スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JYJ、5年の法的紛争残酷史...結局は合意·勝訴

2013.01.18(金)18:57



[ティブイデイリー、ユンヒョジョン記者]グループJYJが去る2009年から始まった法的紛争を終結した。

韓国と日本、所属事務所とエージェンシー、そしてアルバム流通社まで順調ではなかったJYJの法的紛争史を探ってみた。




2011年4月28日:JYJ、日本活動ブレーキ

JYJは、日本エージェンシーエイベックスを相手に訴訟を提起した。

当初JYJは、日本大震災と関連して慈善イベントを企画したが、エージェンシー側でコンサートをキャンセルされたことがある。

これに対し、C-JeSは日本の東京地方裁判所に"日本大震災関連チャリティイベントキャンセルに関するエイベックスの対応が不当だ"と公演開催妨害の疑い仮処分申請をした。

シージェスはJYJの日本公式ホームページを通じて訴訟を提起することになった背景を明らかにして外圧に屈することなく、ファンの皆さんにJYJの音楽と公演をお見せできるようにすると伝えた。

しかし、エイベックス側は"この行事は、主催者であるザック社とシージェスエンターテイメントがエイベックスに事前の許諾もなしに企画したイベントだ、エイベックスはこれに対し、複数回抗議したが受け入れられず、チケットの販売が一方的に続いた"と主張した。

エイベックスは日本国内でのJYJの独自のマネジメント権を保有しているとし、当社の許諾なしのイベントに対して正当な対応をしたと主張した。



2011月4月30日:日本ファン声明提出


JYJの日本ファンたちがJYJ日本エージェンシーエイベックスについて"JYJの日本現所属会社エイベックスに要望する"という内容の声明書を提出した。ファンたちは"去る2010年9月貴社の公示でJYJの活動を休止して、JYJファンたちは歌を聞くことができる機会を奪われた。これまでJYJの日本活動再開を待ち続けて、その要望を貴社に送ったが、今まで納得できる休止の理由の説明すらされていない"と問題を提起した。

続いて、 "長く活動してきた日本を思い、同地震災害直後から表明してきた災害支援の自発的イベントを、貴社との契約問題を理由に開催が危ぶむような告知を出した。このようなイベントを阻止することは、国全体が力を一つに立ち上がるうとさまざまな側面から全力を尽そうとするこの時期に、大きな疑問点がないはずがない"との意思を伝えてJYJ側に力を加えた。

当カフェ記事→http://xoxojyj.blog.fc2.com/blog-entry-113.html



2012年 11月24日:アルバム流通社の法的紛争勝訴


ソウル中央地裁民事36部はアルバム流通社であるアジアブリッジコンテンツが"制作費前金10億ウォンを返ししろ"とグループJYJの所属事務所であるC-JeSエンターテイメントを相手に出した制作費換金および収益配分請求訴訟で、原告敗訴の判決を発表した。

アジアブリッジコンテンツは、2010年4月C-JeSとJYJの"The Beginning"アルバムの共同制作契約を締結したK社にアルバム制作前金で10億ウォンを支給した。その後、昨年9月に"前金を返さずにいる"とし、 "C-JeSはK社とアルバムを共同制作することにした"組合"契約を結んだので、前金返還義務を連帯しなければならない"とし、訴訟を提起した。

しかし裁判所は、 " K社はこの事件事業を進行するためにC-JeSと成立した同業関係に対する制作費などの出資義務を履行するために、独自に原告から前金を投資されただけのことだ。組合員が組合体への出資義務を履行するために債務が生じたことは、K社の個人債務として見ることができる"とし、"アジアブリッジコン​​テンツの前金が組合債務であることを前提とした主張は理由がない"と強調した。

当カフェ関連記事→http://xoxojyj.blog.fc2.com/blog-entry-371.html



2012年11月28日:JYJ-SM合意

11月28日JYJ法務代理人は、ソウル中央地方裁判所任意の調整を介して2009年7月31日付けで、SMの専属契約を終了させて、今後の活動に干渉しないことで合意した。

JYJは、去る2009年7月31日、裁判所に不当な専属契約の効力を停止させてくれと言って仮処分申請を出し、裁判所がこれを受け入れ、独自の活動をしてきた。

その後、SMエンターテイメントが2010年4月に専属契約効力確認、損害賠償請求訴訟を起こし、これに対抗してJYJも専属契約効力不存在確認訴訟を提起した。

しかし、裁判所は、異議申立てを棄却する裁定、間接強制決定文を通じて数回JYJの手をあげたことがある。

JYJとSMの和解についてJYJ 法務法人セジョン側は"新人の地位を利用した不公正な契約は無効であるという記念碑的な判決を二度も導き出したとして、既存の芸能界に存在していた不公正な慣行などを一掃し、画期的に改善する決定的な契機を用意した"と意義した。



2013年1月18日、日本活動のドア開かれた エイベックス相手に勝訴

18日日本、東京地方裁判所は、エイベックスにJYJの日本国内独占マネジメント権を主張するなどの行為をしないことを命令して、JYJの所属事務所であるC-JeSには約6億6千万円(約78億ウォン)の損害賠償金を支給するよう判決を下した。

東京地裁はまた、エイベックスがC-JeS代表の名誉を毀損する事実を告知したと認めて、C-JeS代表の個人に対しても損害賠償金約100万円(約1100万ウォン)を支給するよう判決も一緒に下った。

JYJは2010年2月エイベックスと専属契約を締結したが、エイベックスは2010年9月頃、一方的な虚偽主張にて日本での活動を停止させた後、独自の活動を妨害した。

一方、これと関連し、エイベックス側は公式ホームページを通じて判決に不服の意思を明らかにして控訴すると伝えた。

[ティブイデイリー、ユンヒョジョン記者news@tvdaily.co.kr /写真=ティブイデイリーDB]


http://tvdaily.mk.co.kr/read.php3?aid=1358503079452454010
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント:

《 Wake Me Tonight 》発売日まで
プロフィール

xoxojyj

Author:xoxojyj
このブログは
【FanCafe JYJ THEIR ROOMS】
が運営しています。

彼らの真実と、ルーマ検証
彼らの言葉が聞こえる記事を中心に
まとめていきます

記事持ち出しについて
当ブログの記事はJYJファンブログへの持ち出しはOKです。 記事元URLや翻訳者名が記載されている物は、そこまですべて転載でお願いします。 SM所属芸能人を応援しているブログ等への持ち出しはご遠慮ください。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
フリーエリア
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。