スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【2-4】 H.O.T. その2

H.O.T.について wikiから抜粋

ティーンエイジャーがこれまでの世代とは異なる高い消費力で新たに韓国のポップカルチャーを担うようになっていた1994年に、彼らの取り込みを目論んだ韓国の芸能プロダクションSMエンターテインメント(以下「SM」)によって「10代の代弁者」として企画され、1年の選抜期間を経て1995年に結成。
1996年に、韓国音楽界にラップとダンスを浸透させ10代に圧倒的な人気を誇りながらも、突如として解散したソテジワアイドゥルと入れ替わるようにデビューした。
その後、のちにSMP(SMミュージック・パフォーマンス)とも呼ばれる、社会問題をテーマにした歌詞にラップコア調の曲と派手なダンスを融合させた独特のスタイルを確立する一方、1998年にリリースした3集からはメンバーらが直接楽曲制作に携わり、2000年の5集ではリード曲も含め全曲の作詞・作曲・編曲を手掛けるなど、次第に他のアイドルグループとは異なる独自性を見せるようになった。

H.O.T.の曲のほとんどはメンバーの自作曲であり、振り付けもすべてメンバーのチャンウヒョクがしています。そうして出来上がったのが今言われているSMPですね。
SMPというのは、SMが作り出したものではなくH.O.T.がその基礎を作ったといえます。


人気は衰えていなかったものの、メンバーが全員20代になりアイドルとしては難しい年齢になったことや、大学卒業が迫り兵役の先延ばしが難しくなったことから、次第に「人気があるうちに解散するのでは」との憶測が囁かれ始め、2000年末にメンバーのカンタが飲酒運転事故を起こして活動自粛に入った頃からは、その噂が現実味を帯びるようになっていった。

そして、2001年4月にSMとの専属契約が満了したトニー・アン、チャン・ウヒョク、イ・ジェウォンの3人が翌5月、H.O.T.のライバルグループ「god」の所属先で元SM社長[28]のチョン・ヘイクが理事を務めるエンターテインメント企業「サイダス」(後のサイダスFNHとiHQ)と当時同系列であった「イェジョン・メディア」に移籍し、同年6月、契約が残っていたメインボーカルのカンタとボーカルでありリーダーのムン・ヒジュンがソロ歌手としてSMと再契約を結んだため、事実上解散を迎えた。

移籍した3人は2001年末に新たなグループ「JTL」を結成。3人はSMに残った2人より人気の面では劣ることから当初、活躍が疑問視されていたが、アルバムは50万枚を超えるヒットとなり予想を裏切る活躍を見せた。しかしこのグループも、メンバー個々が2004年から2005年にかけて独立や移籍をしてソロ活動を開始したため、そのまま自然消滅している。

解散の真相
解散は、トニー・アン、イ・ジェウォン、チャン・ウヒョクの3人が将来に不安を抱いていたことに加え、SMエンターテインメントとの金銭的条件が合わなかったことが原因だと言われている。ただどちらが解散の引き金を引いたのかについては双方の説明に相違があり、3人は移籍会見の時、2001年1月にはすでにSMから「解散通知」を受け取っていたと語り、SM側はこれを否定して、H.O.T.の中国での人気を重視していたことから解散の意思はなく、移籍先の親会社が株価釣り上げのためSMのスタッフを引き抜いた上で契約の切れた3人を奪取したものであって、逆に3人からはそれぞれ契約満了時に「解約通知」が送られてきたと反論している。

いずれにしてもメンバーらは、この件に関して月日を重ねても多くを語ろうとしないため、真相は明らかとなっていない。

http://ja.wikipedia.org/wiki/H.O.T.




『かかって来た電話で言うことが影でチーム員たちの悪口かい 
本当に信じにくいものだった
先輩たちの話と同じだ。稼ぐやつは残したかったか?』

ユチョンの”名前のない歌”から


H.O.T.には売れているうちに解散させるのではないかという噂があったようです

売れているのにそんなもったいないことをSMはするはずがない?

