スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JYJ SMと合意、ゴリアテに勝ち抜いたJYJいよいよ自由の身になった



指マーククリックにご協力ください。この記事は持ち出し禁止です。
ブログ、ツイッター等でのリンク紹介をお願いします




2012/11/28 12:23 inホットイシューHot Issue

JYJが長い時間の間SMと紛争を繰り広げて、いよいよ自由の身になりましたね。長い時間の間、JYJメンバーたちを抑圧していた巨大企画会社SMもこれ以上は彼らを悩ませる名分も余力もなくなったという点で、ゴリアテとダビデの戦いで再びダビデの勝利は別格に近付きますね。


3年4ヶ月という長い時間に間、通常の活動を邪魔されてきたJYJとしてはすごい成果に違いありません。その間アルバムを出しても音楽番組に出演もすることができなかった彼らが、もう堂々と音楽番組に出演して、ファンと一緒にできるようになっただけでも、大変なニュースに違いないですね。


JYJ、ゴリアテと戦って芸能人の権利を拡張させた

SMの誤った契約を現実的な方向に変えたのは彼らJYJでしたね。彼らがこのように強力に主張しなかったならば、現在でもSMの所属アーティストたちは、過去の奴隷契約と相違ない契約に縛られているほかはなかったでしょうね。


jyj-20121128-1.jpg



JYJのこのような努力はSMだけでなく、JYPやYGなど巨大企画会社の所属芸能人の契約にも影響を及ぼしました。誰もあえてしなかった抵抗が芸能人たちの権利を向上させたという点で、彼らの苦しい闘争は、当然多くの人々に貴重な行いとして記憶されるほかはなかったのです。


JYJのこのような行動に、SMは積極的に対処しましたよ。企画会社たちの集まりを通じて放送局に圧力を加え、これを通じて放送出演を根本的に防いでと、自分たちに刀を抜いたJYJを埋葬するためにあらゆる努力を尽くしたからね。面白いのは、彼らはそのように押さえつけようとすればするほどJYJのすごさはより一層大きくなったという事実です。

放送出演がスムーズにできないとパク·ユチョンをはじめ、キム·ジェジュンまでドラマに出演し、歌手だけではなく、演技者としての価値の検証を受けました。パク·ユチョンの場合、出演するドラマごとに大ヒットをし、彼はドラマ市場で最も重要な演技者に成長したという事実はすごいです。

SM所属芸能人たちがドラマ出演で失敗を続けているのとはあまりにも対照的にJYJメンバーらのキム·ジェジュン、パク·ユチョン、キム·ジュンスはドラマと映画、ミュージカルで抜群の実力を発揮して、SMを決まり悪くさせてしまいましたね。歌手活動もやはり放送に出演をすることはできなかったが、多くの自治体と国で認めほど卓越した存在感を示した点でSMの妨害工作が何の意味もないことを実力で証明してしまったんです。


裁判所の判断もやはりSMが間違っていると明らかにし、これ以上JYJの活動を妨害しないようにと判定をしたにも最後の瞬間まで、彼らの活動を防ぐために気をもんだ彼らもこれ以上はこの答えのない行動をすることはできないですね。既にすべてがJYJの肩を持っている状況で、話にもならない主張は、自分たちが考えてもきまり悪い話ですね。


jyj-20121128-2.jpg


"今日の調整で仕上げ..裁判を終わらせることが最善"

"JYJの3人が東方神起として活動する意思がないことを明らかにし、これ以上3人をマネジメントする理由がないと判断した。今後お互いに関連することがなく、相互干渉しないようにして今日の調整を通じて裁判を終えることになった"

"現在も東方神起として活動しているユノ·ユンホ、チェガン·チャンミンが今後の訴訟進行に伴うこれ以上の追加被害や不要なイシューになることを防止するために、今回の裁判を終えることが最善であると判断した"


公開された記事の内容が、SMが主導して出した記事すべて見たら、自分たちの主張だけが含まれていることはあります。重要なのは、彼らが白旗を揚げたという事実でしょう。巨大企画会社という地位を利用してJYJを抑圧していた彼らは、もはや名分もない戦いを続けることができいということを告白しました。

熱心に、自分たちが訴訟を整理するようなニュアンスを漂わせているが、もうこれ以上試みることができないほど法的にもJYJの圧勝だった状況で、SMができることは白旗を持って投降することだけでしたからね。自分たちが大きな仁心でも使うかのように訴訟を取り下げて合意をしたように話をしますが、これは巨大企画会社としての最後のプライドのための話に過ぎません。

