スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JYJ vs SM、専属契約の調停最終不発、9月是非

JYJ vs SM、専属契約の調停最終不発、9月是非

スターニュース 原文 記事送信2012-08-10 18:36
[マネートゥデースターニュース、ユンソンヨル記者]


アイドルグループ東方神起の専属契約問題をめぐり対立している、SMエンターテイメントとグループJYJ(キム·ジェジュン、キム·ジュンス、パク·ユチョン)の調停が結局失敗に終わった。

10日午後4時、ソウル中央地方法院579号調停室で非公開で行われたJYJの専属契約紛争関連調停期日では、SMエンターテイメント、キム·ヨンミン代表をはじめ、双方の弁護人が出席し、お互いの意見を調整した。

JYJメンバーたちはこの日、法廷に姿を現わさなかった。
1時間30分余り分かけて調停が行われる間、双方は、30分ずつ交互に調停室の中に入って、それぞれの意見を裁判所に提供した。

その後、双方が一緒に調停室につき、お互いの立場を表明した。この日、キム代表は、しばらく調停室の外に出ている間待合室の椅子に座って、弁護人と話を交わした。

キム代表は、調停中で取材陣と会って"まだ進行中だから申し上げられない"と言葉を慎んだ。

先立ち、SMエンターテイメントとJYJ側は昨年5月からなんと6回も調停期日を取って双方の意見の相違を狭めようと努力した。しかし、昨年末、最終的に調停が不成立されて裁判が再開されたことがある。

去る5月の弁論期日を持って、お互いの意見を伝えたが明確な立場の違いを見せてきて、結局最終宣告を控えていたが最近裁判所で双方調停を勧告して再び調停期日を持った。

しかし、今回も両者は意見の相違を狭めることができなかった。

JYJ弁護人側はこの日、調停室を出てスターニュースに"双方の意見の差がとても大きい"とし、 "合意点を導き出すことができず9月13日頃宣告期日を持つことにした"と明らかにした。

弁護人は引き続き "SMは "過去の話は覆う"という立場であり、我々は、精算の問題など、法的に問うことは、計算しなければならないという意見を表明した"とし、"双方が意見がずっと分かれているが、裁判所は、判決があるまで、両側の自律的合意や調停を勧めている"と説明した。

こういうことで、双方は3年にわたる攻防の最後に、裁判所の判断に最終的な結果を任せる可能性が高まった。調停を終えて出てきたSM側は改めて取材陣の質問に"まだ申し上げることがない"と答えた。


一方JYJは、去る2009年、裁判所に"不当な専属契約の効力を停止させてほしい"と仮処分申請を出した。裁判所がこの内容を受け付けると、SMエンターテイメントは2010年4月に専属契約の効力の確認と損害賠償請求訴訟を起こした。

これに対し、JYJも専属契約の効力不存在確認訴訟を提起した。
一方、裁判所は、昨年2月にSMが、キムジェジュン、パクユチョン、キム·ジュンスを相手に提起した、仮処分異議申請および専属契約効力停止仮処分申請を棄却した。
この回の判決で裁判所は、双方が締結した専属契約は無効であり、JYJの独自の芸能活動を保障するという決定が適法であることを確認した。


http://news.nate.com/view/20120810n25558

翻訳機使用




"調停決裂" SM·JYJ、9月初めに本案訴訟の最終判決
マイデイリー 記事送信2012-08-10 18:59

[マイデイリー=チェジイェ記者]

JYJ側の弁護人は10日午後マイデイリーに"SM側で調停を申請したので、既存に持っていた立場を少し変更したと思ったがそうではなかった"とし、 "両サイドの両方の意見の差を狭められず調停が成立しなかった"と明らかにした。

弁護人は、また"裁判所は9月6日か13日の宣告期日を定め、判決を下すことになるだろう"と述べ、 "裁判所の宣告まで両側の自律的合意や調整などを勧めると付け加えた"と話した。

http://news.nate.com/view/20120810n25991から一部抜粋

翻訳機使用





SM-JYJ専属契約紛争 "の調停に失敗"、9月本案訴訟で最終的な判決
TVデイリー 原文 記事送信2012-08-10 18:07


この日JYJ側の弁護人は "あまりにも意見のズレが激しく調停成立することができなかった"とし、"裁判所が9月中旬に宣告期日を指定して判決を下すとした。ただし、裁判所の判決があるまで、双方の自律的合意や調整などをお勧めしますという立場だ"と説明した。

続いて弁護人は "SM側が打ち出したのは過去の紛争をすべて忘れるということだった。しかし、我々は契約の精算の問題などを含めて法的に問うことは、計算しなければならないという論旨を守った"として" "覆おう'"という立場と、 "そんなことならなぜ裁判を始めたか" ​​という立場の違いが狭められなくて意見の合一を成すことができなかった"と述べた。

また、弁護人は"芸能界のビジネスというのが非常に複雑である。何よりも契約を無効にする場合の判例も全くなくては依頼人を保護する立場が狭くなる"と言いながら"特にSM側はJYJの契約に係る資料をすべて公開していない状態だ。これ依頼の権利を確実に保護できるように、このような決定を下すことになった"と明らかにした。

http://news.nate.com/view/20120810n24698から一部抜粋

翻訳機使用



JYJ vs SM、専属契約紛争調停失敗... 9月に移る
オーマイニュース 原文 記事送信2012-08-10 20:25

[オーマイニュース二言ヒョク記者] [oh my newsイオンヒョック記者]

JYJの弁護を引き受けた法務法人世宗のイム·サンヒョク弁護士は裁判直後<オーマイスター>との通話で、"意見の相違があまりにも大きすぎて合意を導出できなかった"としながら "我々は、日本活動に関連する精算問題を確実に整理しなければならないという立場だったが、SM側では過去を覆おうという式だった"と説明した。


http://news.nate.com/view/20120810n27527から一部抜粋

翻訳機使用
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント:

《 Wake Me Tonight 》発売日まで
プロフィール

xoxojyj

Author:xoxojyj
このブログは
【FanCafe JYJ THEIR ROOMS】
が運営しています。

彼らの真実と、ルーマ検証
彼らの言葉が聞こえる記事を中心に
まとめていきます

記事持ち出しについて
当ブログの記事はJYJファンブログへの持ち出しはOKです。 記事元URLや翻訳者名が記載されている物は、そこまですべて転載でお願いします。 SM所属芸能人を応援しているブログ等への持ち出しはご遠慮ください。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
フリーエリア
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。