スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C-JeSの公式立場関連資料 公正取引委員会 SM 韓国大衆文化芸術産業総連合会 JYJ歌手活動妨害 是正命令関連立場の資料

(C-JeS Newsより)


この度の公正取引委員会によるSMエンターテインメントと韓国大衆文化芸術産業総連合会のJYJ歌手活動妨害是正命令に対するC-JeSエンターテインメントの立場は下記のとおりです。(ペク・チャンジュウ代表の立場全文)

この間、公正取引委員会がSMエンターテインメントを含む韓国大衆文化芸術産業総連合会(文産連)、 韓国芸能制作者協会など、巨大文化産業の主体らが一方かつ組織的にJYJの放送出演を妨害してきた証拠を確保するなど、3年以上の間、不公正行為を根絶するために透明な調査を行ってくださったことについて感謝申し上げます。

今回の調査により、SMエンターテインメントがエンターテインメントビジネスの独占的かつ優越な地位を濫用して自分とは意見が異なる相手に不利益を強いる行為を数回行うなど、公正取引法を違反した事実が明らかになりました。今回の公正取引委員会の是正命令は現政府の創造経済政策に正面から反する慣行的な文化界のスーパー甲(訳注:契約にあたり一方的に優位を占める契約者)の横暴に警鐘を鳴らす契機になったと思います。

また、「韓流」に象徴される韓国のエンターテインメント産業の発展は参加者全員の創意性と多様性が尊重され、保障されることが前提となるべきであり、したがってもうこれ以上権力を握っている少数のスーパー「甲」の専横に振り回されてはならないでしょう。このような面で本日発表された「是正措置命令法」の枠組みの中で発展するとすれば、韓流が世界の中で再び跳躍する契機になると思います。

実は、去る4月に前所属社との紛争が調停合意されてからもJYJは依然不公正な外圧に苛まれてきました。最近行われたアルバム流通会社の一方的な通報をはじめ、未だにJYJは音盤を発売しても地上波の音楽番組に出演できないという不利益を被っていることは明らかな事実であり、また我が社会の恥じるべき現実であります。しかし、本日のように政策と制度によって支えられることができれば、今後のJYJの活動において公正な舞台が与えられるだろうと思います。

この度の是正命令に対するJYJの所感は次の通りです。

「公正取引委員会の決定に感謝申し上げます。2009年からの手強い戦い、そして終わりそうもない道を歩んでいますが、本日の発表によって状況が少しずつ改善されていることが感じられて、大変力になっています。この度の公正取引委員会の是正命令を契機に公正な舞台で、そして平衡性のある環境で芸能活動ができるようになることを希望し、また今後後輩たちにもこのような道が開かれることを望んでおります。

まだまだ前途が遠い真っ暗なトンネルの中にいますが、今日は遥か彼方に通り過ぎる一筋の光を目にしました。その光に向かって弛むことなく歩きながら素晴らしい活動で報いることができるように、一瞬一瞬に最善を尽くします。」




<参考内容-1 – JYJの法的訴訟及び公正取引委員会の発表と関連する内容>
JYJ 3人は去る2009. 7. 31. SMエンターテインメントとの契約が社会常規に反する程に余りにも長期間(13年)であり、収益配分が著しく芸能事務所に有利な構造になっており、また契約期間中、活動の自由がないなど、不公正であるという理由から上記の専属契約の無効を主張し、ソウル中央地方裁判所に契約効力の停止を求める仮処分決定を申し立て、これにより2009. 10. 29. ソウル中央地方裁判所は3人の無効主張を受け入れて専属契約効力停止仮処分申請に対する認容決定(ソウル中央地方裁判所2009カ合2869)を下しました。その後、今年の4月まで続いた数回の法的攻防において裁判所はこのような一方的かつ強要された専属契約が無効であることを数回確認しました。

この中で2012年10月、公正取引委員会は芸能マネジメント産業の公正な取引環境を造成するために、「芸能マネジメント会社・芸能人(志望する者)ㆍ制作会社間の模範取引基準」を制定し、発表しました。その後、芸能事務所など、芸能界の当事者の認識が改善されるにつれて新しく芸能界に入ってくる新人の法的地位を保障し、新人が安定した土台の上で自由に活動できる基盤を固めることになりました。なお、本日公正取引委員会の不公正取引に対する是正命令が発表され、JYJと前所属社との紛争が既存の芸能界に存在してきた不公正な慣行などを一掃させ、画期的に改善する決定的な契機を設けたということが改めて確認されました。

< 参考内容 -2 / 2011年11月JYJ – SMエンターテインメントとの法的紛争終結>

JYJ 3人は去る2009. 7. 31.SMエンターテインメントとの契約が余りにも長期間(13年)であり、収益配分が著しく芸能事務所に有利な構造になっており、また契約期間中、活動の自由がないなど、不公正であるという理由から上記の専属契約の無効を主張し、ソウル中央地方裁判所に契約効力の停止を求める仮処分決定を申し立て、これにより2009. 10. 29.ソウル中央地方裁判所第50民事部(裁判長パク・ビョンデ) は3人の無効主張を受け入れて専属契約効力停止仮処分申請に対する認容決定(ソウル中央地方裁判所2009カ合2869)を下した。上記の仮処分決定に対してSMエンターテインメント側は2010. 4. 12. 異議申し立てをしたが、2011. 2. 15.ソウル中央地方裁判所第50民事部(裁判長チェ・ソンジュン)は、異議申し立てを棄却し、これにより3人とSMエンターテインメント間の専属契約が不公正であり無効であるということを改めて確認し、元の決定が正しいという認可決定(ソウル中央地方裁判所2010カ合1245)を下した。この他にも2011. 2. 21.ソウル中央地方裁判所第51民事部(裁判長キム・デウン)はSMエンターテインメントに対して3人の放送活動など、芸能活動を妨害していると認めながら、これを妨害しないことと違反した際は1回あたり2千万ウォンを支給することという内容の間接強制決定(2010タギ4495)も下したことがある。

2009. 7. 31日付で専属契約を終了させることにするという内容の上記の任意調停を通じて、JYJはSMエンターテインメントから独立して完全な活動の自由を保障されることとなり、これにより両者間の法律的な紛争は全て終結するということで取りまとめられた。



http://www.c-jes.com/ja/news/detail.asp?document_no=34&seq=590&searchType=&searchStr=
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿


非公開コメント:

《 Wake Me Tonight 》発売日まで
プロフィール

xoxojyj

Author:xoxojyj
このブログは
【FanCafe JYJ THEIR ROOMS】
が運営しています。

彼らの真実と、ルーマ検証
彼らの言葉が聞こえる記事を中心に
まとめていきます

記事持ち出しについて
当ブログの記事はJYJファンブログへの持ち出しはOKです。 記事元URLや翻訳者名が記載されている物は、そこまですべて転載でお願いします。 SM所属芸能人を応援しているブログ等への持ち出しはご遠慮ください。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
フリーエリア
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。