スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JYJ、SMとの交渉決裂、抑圧の時代は終わりを告げるか?

[ブログと]ジャイミのベッドストーリー
ジャイミ| mfmc86@hanmail.net
入力 2012.08.12 11:02:10


[ミディアース]3年引き延ばして来たSMとJYJの法廷攻防が9月に完了します。これまで飽き飽きする攻防をしてきた部分は、実はSMとJYJの合意調整でした。これまで続いてきた専属契約関連論難は、すでに法廷でJYJの手をあげたという点で、双方の "合意"という点が重要に迫ってきます。


SMとJYJ、合意という事実に注目しなければならない


3年引き延ばしてきた法廷攻防は、もう9月に終了日予定です。去る2009年JYJはSMを相手に専属契約仮処分を申請し、翌年SMは専属契約の効力確認と損害賠償請求訴訟を出しました。しかし、JYJは、専属契約効力不存在確認訴訟で対抗して彼らの法的攻防は3年という時間の間続いてきました。

一見するとお互いの法的攻防が平行線に走っているだけのようですが、裁判所は、昨年SMがJYJ(キム·ジェジュン、パクユチョン、キムジュンス)を相手に​​提起した仮処分に対する異議申請および(JYJとCjes間の)専属契約効力停止仮処分申請を棄却しました。とともに、SMがJYJの独自の芸能活動を妨害してはならないという判決まで下しました。もちろんこのような法の判決にもSMがJYJの放送活動を阻んだことは、誰もが知っている秘密でもあります。


jyj-20120812-1.jpg
▲ⓒ連合ニュース

"不当な契約の束縛から抜け出したい"と提起したJYJの専属契約効力停止仮処分申請は、結果的に一部受け入れられました。裁判所は、SMが東方神起のメンバーたちと締結した専属契約が不公正契約であることを認めた点です。基本的には、最も重要だった不当な契約は、すでに裁判所が間違っていると判断をしたということです。

専属契約が不公正契約であることは明らかだが、収益配分に対する判断は本案訴訟の領域として線を引いて合意を誘導してきました。彼らに残されたのは、収益配分に係わる問題であるという点だということです。基本的には、SMとJYJの関係に残ったのは、今まで日本で活動した時期に受けていない収益に対する合意だけ残ったという事実です。

彼らが先鋭に対立している部分は、他でもない日本での活動の収益金分配の問題という点が、今回の議論で含まれていたという点が重要に見えます。合意というのは法律用語で "二者以上の当事者の意思が合致すること"です。合ってる間違ってるという問題に合意という方法は使用できません。基本的に二者が共感するが、お互いに考えが違って主張が食い違う部分に対して合意という形式を使用して、双方が理解して解決する方法が合意ということです。

SMとJYJの専属契約に関連する部分は、すでに法的にJYJの勝利で終わったし、ただ収益配分に対する問題が、お互いの主張が大きく異なるので調停を通じて合理的な方法で解決策を見つけなさいという裁判所の命令があるだけです。その問題についてなかなか合意に至らず、来る9月に最終判決を裁判所ですることになったという点が重要です。

去る2月、裁判所はなぜ、SMが提起したJYJの仮処分に対する異議申立てと(JYJとCjes間の)専属契約効力停止仮処分申請を棄却されているかに注目しなければなりません。3年引き延ばしてきたSMのJYJに対する法廷攻防はすでにJYJの勝利という点を明確にしたという事実が重要です。つまり、双方が締結した専属契約は無効であり、JYJの独自の芸能活動を保障するという決定が適法であることを証明したのです。


皆知っているように、裁判所の判決があるにも実質的にJYJは放送活動ができていないです。これまで、SMと企​​画会社の代表者の集まり(文産連)が出て放送局に提出した出演停止がまだ続いているということです。徹底的に自分たちの利益だけを代弁している集団が自分たちを裏切って(自分たちの立場で)出て行った所属芸能人たちが、二度と活動ができないように強く規制すべきだという怒りの結果はまだ放送出演を禁止しているという事実が問題です。

合理的な方法で裁判所の判決まで受けた状況だが、彼らの目に見えない圧力によって、歌手である彼らが音楽番組に出演していないという事実は悲しい事です。法の上に君臨しようとする彼らによって法的に何ら瑕疵(欠点)がないJYJの放送出演を阻むことは荒唐なことに違いないからね。

