スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【2-2】公正委  SMキム・ジフン 奴隷契約是正命令

再浮上したSM不公正な契約の裏話
'練習場をきるとと逃げられないよ'奴隷条項の主張も登場

[801号] 2007年09月23日(日)00:20:07


公正取引委員会(公取委)は、所属アーティストとの不公正な契約を締結した芸能企画社SMエンターテインメント(SM)に是正命令を下した。 SMが所属俳優キムジフンと専属契約をしながら、過度な損害賠償の条項との契約期間が明記されて不公正な契約を締結したとのこと。公取委は、SMの芸能人不公正な契約について、勧告の措置をとったのは、2002年にHOTとFLY TO THE SKYの専属契約解除の事件以来、二度目。今回の公取委の調査で再び水面上に浮上した芸能界の'奴隷契約'論難。 SMの契約のうち問題になった内容は何なのか<日曜新聞>が密着取材した。

SMエンターテイメントのキムジフンの不公正な契約は2001年10月にさかのぼる。 BoA(ボア)HOT神話など人気歌手を養成し、国内最大の芸能企画社と位置づけたSMが演技者を養成するために、キムジフンを含む'SM演技者1期'を抜擢したこと。キムジフンは、以前のインタビューで、"契約時は、すぐにデビューして成功する事が出来るというの膨らみ期待を抱いていたが、時間が経つほど、誤った判断であることがわかった"と述べている。 SMが歌手志望生たちに投資を節約しませんが、俳優志望者たちには気をほとんど使わないいないためだ。

結局、キムジフンは、2004年12月SMに専属契約解約を通告し、翌年9月のSMを相手に『専属契約解除に伴う債務不存在確認』訴訟を提起した。裁判所で棄却されると、キムジフンは、1審判決に不服、控訴した。 SMも、キムジフンを相手に『違約金の請求所訴状』をソウル中央地裁に提出し、これまで両者は互角に対抗している。

しかし、去る13日、公正取引委員会(公取委)は、キムジフンの手を上げながらの雰囲気が変わった。公取委によると、SMは、キムジフンと専属契約を結び、詳細な条件で契約期間を'初の映画やドラマの助演級の役で出演した最初の作品以来、5年目'に設定し、契約を破った場合、総投資額の5倍と残りの契約期間中に予想される利益の3倍、別の損害額1億ウォンを賠償する条項を含んでいるという。一般的に専属契約期間本契約の時点から3〜5年、契約期間中の解約を通知した場合、違約金、2〜3倍を出すことに比べて、SMの契約が度が過ぎるということ。公取委は、"業界の慣行に比べて違約金が多く、企画会社が恣意的に、契約期間を増やすことができ、アーティストの活動の機会を失うことがある"と指摘した。

その場合は是正命令を受けた'SM契約'の実体は、果たして何だろうか。昔、SMに勤務した関係者との接触を試みた。苦労して接触した関係者は、契約の内容について質問ははばかるが、"今(公正取引委員会を介して)明らかになった条項は事実"と確認させてくれた。現在の契約内容がどのように調整されたのかはわからないが、自分が勤務していた当時は、多くの芸能人たちが'歌手はアルバム発売後、演技者は助演級の役割としての作品にデビューして5年'という契約を締結したとのこと。違約金についても認めている。




しかし、問題はここにとどまらない。契約書に明示されていない暗黙的な契約が存在するということ。そのうちの一つに挙げられるのが、対外活動費充当である。 SM所属の新人アーティストたちの多くは、収入はゼロ(0)に近いという。対外活動費をその収入から除くためだ。 SM前の関係者は"例えば、地方のイベントに行ったときに車の燃料費とコディネイト費、食費、宿泊費は、その日の収入から除かれる"とし、"活動費を除いて、残りのお金を、所属事務所と共有し、そこに残りのお金をメンバー数で割ると、一人にどのように帰るのか"と話した。だけでなく、宿泊費から光熱費も、家政婦の費用も、その実行者の役割だ。練習生時代、契約金なしで契約を締結している場合も多く、活動費は、デビュー前からデビュー後まで本人が着実に負担するわけだとした。
これらの関係者たちの言葉が本当だろうか。うわさをたよりに最後に会ったSM練習生出身のA君は、"デビューしたばかりの新人の場合、お金を稼ぐ思考をしてはならない"と告白した。匿名を要求したSM出身のアーティストB君も生活費の負担についての質問に、"外的には、会社がすべてをサポートしているように見えますが、お金を稼ぐ起動すると、かなりの部分を私たち(芸能人)の方で負担しなければならない"と述べた。

活動にブレーキがかかる部分も、これらをかろうじてしている。もう一つのSM出身のアーティストC君は、"他のものはすべて大丈夫だったが、数回のチャンスを探してきたが所属事務所ではいつもブレーキをかけて悩み苦しんだ"と告白した。 SMの体系的な訓練を経ればしっかりとした実力を持つことはできますが、デビューが大変で活動の制約が激しく、長い間活動なしでやっていく場合が多いということだ。

これに対し、SM側は"ありえない"と一蹴した。 SMのある関係者は"アーティストの給料から生活費が出るのは話にならないこじつけで会社の両方で負担する部分"と主張した。続いて、"どこの所属事務所がアーティストの活動を停止しようとするのか"とし、"新人が難しいというが、新人を育てるの所属事務所も大変な部分が多いが、こんな話が出てきて苦い"と話した

http://www.ilyo.co.kr/news/articleView.html?idxno=63952



スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント:

《 Wake Me Tonight 》発売日まで
プロフィール

xoxojyj

Author:xoxojyj
このブログは
【FanCafe JYJ THEIR ROOMS】
が運営しています。

彼らの真実と、ルーマ検証
彼らの言葉が聞こえる記事を中心に
まとめていきます

記事持ち出しについて
当ブログの記事はJYJファンブログへの持ち出しはOKです。 記事元URLや翻訳者名が記載されている物は、そこまですべて転載でお願いします。 SM所属芸能人を応援しているブログ等への持ち出しはご遠慮ください。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
フリーエリア
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。