スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【2-7】神話解体工作 (その1)

日本では『神話は契約期間を満了し、SMとは何の問題もない』と思っている方もいるようですが、私が韓国サイトで調べたところ事実はそうではないようです。
神話はSMをよく知っている、どんな妨害活動をしてくるのかを。
神話は、多くを語らず、騒がず、妥協をしてでも6人で神話としてSMを出ることを考えたようです。
ここに書く神話については韓国ファンブログからお借りしたものです。



神話、グループの解体のための工作

神話(shinhwa)の危機克服過程

神話は 1998年 SMでデビューしました。
2003年 SMとの契約期間満了を控えて,神話のメンバーたちは皆共に他の企画社に移って神話を続けようとメンバーたちどうし約束をします。
SMの不公正な契約条項と不当な収益配分に対して 神話のメンバーたちも本当に不満が多かったから,
神話メンバーたちは当然 SMと再契約するつもりが全然なかったし,
新しい企画社でグループ 神話を引き継いで行くのを願いました.
ところが, こんな事実を気づいたSMは 神話というグループを解体させるために術数を使います.

SMは自分が持つことができないおもちゃは他の企画社も持つことができないように
阻むという稚拙な mindを持っているから,
グループを丸ごと他の企画社に渡してやらないようとします.

自分がグループを持つことができなかったら,
かえってグループを解体させて裂いてしまうということがSMのmindです.
解体しない状態のグループはグループ自体から来る大きい powerと人気を持っています.
ところが, グループが解体すれば, その powerと人気はたくさん減るようになります.

SMはこれを狙うのです.

解体させた状態で他の企画社に渡してやると他の企画社の得る利益が少しでも減ることができるから,
そして, 解体しない状態のグループはこれからSMで出す新人グループにも競争相手なので,
SMから出るグループは必ず解体させた状態で出すということが SMのmindです.

SMがグループを解体させる方法はいつもまったく同じです.

グループのメンバーの中で何人かにだけ破格的な条件を提示して誘惑するのです.
何人のメンバーにだけある条件を提示して, あらゆる口車で誘惑して, 巨額の契約金を提示して

彼らが個人的欲心のためグループを裏切るように誘導するのです.



神話にも SMはまったく同じ方法を使いました.
SMは神話のメンバーの中で LeeMinUoo(イ・ミヌ)と ShinHeSeong(シン・ヘソン) 2人だけ密かにずっと呼び出して誘惑しました.

イ・ミヌには東洋の Usherで作ってくれると約束して, 高い契約金を提示して,
個人活動に対するおびただしい supportを約束することで他のメンバーたちとの約束を破って SMに残るように誘惑しました.
シン・ヘソンは以前の project グループ 'S' 活動以後ソロアルバムに少しずつ欲心を持っているメンバーでした.

SMはそんな事実を気づいて, ソロアルバムに対するおびただしい supportと日本進出を約束してシンヘソンを誘惑しました.

SMは シンヘソンを誘惑するために直接日本企画社の高位級幹部まで連れて来て
日本進出に対する幻想的な計画課巨額の契約金を提示したりしました.

SMは 2人が誘惑に負けて 神話メンバーたちを裏切って SMに残るようにしつこく誘惑したが,
2人は結局 smの誘惑を断って, メンバーたちを裏切らないで, メンバーたちとの約束を守って共に他の企画社に移しました.

そのため, 神話は SMの汚い術数にもかかわらず解体される苦痛なしに安全に他の企画社に移すことができました.

SMは 神話ではない他のグループにもこんな汚い解体工作をしました.
神話は SMのそんな汚い誘惑を退けて, メンバーたち皆が約束と義理を守ったから, 誇らしく言及することができます.


事実, 神話に対するSMのこんな汚い工作は背中の後ろで密かにした術数たちだから,
客観的な記事や資料が残っていないで, またSMは相変らず放送界で powerある企画社なので,
SMのこんな汚い工作に対して 神話メンバーたちはむやみに暴露することができません.
そのため, 神話に対するSMのこんな汚い工作を見せてくれる資料たちはほとんどないが,
(勿論, 韓国の 神話fanはSMのこんな汚い工作たちがすべて分かっています.)

2008年 3月 "ラジオスター"というプログラムでこれと係わって少し言及された事があります.

関連映像内容は下です.

-----------------------------------------------------------------------------



MC1 : (shinhwaの) 解体危機があったんですか?

MC2 : 私たち, おやつもよく食べて, 初質問から解体危機を言及しますね.

[一同爆笑]

MC1 : 少しずつ質問に入って行くんです!

イ・ミヌ : メンバーたち同士は解体危機がなかったし, 所属社との契約問題において...

お互いに落ちていても (私たちが) '神話'というのは捨てなかったです.

MC1 : 神話がSMから出る時, ミノさんと ヘソンさんだけ再契約提議を受けたといううわさがありました.

イ・ミヌ : 私に, そんな事が本当にありました.

MC : AH~~

イ・ミヌ : 私を東洋の Usherで作ってくれる...!

MC : WHA~ 東洋の Usher~

MC2 : 韓国の Usherでもなくて, 東洋の Usherです!

[一同爆笑]


------------------------------------------------------------------------------

所属社を移した以後に, 以前所属社 SMからグループの名前とメンバー名前に対する商標権を返してもらうため
リーダーである Eric(エリック)が本当に熱心に走り回って, 本当に熱心に努力しました.
当時エリックがスーツを着て歩き回る姿が fanによく目撃されたが, fanはその理由をよく分からなかったです.
ところが, その理由は エリックが直接弁護士に会って議論するためでした.
エリックは自ら法典をいつも持って通って法律勉強をして, 先に立って本当に熱心にSMと交渉して
結局 10億ウォンを支払い、グループの名前とメンバー名前に対する商標権をSMから返してもらいました。
(東方神起の商標権はSMにはありません。)
本当に立派で素敵なリーダーです。
メンバーたちを裏切らないで義理を守った 2人も本当に立派で,
グループのために先に立ってSMと争ったリーダーも本当に立派です.


こんなにグループの存在と名前を皆守った神話は熱心に活動して
2004年 SBS '歌謡大田'で大賞を受けるなど年末授賞式で幾多の賞を受ける光栄を得ました.
今は 神話もグループとしての活動よりメンバーたち各自の個人活動が中心になっているが,
神話というグループは解体ない長寿グループの象徴として fanに誇らしい名前です.



スポンサーサイト

コメント:

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


非公開コメント:

《 Wake Me Tonight 》発売日まで
プロフィール

xoxojyj

Author:xoxojyj
このブログは
【FanCafe JYJ THEIR ROOMS】
が運営しています。

彼らの真実と、ルーマ検証
彼らの言葉が聞こえる記事を中心に
まとめていきます

記事持ち出しについて
当ブログの記事はJYJファンブログへの持ち出しはOKです。 記事元URLや翻訳者名が記載されている物は、そこまですべて転載でお願いします。 SM所属芸能人を応援しているブログ等への持ち出しはご遠慮ください。
カテゴリ
最新記事
最新コメント
フリーエリア
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。