スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JYJ所属会社、アルバム流通社と10億台の訴訟で勝訴

最終変更日時[ 2012-11-24 07:04:55 ]

【ソウル=ニューシース】ジョヒョナ記者=グループJYJの所属社がアルバム流通社から10億ウォン台の製作コスト還付訴訟に巻き込まれたが、裁判所がJYJ所属社の手をあげた。

ソウル中央地裁民事36部(部長判事ジョンヒョチェ)は、アルバム流通社であるアジアブリッジコンテンツが"制作費前渡金10億ウォンを返還せよ"とグループJYJの所属社であるC-JeSエンターテイメントを相手に出した制作費換金および収益配分請求訴訟で、原告敗訴の判決を下したと24日、明らかにした。

アジアブリッジコンテンツは、2010年4月C-JeSとJYJの"ザビギニング"アルバムの共同制作契約を締結したK社にレコード製作前渡金で10億ウォンを支給した。その後、昨年9月に"前金を返さずにいる"とし、 "C-JeSはK社と、アルバムを共同制作することとした"組合"契約を結んだので、前金返還義務を連帯しなければならない"とし、訴訟を提起した。

しかし裁判所は、 " K社はこの事件事業を進行するためにC-JeSと成立した同業関係の制作費などの出資義務を履行するために、独自的に原告から前渡金で投資を受けたものだけだ"と判断した。

裁判所は"組合員が組合体への出資義務を履行するために債務が生じたことは、K社の個人債務として見ることができる"とし、"アジアブリッジコン​​テンツの前金が組合債務であることを前提とした主張は理由がない"と強調した。

http://www.newsis.com/ar_detail/view.html?ar_id=NISX20121123_0011632045&cID=10201&pID=10200

訳:Japan Fan Cafe JYJ Their Rooms Staff *U




提訴当時の記事↓
JYJの所属社〝10億ウォン前払金返せ"訴えられる
マネートゥデイ 原文 最終修正2011-09-05 18:11

[マネートゥデー、キムフンナム記者]東方神起出身のメンバー3人で構成された、人気アイドルグループJYJの所属社が10億ウォン台のアルバム制作費訴訟に巻き込まれた。

5日、ソウル中央地裁によると、公演企画会社のアジアブリッジコンテンツはJYJの所属事務所シージェスエンターテイメント(以下シージェスエンタ)を相手に10億ウォン台の制作費還付と収益配分請求訴訟を提起した。

アジアブリッジコンテンツは訴状を通じて"昨年2月にC-JeSエンタと音源共同製作契約を結んでいた人気作曲家K氏とアルバム制作の契約を結んだ"とし、"契約に基づいて同年3月から4月まで四回に渡り計10億ウォンをK氏側に支払った"と明らかにした。

続いて、 "JYJのアルバムは、発売前から熱い反応を見せて、これによりC-JeSエンタは大きな収益を得たようだ"とし、"しかし、C-JeSエンタは、ある瞬間から、アジアブリッジコン​​テンツの事業参加を妨害して10億ウォンの前払金を返していない"と主張した。

アジアブリッジコンテンツは"JYJのアルバム販売で得た収益のうち18%と前金を受ける権利がある"とし、"現在としてはC-JeSエンターテイメントの収益がいくらなのか正確に知ることができないので、まず前金10億を請求する"と付け加えた。

http://news.nate.com/view/20110905n22555

訳:Japan Fan Cafe JYJ Their Rooms Staff *U




スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント:

《 Wake Me Tonight 》発売日まで
プロフィール

xoxojyj

Author:xoxojyj
このブログは
【FanCafe JYJ THEIR ROOMS】
が運営しています。

彼らの真実と、ルーマ検証
彼らの言葉が聞こえる記事を中心に
まとめていきます

記事持ち出しについて
当ブログの記事はJYJファンブログへの持ち出しはOKです。 記事元URLや翻訳者名が記載されている物は、そこまですべて転載でお願いします。 SM所属芸能人を応援しているブログ等への持ち出しはご遠慮ください。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
フリーエリア
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。