双方が締結したすべての契約を2009年7月31日に終了し、関連訴訟を取り下げて以降、相互の諸活動を干渉しないという内容の合意書を締結することにより、3年4ヶ月の間 酷くJYJを抑圧していたことは終わりになりましたね。

両側が締結したすべての契約を2009年7月31日付で終了して関連訴訟を全部取り下げて以後相互諸般活動を干渉しないという内容の合意書を締結することで3年4ヶ月の間ものすごくもJYJを抑圧したことは締めくくられましたね。

"キム·ジェジュン、パク・ユチョン、キム·ジュンスの3人とSMの間で締結されたすべての契約は、仮処分申請日の2009年7月31日をもって終了すると双方が合意した。今回の大乗的な次元の合意と未来志向的な当事者の協力の中でJYJがさらに発展することを希望する"

JYJ法務代理人法務法人世宗が明らかにした通り、もうJYJは完全に自由の身になりましたね。これまで悔しい活動の制約受けた彼らは自由の身で、自分たちがしたい放送を思う存分にすることができる契機が用意されたのですね。


jyj-20121128-3.jpg


"絶対的弱者である新人の地位を利用して結ばれた不公正な契約は無効という記念碑的な判決を二度も引き出すことによって、JYJが芸能界の環境を改善する決定的な契機を用意した"と自評したC-JeSの発言のように不公正契約問題を公論化し、これを現実可能な姿に変えてくれた点でJYJの役割は、芸能界全体を考えてみても貴重な成果に違いありません。

放送でむやみに彼らの話をすることもできず、さらには"遊びにおいで"に出演したキム·ソヒョンがパク·ユチョンに関連した話をしたという理由で全編集をされた理由は、彼らがどれくらい大変な時間を過ごしたのかをよく見せてくれる大きな課題でもありました。もうこれ以上あきれる規制はなしで自由に自分たちの活動をするようになったJYJは、ファンにも大きな感謝の気持ちを伝えなければならないようです。

長い時間の間彼らを支持して応援したファンがいたからこそ容易ではない期間を持ちこたえることができたのですね。その間、演技と歌手として最高の存在感を見せてくれただけに、これ以上制裁なしで活動が可能になっただけ今よりもさらに一層旺盛な活動でファンたちを幸せにしてくれると願います。


内容がお気に召されたならば指をギュッと押してください。 ログインしていなくても推薦は可能です^ ^


指マーククリックにご協力ください。この記事は持ち出し禁止です。
ブログ、ツイッター等でのリンク紹介をお願いします。


訳:Japan Fan Cafe JYJ Their Rooms Staff *U



*大乗的とは?
1 仏教で説く大乗の道理にかなっているさま。
2 個人的な利害などにとらわれずに、広い立場に立って判断・行動するさま。



『ゴリアテとダビデの戦い』について
ゴリアテは、旧約聖書に登場する巨人兵士。
ペリシテ軍がイスラエル軍を奴隷にしようとするが、それを知ったダビデがペリシテ軍のゴリアテを退治することを自ら申し出る。ダビデは、イスラエル軍から与えられた鎧と剣を身につけることを拒否し戦います。

「お前は剣と槍を頼りに戦うが、私はお前がなぶったイスラエルの戦列の神、万軍のYHWH(唯一神)の名を頼りに戦う。戦いは剣と槍の力で決するものではないことを人々は知ることになるだろう。これはイスラエルの神の戦いである」

ダビデはただ1つの石をゴリアテの額に命中させてゴリアテを倒します。ゴリアテは、勇者ダビデに自らの剣で首を刎ねられることになります。
この故事にちなんで、弱小な者が強大な者を打ち負かす喩えとしてよく使われます。(カフェスタッフ調べ)
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント:

《 Wake Me Tonight 》発売日まで
プロフィール

xoxojyj

Author:xoxojyj
このブログは
【FanCafe JYJ THEIR ROOMS】
が運営しています。

彼らの真実と、ルーマ検証
彼らの言葉が聞こえる記事を中心に
まとめていきます

記事持ち出しについて
当ブログの記事はJYJファンブログへの持ち出しはOKです。 記事元URLや翻訳者名が記載されている物は、そこまですべて転載でお願いします。 SM所属芸能人を応援しているブログ等への持ち出しはご遠慮ください。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
フリーエリア
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。