Kポップが巨大な流れへとつながって、これにより強力なパワーを持つようになった企画会社が無言の圧力を入れているという事実は、今では誰もが知っている事実でもあります。自社アイドルたちの出演条件を武器にして放送局を圧迫している姿は、昨日今日の姿でもないからね。

SMとCJの対立は、すでに有名なことです。CJ系列社の放送でSMが所属アイドルたちに理不尽な扱いをしたら数年の間出演を拒否した事実は有名です。これにより、CJとしては大きな被害を受けるしかなかったです。巨大な規模でエンターテイメント産業をリードしようとしていた彼らに、SMの出演拒否は大きな打撃であるしかなかったからね。このような事例は、空中波にも強力な武器のように迫ってきます。

最近まであったこのような問題を知っている放送局に、企画会社の集まりからのJYJ出演をさせないと言う要請が強く迫るしかなかったからね。法の判決よりも自分たちが受けた不敬罪の方がさらに大きいというこの理不尽な方式の私組織が放送を掌握している実質的な力であるという事実が問題でしょう。

最終的に合意できなかったSMはこれ以上言う事がないと言ったし、JYJ側の弁護人は、 "SMは、過去の話は覆おうという立場で、私たちは、精算の問題など法的に計算することは調べなければならないとの意見を表明した"と明らかにしています。日本で東方神起で活動した部分の収益金分配について正しい精算をしないSMの意図が何なのか、大衆が判断する問題でしょう。

9月には収益配分に対する問題まで、法的に整理される予定です。そうなれば、すべての論議は、法的に仕上げされるという意味もあります。その後も企画会社の私組織が放送局を脅迫することが続けば、これは大衆の怒りにつながるかもしれません。甲の利益だけを代弁する彼らがマフィアのような方法で個人の活動を阻むことはできない事だからね。JYJが果たしてSMとの紛争を終わらせて抑圧の時代を終えることができるか気になります。

http://www.mediaus.co.kr/news/articleView.html?idxno=27023

翻訳機使用



合意とは?→当事者の意思表示が合致すること。

和解とは?→訴訟になった場合、判決まで行かずに当事者の話し合いによって訴訟が終了する場合があります。 この事を『和解』と言います。

韓国人の知人に聞いたところ、韓国では和解、화해は、仲直りをすることをいい、訴訟の場合は「合意]を使うようですが、日本の場合は、調停で合意して訴訟が終了することを和解といいます。
因みに中国人の知人にも聞いたところ、「和解]を使うようです。

JYJとSM間の訴訟は、SMでの東方神起の契約が正しいかどうか有効か無効か、契約内容の収益配分が正当か不正かを争っていて、東方神起活動を5人でするかしないかを話し合っているわけではありません。和解は、JYJ3人とSMが仲良くなることではありません。



不敬罪(ふけいざい)とは?→国王や皇帝など君主や、王族や皇族など君主の一族に対し、その名誉や尊厳を害するなど、不敬とされた行為の実行により成立する犯罪。

不敬とは?→尊敬の念を持たず、礼儀にはずれること。




収益配分について正しい精算をしないSMの意図を考えるための資料記事
契約内容も知らないまま乗った日本行きの飛行機
SM,SMジャパン二重取得?
表にあらわれる悪徳契約の実体
500億vs 1000億... "東方神起の秘密"ベール脱ぐ (韓国語です。後で訳します。)
<歌謡界不正>李秀満(イスマン)氏、秘密事務室で資金づくり
SMエンターテイメント代表緊急逮捕
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント:

《 Wake Me Tonight 》発売日まで
プロフィール

xoxojyj

Author:xoxojyj
このブログは
【FanCafe JYJ THEIR ROOMS】
が運営しています。

彼らの真実と、ルーマ検証
彼らの言葉が聞こえる記事を中心に
まとめていきます

記事持ち出しについて
当ブログの記事はJYJファンブログへの持ち出しはOKです。 記事元URLや翻訳者名が記載されている物は、そこまですべて転載でお願いします。 SM所属芸能人を応援しているブログ等への持ち出しはご遠慮ください。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
フリーエリア
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。