事業を総括する会社だ。2011年第3四半期基準としてtvN、MnetなどCJ、E&Mが所有するチャンネルはケーブルチャンネル市場占有率1位を占めている。
しかしそのようなCJ、E&MもSMエンターテイメントとの関係回復には非常に努めてきたと分かった。 SMエンターテイメントはCJ、E&Mが2009年当時自社と法的紛争中だった東方神起のメンバー、ヨンウン・ジェジュン、シア・ジュンス、ミッキ・ユチョンを ‘Mnet アジアミュージックアワード’ 授賞式舞台にたてた後順位公正性と有料投票の商業性を問題にして所属歌手の出演を拒否してきた。

2011年スーパージュニア、少女時代などSM所属歌手が舞台に上がって賞を受けたことは、CJ、E&Mが和解のために積極的に出たおかげという後聞だ。

CJエンターテイメントがSMと共同製作中のSM所属歌手のドキュメンタリーもこのような和解気流と無関係ではないように見える。 <アイアム:SMタウンライブ ワールドツアーinマジソンスクエアガーデン>という仮題で今年前半期封切りを目標に作られるこのドキュメンタリーにはSMエンターテインメント所属歌手32人の米国、ニューヨーク公演の姿と舞台の外の話が入れられると発表された。少女時代とスーパージュニアはもちろん2人の東方神起も出演するものと見られる。

名前を明らかにしなくしないでくれと言うCJ、E&M側関係者は “最高の音響とカメラ装備を動員して製作費だけで数十億ウォンが投入するものと見られる。大型アイドルコンテンツの収益も収益だがグループ内部ではSMエンターテインメントとの和解のための贈り物になるという話も多い”と伝えた。



このように、CGV側から一方的にキャンセルされた『THE DAY』は、バレンタインデー上映は叶わなかったものの、2月23日ロッテシネマで上映されました。


スポンサーサイト

コメント:

No title

あれこれ策をめぐらしても、所詮JYJに太刀打ちできないということを認めてしまえばかえって楽なのに。大金をかけてでも阻止したい程、JYJの実力を認めてるのにね。心配しなくても今のSMに3人に対抗できるタレントはいないし、これからも現れないのにね。いつまで笑い者でいるつもりでしょうか。

コメントの投稿


非公開コメント:

《 Wake Me Tonight 》発売日まで
プロフィール

xoxojyj

Author:xoxojyj
このブログは
【FanCafe JYJ THEIR ROOMS】
が運営しています。

彼らの真実と、ルーマ検証
彼らの言葉が聞こえる記事を中心に
まとめていきます

記事持ち出しについて
当ブログの記事はJYJファンブログへの持ち出しはOKです。 記事元URLや翻訳者名が記載されている物は、そこまですべて転載でお願いします。 SM所属芸能人を応援しているブログ等への持ち出しはご遠慮ください。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
フリーエリア
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。