H.O.T.1集から4集までミリオンセラー記録
2000年10月2日発売5集売り上げは90万枚弱
2001年1月SMから解散通知(SMは否定)

売れていても解散させる気だったみたいですね

そして使える者だけをSMに残す


もう一つ気になる点
H.O.T.は3集から自作曲を入れて、5集は全曲自作曲です。
その著作権は今どこに?
のちに、東方神起がH.O.T.の歌をステージで歌っています。
その権利はSMにあるのでしょうか



JYJの訴訟後、2010年7月にカンタはH.O.T.解散について話していますのでその内容を【続きを読む】から
東方神起訴訟後のカンタの発言

2010年7月8日記事

カンタは、7日放送されたMBC'黄金漁場 - ムルクパクドサ'で、2001年にHOTが解散した背景が些細な誤解から始まったものだったことを説明した。
カンタは"私とムンヒジュンが最も遅れて合流して再契約の時点が異なっていただけなのにチャンウヒョク·トニー、イジェウォンは、私達にだけ、特別な理由があると誤解していたようだ"とし、"メンバー同士でよくけんかする神話が一番うらやましい。かえって私たちもそのようによくけんかすれば、誤解が生じたときに戦いながら、すぐに解いて解決しよう"と、残念な気持ちを表した。

1996年のSMエンターテイメントで作成した最初のアイドルグループHOTでデビューしたのカンタは、現在までのSMに残って取締役を兼ねている。

http://article.joinsmsn.com/news/article/article.asp?total_id=4297202&ctg=15


カンタはなぜ出演したのだろうか?

多くの人が気になったのは、多分HOT 解体 理由だったようです。多くの噂があったが、小さな誤解がチームを解体して作ったというカンタの話に理解をして呼応をする人々と、まだ疑問を持つには、これらを満足するものではない回答でした。

解体は、単に契約上の誤解ではなく、解体時に明らかにしたSMの奴隷契約だった点が放送では議論されていないからです。現役SM取締役に、同社の奴隷契約の話を聞くことは大変な一日ほかにはなかったでしょう。だから彼が述べている解体の 原因は、あまりにもくだらない過去の問題で覆われてしまったようで残念でした。

カンタの登場が彼を記憶して待っていた多くの人々には 幸福一時間だったのかは分からないが<膝ぶすっと導師>を習慣的に視聴する人には残念な放送でした。個人のカンタの率直な話も、アイドルのさまざまな問題にも言及していないまま、最もホットな解散の理由さえもそんな風に整理されてしまうのカンタはなぜ膝ぶすっと導師に出てきたのだろうかという疑問を与えることをしました。


10余年の間にアイドルが大衆文化を掌握し、多くの弊害があらわれてこのような文化の画一性に反旗を持ち上げる人々がどんどん増えてきています。このような流れは、当然の要求であり、必要性の反応ですね。文化の多様性が詰まっている大韓民国の社会で、誰かが文化の多様性を作ってくれることはないでしょう。

元祖アイドルカンタの登場は、その意味を持つことができました。元祖アイドルでありながらアイドル 専門家 マネジメント 会社の現職の理事としてのカンタにアイドルに対する興味を少しでも解消したいと思った人には限りなく虚脱したようです。ただ、過去の過ぎ去った話を交わす席では<膝ぶすっと導師>に出てきた理由が何なのか知りたいせてばかり作りました。

長年のファンにはカンタの登場だけでも幸せなことがあったが、彼を使ってアイドルを見ようとしていた人々には空しいの予想ではないことがなかったですね。形式的な取締役とはいえ、アイドルの歴史を代弁することができる、彼の過去と現在、そして未来のアイドルへの、より率直な話をすることができる場所だったら、とても意味ないのではないかという物足りなさが残る放送でした。

HOTが再び舞台に立つというニュースは、過去の彼らを愛していた人々には幸せな話になることであり、奴隷の契約に 麻疹を患っているSMとしては、すべてが誤解だったと言論プレーをすることができる絶妙な組み合わせではないんですよね。誰が提案をしたのかは不明だが、SMの取締役カンタの効果は、まさにそのようであるようです。

http://www.mediaus.co.kr/news/articleView.html?idxno=12241



スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント:

《 Wake Me Tonight 》発売日まで
プロフィール

xoxojyj

Author:xoxojyj
このブログは
【FanCafe JYJ THEIR ROOMS】
が運営しています。

彼らの真実と、ルーマ検証
彼らの言葉が聞こえる記事を中心に
まとめていきます

記事持ち出しについて
当ブログの記事はJYJファンブログへの持ち出しはOKです。 記事元URLや翻訳者名が記載されている物は、そこまですべて転載でお願いします。 SM所属芸能人を応援しているブログ等への持ち出しはご遠慮ください。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
フリーエリア
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。